畠山重秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

畠山 重秀(はたけやま しげひで、寿永2年(1183年) - 元久2年6月22日1205年7月10日))は、鎌倉時代前期の武蔵国の武将。畠山氏の一族。鎌倉幕府御家人畠山重忠の次男。通称は小次郎。母は足立遠元の娘。

畠山氏の嫡男であった異母弟重保が発端となって起こった畠山重忠の乱では、父重忠と共に少数の兵で幕府の大軍と戦った。先陣を切った幕府方の安達景盛を相手に奮戦するが、重忠が討ち死にすると、郎従らと共に自害した。享年23。

子孫は後世後北条氏に仕えたとされる。

関連項目

今日は何の日(7月16日

もっと見る