畝本直美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

畝本 直美(うねもと なおみ、1962年7月9日 - )は、日本検察官法務官僚最高検察庁総務部長等を経て、女性初の検事長として広島高等検察庁検事長に就任した[1]

来歴・人物[編集]

千葉県千葉市出身[2]。1985年中央大学法学部卒業、1988年検事任官[3]名古屋地方検察庁豊橋支部検事[2]東京地方検察庁検事等を経て[4]、2012年法務省刑事局公安課[5]。同年東京地方検察庁総務部[6]。2014年東京地方検察庁立川支部長[4]。2015年には女性初の高知地方検察庁検事正に就任。全国の検事正としても史上10人目の女性検事正となった[4]。2016年から法務省保護局長を務め[3]、2018年には東宮御所皇太子徳仁親王及び皇太子徳仁親王妃雅子に、更生保護進講を行った[7][8]。2019年最高検察庁監察指導部長[9]。同年最高検察庁総務部[10]下級裁判所裁判官指名諮問委員会委員。2020年5月最高検察庁総務部長兼公判部長[11]。7月最高検察庁公判部長。2021年広島高等検察庁検事長就任。女性初の検事長となった[12][13][1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “全国初の女性検事長が就任「男女が能力生かせる職場に」”. 朝日新聞DIGITAL. (2021年8月3日). https://www.asahi.com/articles/ASP8275TZP82PITB001.html?iref=pc_ss_date_article 2021年8月3日閲覧。 
  2. ^ a b 「週報 」- 高知ロータリークラブ
  3. ^ a b 法務省矯正局長に富山氏 日本経済新聞2016/6/14 11:57
  4. ^ a b c 「高知地検に初の女性検事正」NHKニュース2015年(平成27年)1月27日[火曜日]
  5. ^ 「人事、法務省 2012/1/17付」日本経済新聞
  6. ^ 「人事、法務省 (2012/12/21 5:00)」日本経済新聞
  7. ^ 2018.2.3 06:00更新【皇室ウイークリー】(524)両陛下、明治150年講義お受けに 皆既月食を御所の来客とご観察 産経ニュース
  8. ^ 「【譲位まで1年】皇太子さま、「新天皇像」深化の1年 「水問題」も取り組み、ご進講テーマ広く2018.4.30 08:00」産経ニュース
  9. ^ 人事 法務省会員限定有料記事 毎日新聞2019年1月9日 東京朝刊
  10. ^ 人事、法務省” (日本語). 日本経済新聞 (2019年7月16日). 2019年7月17日閲覧。
  11. ^ 法曹界人事 ― 日本法総合オンラインサービス[ウエストロー・ジャパン]” (日本語). 2020年5月31日閲覧。
  12. ^ 関西 NEWS WEB 大阪高等検察庁 新検事長に曽木徹也氏起用へNHK2021年06月25日 10時08分
  13. ^ 畝本直美氏が初の女性検事長に就任 東京高検検事長は甲斐氏毎日新聞 2021/6/25 18:32
  14. ^ スクープ! 女性初の検事総長「畝本直美」誕生へFACTA2021年9月号 DEEP
  15. ^ (ひと)畝本直美さん 全国初の女性検事長として広島高検に着任した朝日新聞デジタル2021年9月8日 5時00分
先代:
小林健司
高知地方検察庁検事正
2015年 - 2016年
次代:
吉池浩嗣
先代:
上冨敏伸
最高検察庁監察指導部長
2019年
次代:
吉田安志
先代:
廣上克洋
最高検察庁総務部長
2019年 - 2020年
次代:
河瀬由美子
先代:
和田雅樹
最高検察庁公判部長
2020年 - 2021年
次代:
吉田誠治
先代:
中原亮一
広島高等検察庁検事長
2021年 -
次代:
(現職)