畢桂芳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
畢桂芳
No image available.svg
プロフィール
出生: 1865年同治4年) 
死去: 不詳
出身地: 清の旗 直隷省順天府大興県
職業: 政治家・外交官
各種表記
繁体字 畢桂芳
簡体字 毕桂芳
拼音 Bì Guìfāng
和名表記: ひつ けいほう
発音転記: ビー グイファン
ラテン字 Pi Kui-fang
テンプレートを表示

畢 桂芳(ひつ けいほう)は、清末民初の政治家・外交官。旗人。清朝、北京政府の政治家で、北方外交を専門としたほか、黒竜江省で都督・督軍などをつとめた。植忱植承

事跡[編集]

北京同文館を卒業後にロシアに留学した。帰国後は、駐ロシア公使館随員、直隷知州、北洋洋務局随弁、東三省議約随員、駐ウラジオストク(浦塩)弁理交渉商務員、ホブド(科布多)弁事大臣を歴任した。

1912年民国元年)5月、駐タルバガタイ(塔爾巴哈台)参賛に任命された。1913年(民国2年)7月、護理黒竜江都督兼民政長に任命されている。同年10月、総統府高等外交顧問として召還された。1915年(民国4年)9月、正藍旗蒙古都統。

1916年(民国5年)5月、署鎮安右将軍となる。翌月、黒竜江将軍兼巡按使(翌月に将軍は督軍と改称)に任命された。しかし1917年(民国6年)7月、奉天派軍人の許蘭洲から軍事的圧力を受けて下野に追い込まれた。

1918年(民国7年)9月、安福国会で参議院議員に任じられる。後に、大総統府高等軍事顧問に任命された。1927年(民国16年)、顧維鈞潘復の両内閣で賑務督弁を務めた。

以後、畢桂芳の行方は不詳である。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』 河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1。
  • 劉寿林ほか編 『民国職官年表』 中華書局1995年。ISBN 7-101-01320-1。
 中華民国の旗 中華民国北京政府
先代:
宋小濂
黒竜江都督(護理)
1913年7月 - 10月
次代:
朱慶瀾(黒竜江護軍使)
先代:
朱慶瀾
黒竜江将軍
1916年5月 - 6月
次代:
(督軍に改称)
先代:
(将軍から改称)
黒竜江督軍
1916年7月 - 1917年7月
次代:
鮑貴卿