番の州高架橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
番の州高架橋
番の州高架橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 香川県坂出市
交差物件 瀬戸内海
建設 1980年 - 1985年
座標 北緯34度20分58秒 東経133度49分42秒 / 北緯34.34944度 東経133.82833度 / 34.34944; 133.82833
構造諸元
全長 2,939m
最大支間長 180m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
国道30号標識

番の州高架橋(ばんのすこうかきょう)は、瀬戸大橋海峡部最南端の南備讃瀬戸大橋と繋がり、四国側陸上部分へと続く約3kmの高架橋である。『大橋』とは付いていないが、全長は一番長い。

特徴[編集]

  • 3径間のトラス橋で、上部は瀬戸中央自動車道で、下部は本四備讃線瀬戸大橋線)が通る、ダブルデッキ方式。
  • 平面的に曲線区間となる為、主構中間支点上で折れ曲がっている。
  • 支間長が長い為、曲弦ワーレントラスになっている。

データ[編集]

隣接する橋梁・トンネル[編集]

南備讃瀬戸大橋 - 番の州高架橋 - (四国

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]