畠山家俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

畠山 家俊(はたけやま いえとし、寛正6年(1465年)- 享禄4年(1531年))は、戦国時代初期の武将。父は能登畠山氏の一族の畠山政栄。兄は奉公衆四番番頭を務めた畠山政近。本願寺8世蓮如の最後の妻となった蓮能は双子の姉であったと伝えられる。娘に内大臣万里小路惟房正室がいる。能登国西谷内城主。官位は大隅守。

父は能登畠山氏一門として能登国羽咋郡を支配していたが、管領畠山氏一門という事で守護に準じた待遇を受けている。家俊も父と共に応仁の乱では西軍に加勢した。以後も家俊は領国と京都を往復して有力公家と婚姻を結んだり、冷泉為広らと和歌を通じた交流を行っている。

享禄4年(1531年)、本願寺10世証如の後見人(外祖父)蓮淳と一門衆との争いにより加賀で発生した大小一揆が勃発すると、甥で蓮能所生の実悟(蓮如の10男)救援のために能登守護畠山義総の許しを得て朝倉宗滴富樫稙泰泰俊父子と共に加賀に出陣するが、本願寺から派遣された討伐軍に敗れて戦死した。