畢生礁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ピアソン礁(ファンビン島、畢生礁)
ピアソン礁(ファンビン島、畢生礁)
南沙諸島における南シナ海周辺諸国の実効支配状況

ピアソン礁英語:Pearson Reef)、ファンビン島ベトナム語: Đảo Phan Vinh / 島潘榮)又は畢生礁簡体字: 毕生礁[1]は、南沙諸島にある環礁である。

長さ約9km、幅約2km。北東部に0.6メートル高さの砂洲がある[2]

1978年から[3]ベトナムがこの礁を実効支配し、カインホア省に編入している。一方、中華人民共和国中華民国台湾)、フィリピンも主権を主張している[4][5]

脚注[編集]


座標: 北緯8度56分0秒 東経113度39分0秒 / 北緯8.93333度 東経113.65000度 / 8.93333; 113.65000