畠山愛理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
畠山 愛理 Gymnastics (artistic) pictogram.svg
畠山愛理.jpg
2014年当時の畠山愛理
愛称 あいりちゃん、あいちゃん
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1994-08-16) 1994年8月16日(25歳)[1]
生誕地 東京都
身長 170cm[2]
体重 49kg[2]
種目 新体操
所属 株式会社スポーツバックス
学歴 日本女子体育大学卒業
元コーチ 山崎浩子
引退 2016年
 
獲得メダル
世界選手権
2015 5 リボン
テンプレートを表示

畠山 愛理(はたけやま あいり、1994年8月16日 - )は、東京都出身の日本の元新体操選手[3]。血液型O型[4]

ロンドンオリンピック(2012)リオデジャネイロオリンピック新体操団体日本代表。大原学園高等学校日本女子体育大学体育学部卒業。夫は広島東洋カープ鈴木誠也[5]

人物[編集]

  • 株式会社スポーツバックス所属。
  • 好きな手具は「フープ」イベントやテレビではリボンを紹介、手具操作をするが、実際は1番苦手な手具。
  • 好きな言葉は「自分らしく背伸びせず」[6]
  • 右利き。
  • 現役時代から腰椎分離症、すべり症を患っており、生活や仕事に支障をきたす事がある [7]
  • フェアリージャパン時代、試合前にする事としてルルベ(つま先立ち)をしながら円陣を組み、最後に両隣のメンバーのお尻を叩きあい、気合を入れて試合に挑んでいた。試合中は痛みを感じないが、競技が終わり宿舎に帰り入浴前などに鏡で確認すると手跡が付くくらい強く叩いていた。
  • 試合の前日はいつも緊張し、寝てる間に強く歯を食いしばり、翌朝、口の中に血まめが出来ていた。[8]試合当日、フロアに立つと、全く緊張しなかった。
  • 当初、新体操以外のスポーツ競技のルールが分からず、手書きのノートにルールを記入し覚えている。
  • 取材などで親しい友人は?と聞かれると、バドミントン 奥原希望スピードスケート高木美帆 の名前を挙げる[9]

経歴[編集]

  • 2000年、6歳の時、手具のリボンの美しさに憧れ新体操を始める。体が硬く、開脚は90度、前屈は手が足に届かないくらいだったが1年かけて180度まで開脚出来るようになった。
  • 2006年、12歳の時、全国大会で6位入賞。小学校の卒業文集には「五輪に出場する」と記載[10]
  • 2009年、学校の保健室に行った時、保健室の先生に「新体操が嫌いになり、辛いし辞めたい。大会出場したくない」と相談。先生は「新体操を辞める事は止めないけど、新体操が好きな気持ちを取り戻し、新体操愛を持った状態で辞めるなら辞めな。大会は自分の為に楽しんで踊って来な」と進言された。[11]
  • 2009年12月、中学3年生の時、フェアリージャパンオーディションに合格。新体操日本ナショナル選抜団体チーム入り。オーディション合格からわずか3日後にはロシア合宿に参加。
  • 2010年~2011年世界新体操選手権代表(団体)。2012年ロンドンオリンピック代表に選ばれる(新体操団体)
  • 2013年、フェアリージャパンの主将(キャプテン)になる。(2014年秋 まで。以降の主将は杉本早裕吏が務めている)[12][13]
  • 2013年 リクルートの関連会社ブライダル総研が開催した「第1回ベストエンゲージメント2013」でプロジェクト推薦部門(フレンド部門)フェアリージャパンメンバーとして受賞[14]
  • 2015年、ミス日本コンテストにおいて著名女性に対して贈呈する特別表彰の「和田静郎特別顕彰ミス日本」[15][注 1]の第1号が贈られた。
  • 2016年リオデジャネイロオリンピック代表に選ばれ(新体操団体。2大会連続)、団体8位入賞。オリンピック終了後に現役引退を表明した。
  • 2016年、日本学生支援機構主催、優秀学生顕彰スポーツ分野で大賞を受賞する[16]
  • 2017年、スポーツ選手の芸能活動のマネジメント事務所「(株)スポーツバックス」に入社。スポーツコメンテーター・モデルなどの活動を本格的に始める。今後は後継者の育成にも尽力する予定[17]
  • 2017年11月29日、第46回ベストドレッサー賞(スポーツ部門)を受賞[18]
  • 2019年6月15日、札幌ドームで開催された日本生命セパ交流戦2019、北海道日本ハムファイターズ読売ジャイアンツ戦の始球式を務めた。
  • 2019年7月、フェアリージャパン アンバサダーに就任 [19]
  • 2019年8月17日に広島東洋カープ外野手の鈴木誠也と入籍し、12月3日にアメリカ合衆国ハワイ州に於いて結婚式を執り行った[20]

試合[編集]

個人競技成績[編集]

  • 2009年 第27回全日本ジュニア新体操選手権大会個人総合8位
    • ロープ19.050点、フープ19.825点、ボール19.825点、クラブ18.500点[21]
  • 2009年10月 - 第62回全日本新体操選手権大会個人総合29位
    • ロープ19.275点、フープ19.675点、ボール19.025点、リボン17.850点[21]

新体操日本代表メンバーとしての競技成績[編集]

  • 新体操日本ナショナル選抜団体チームとして
  • 2010年 サンクトペテルブルク新体操国際 団体総合3位 種目別決勝フープ3位 リボンロープ3位
  • 2010年 イタリア新体操国際 団体総合10位 種目別決勝リボンロープ4位
  • 2010年 世界新体操選手権モスクワ大会 団体総合6位 種目別決勝フープ6位 リボンロープ6位
  • 2011年 エストニア新体操国際(Miss Valentine) 種目別決勝ボール4位 リボンフープ3位
  • 2011年 モスクワグランプリ新体操国際 団体総合3位 種目別決勝ボール3位 リボンフープ2位
  • 2011年 W杯イタリア新体操国際 団体総合8位 種目別決勝 リボンフープ8位
  • 2011年 W杯ウズベキスタン国際 団体総合優勝 種目別決勝ボール優勝 リボンフープ優勝
  • 2011年 世界新体操選手権フランス大会 団体総合5位 種目別決勝ボール5位 リボンフープ7位
  • 2012年 モスクワグランプリ新体操国際 団体総合2位 種目別決勝ボール2位 リボンフープ2位
  • 2012年 ティエグランプリ新体操国際 団体総合6位 種目別決勝ボール6位
  • 2012年 W杯イタリア新体操国際 団体総合10位 種目別決勝ボール5位
  • 2012年 W杯ロシア新体操国際 団体総合2位 種目別決勝ボール2位 リボンフープ2位
  • 2012年 ロンドンオリンピック 新体操団体決勝 7位[22]
  • 2016年 リオオリンピック新体操団体決勝8位(この試合を最後に引退)

出演[編集]

新聞、雑誌、パンフレット[編集]

※事務所に所属してからの出演のみ記載する。

  • 2017年5月30日、日本女子体育大学で新体操を指導している石崎朔子の書籍「技術と表現を磨く!魅せる新体操 上達のポイント50」競技モデルとして出演[23][24]
  • 2017年9月16日、「GREEN GORA vol7」(幻冬舎)ゴルフウエアモデルとして出演[25]
  • 2018年 - 日経ビジネスアソシエ4月、5月号[26]

写真集[編集]

  • CONFESSION(2018年11月7日、講談社、撮影:薮田修身)ISBN 978-4065134399

CM[編集]

テレビ[編集]

ネット媒体[編集]

  • PLSTmagazine「畠山愛理の#彼女とデートなうに使っていいよ」(2017年11月~)
アパレルメーカー「PLST(プラステ)」が運営するネットサイトの連載記事[36][37][38][39][40]

舞台[編集]

  • 2019年11月 - カルミナ・ブラーナ[41]
    • 当初、2020年3月開催予定の大阪公演(南海波切ホール)も出演の予定だったが、腰椎分離症、すべり症の悪化の為降板。代役はフェアリージャパン 元メンバーの国井麻緒[42]

イベント(抜粋)[編集]

2017年[編集]

イベント名 開催日 内容
オリンピック・パラリンピックフラッグツアー 6月2日 中野区役所で行われたイベントにケンドーコバヤシと出演[43][44]
  • 手具のロープはどんなものか?と聞かれ「縄跳びのなわバージョン」と回答し、MCが困惑した。
  • 手具のリボンを披露し、ケンドーコバヤシにも体験させた。
  • 「ルールがしっかりわかってなくても楽しめます。感動だけでなく、サーカスみたいな面白さもあるので、一度見たら好きになってもらえると思います」と新体操の楽しさをアピール
第10回味の素スタジアム感謝デー 6月3日 トークショーやスポーツ体験イベントに 堀田茜競泳選手立石諒と出演[45]
  • ティーバッティングを体験したがバットにボールが当たらなかった[46]
日本元気プロジェクト2017 SUPER ENERGY!!
Produced by KANSAI YAMAMOTO
6月10日 六本木ヒルズアリーナで山本寛斎 演出のメインのイベントに出演[47][48]
「津軽三味線はなわちえ編」に黒の着物を着たダンサーの一員として出演[49]
体育フェスタ超ドSPO 10月14日 静岡で行われたスポーツイベント。新体操講師、トークショーイベントに出演。
  • このイベントに向かう為に新幹線に乗ったが、出発時間しか確認していなかった為、たまたま乗車駅を同時刻に発車する逆方向の列車に乗ってしまい、イベントに遅刻した。(2017年11月5日放送ヤングタウン日曜日[50]

BBM[編集]

フジテレビ「すぽると!」とコラボし、トレーディングカードとして発売。
1年間ごとにアスリート1人あたり3枚でコンプリートとなっている。
  • BBM 体操NIPPONカードセット 2016 〜perfection〜 Autographed Edition(トレーディングカード)
  • BBM女子アスリートカードシャイニングヴィーナス2017(ベースボール・マガジン社)2017年1月発売[52]
  • BBM女子アスリートカードシャイニングヴィーナス2018(ベースボール・マガジン社)2018年1月発売

受賞[編集]

ファッション関連

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ミス日本はこれまで公募審査制のみの表彰だったが、和田静郎の業績をたたえ著名な活躍をしている女性で、これまでミス日本を受賞できなかったり、多忙で応募できなかった方に対して贈呈する推薦制表彰。ミス日本ではこれまでも新井貴子アルティメット選手 2012年グランプリ)、渡辺けあきプロボウラー 2013年ミス海の日)、芳賀千里AS選手 2015年グランプリ。よってミス日本同期生に当たる)といった現役、ないしは元スポーツ選手の受賞例がある。

出典[編集]

  1. ^ 美人アスリート名鑑──#1 畠山愛理さん(新体操選手)”. GQ JAPAN (2015年3月17日). 2015年9月29日閲覧。
  2. ^ a b 畠山 愛理 (新体操) - リオデジャネイロオリンピック2016 - JOC
  3. ^ 畠山愛理、鈴木誠也とカープのユニ姿で挙式報告”. 日刊スポーツ (2019年12月11日). 2019年12月14日閲覧。
  4. ^ パーソナルデータ Condénast Japan
  5. ^ “広島鈴木誠也と畠山愛理ハワイ挙式!遠距離も愛育む”. 日刊スポーツ (株式会社日刊スポーツ新聞社). (2019年12月8日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201912070000895.html 2019年12月8日閲覧。 
  6. ^ 新体操日本代表 | フェアリー ジャパン POLA サポーターズクラブ | チームメンバー紹介(団体)
  7. ^ 出演者降板のお知らせとお詫び”. 南海浪切ホール. 20200217閲覧。
  8. ^ 元フェアリージャパン・畠山愛理「試合前日は寝てる間に口の中に血まめができてました(笑)」”. 株式会社KADOKAWA. 20190918閲覧。
  9. ^ 畠山愛理が毎夜必ずしていること 「逆立ちして頭をすっきりさせます」”. websporutiva. 20190809閲覧。
  10. ^ 日経ビジネスアソシエ 2018年4月号:日経ビジネスアソシエ : 日経ストア
  11. ^ 「先生のコトバ」 自分のために踊ったら”. 読売新聞オンライン. 2019年2月26日閲覧。
  12. ^ フェアリージャパン杉本主将涙「踊れない人の分も」 - 新体操 : 日刊スポーツ
  13. ^ フェアリージャパン主将の畠山「メダルを目指す」/新体操 - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)
  14. ^ 7月7日は「エンゲージメントデー」一年に一度、大切な人との結びつきを思い出す日!第1回ベストエンゲージメント2013 受賞者発表
  15. ^ 「和田静郎特別顕彰」にフェアリージャパン・畠山愛理「嬉しさで胸いっぱい」(スポーツニッポン2015年1月26日 同日閲覧)
  16. ^ 平成29年度 優秀学生顕彰チラシ
  17. ^ 畠山愛理さん、フェアリーからキャスター転身…モデルの仕事も(スポーツ報知)
  18. ^ 波瑠、ベストドレッサー賞に「身に余る光栄」"世界に一つ"の衣装で登場 | マイナビニュース
  19. ^ フェアリー ジャパン POLA 新アンバサダーに畠山愛理さんが就任”. 株式会社 PR TIMES. 20190724閲覧。
  20. ^ "【広島】鈴木誠也、元新体操の畠山愛理と結婚 広島と東京の遠距離なんの". スポーツ報知. 報知新聞社. 2019-12-07. 2019年12月8日閲覧
  21. ^ a b 09cha.xls
  22. ^ 日本、団体で7位 新体操・12日 - JOC
  23. ^ メイツ出版株式会社 » 技術と表現を磨く!魅せる新体操 上達のポイント50
  24. ^ メイツ出版さんのツイート: "【新刊情報】『技術と表現を磨く!魅せる新体操 上達のポイント50』発売!日本代表を数多く育てた石崎朔子(日本女子体育大学学長)が送る、日本初の本格的な新体操のガイドです!#新体操 #日本代表 #日本女子体育大学 #メイツ出版"
  25. ^ 楽天GORAさんのツイート: "「GREEN GORA vol7」9月16日発売!今回の付録は、特性スウェット生地のチャンピオンゴルフのカートバッグ。特集は「#超いいね!なゴルフの着こなし」など。表紙は元フェアリージャパンの畠山愛理さんです!#Greengora #golf #ゴルフ女子 #畠山愛理 #ゴルフ… https://t.co/AzhqcNoX52"
  26. ^ 日経BP書店|雑誌バックナンバー - 日経ビジネスアソシエ2018年4月号
  27. ^ 話題の“美人すぎるアスリート”がCMデビュー! 元新体操日本代表・畠山愛理がTIREHOOD CMに出演 空中のタイヤを飛び越えるアクションに注目! - 株式会社カーフロンティアのプレスリリース
  28. ^ 「丈夫さ」と「美しさ」を追求!"レディ"な透け感美脚ストッキング「"新生"SABRINA(サブリナ)」2018年2月より発売 | ニュースリリース | 企業情報 | グンゼ株式会社
  29. ^ マネースクエアHP”. 2018年7月28日閲覧。
  30. ^ 眼鏡PR 「畠山さんにかける」主力ブランド「EYEs CLOUD」イメージキャラクターに畠山愛理さんを起用”. 株式会社ハグ・オザワ. 2018年10月27日閲覧。
  31. ^ 気をつけよう!日常生活事故 CM30秒”. 東京都. 2019年2月24日閲覧。
  32. ^ 【伊東市×畠山愛理】神業連発!熱闘まくら投げ!”. 伊東市観光課. 20190522閲覧。
  33. ^ 畠山愛理さんのツイート
  34. ^ 新体操元日本代表・畠山愛理さん、NHKで初レギュラー…4月から「サンデースポーツ2020」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
  35. ^ 元新体操代表・畠山愛理“編集放棄番組”レギュラーに バカリと「ワンカット紀行」/芸能/デイリースポーツ online
  36. ^ 畠山愛理の#彼女とデートなうに使っていいよ<新宿編> | PLST magazine | プラステマガジン |
  37. ^ 畠山愛理の#彼女とデートなうに使っていいよ<六本木編> | PLST magazine | プラステマガジン |
  38. ^ 畠山愛理の#彼女とデートなうに使っていいよ<麻布編> | PLST magazine | プラステマガジン |
  39. ^ 畠山愛理の#彼女とデートなうに使っていいよ<鎌倉編> | PLST magazine | プラステマガジン |
  40. ^ 畠山愛理の#彼女とデートなうに使っていいよ<江の島編> | PLST magazine | プラステマガジン |
  41. ^ カルミナ・ブラーナ公演”. カルミナ・ブラーナ公演特設サイト. 20200217閲覧。
  42. ^ 出演者降板のお知らせとお詫び”. 南海浪切ホール. 20200217閲覧。
  43. ^ 中野区役所前で東京2020オリンピック・パラリンピック「フラッグツアー」開催へ - 中野経済新聞
  44. ^ よしもとニュースセンター : ケンコバ 新体操リボンで縛られ快感!? "フェアリージャパン"畠山愛理とトークショー
  45. ^ [1][リンク切れ]
  46. ^ 畠山愛理 AiriHatakeyamaさんはInstagramを利用しています:「#味の素スタジアム感謝デー #見事な空振り 笑」
  47. ^ 日本元気プロジェクト2017 SUPER ENERGY!!Produced by KANSAI YAMAMOTO
  48. ^ CAST<日本元気プロジェクト2017 SUPER ENERGY!!Produced by KANSAI YAMAMOTO
  49. ^ 多数の著名人が集合!「日本元気プロジェクト」開催 | NB Press Online
  50. ^ NotFound | @S[アットエス]つなぐ!楽しむ!しずおかライフ | 静岡新聞SBS[リンク切れ]
  51. ^ すぽると!|フジテレビオフィシャルオンラインショッピングサイト フジテレビe!ショップ
  52. ^ ベースボール・マガジン社 SportsClick
  53. ^ “波瑠、W受賞の快挙 プライベートでの素顔は?<第46回ベストドレッサー賞>”. モデルプレス. (2017年11月29日). https://mdpr.jp/news/detail/1731222 2018年4月20日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]