痛快!ピッカピカ社員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
痛快!ピッカピカ社員
ジャンル テレビドラマ
放送時間 水曜20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1980年10月15日 - 1981年1月28日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 池田義一ほか
原作 池田一朗
脚本 池田一朗ほか
出演者 広岡瞬ほか
テンプレートを表示

痛快!ピッカピカ社員』(つうかいピッカピカしゃいん)は、1980年10月15日から1981年1月28日まで日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ。放送時間(JST)は水曜20:00 - 20:54。

主人公・本庄太郎の勤める中小企業「幸田自転車」での人間模様と、ライバルの大手会社「エース自転車」との同じ自転車業界でのしのぎ合いなどを描いている。

それまでこの枠では学園ドラマが主流だったが、本作より社会人を主人公としたドラマ路線へ変更した。また本作から1982年9月終了の『女かじき特急便』までは、新たに『水曜劇場』という枠名が設けられた(TBSの同名ドラマ枠フジテレビの同名ドラマ枠とは無関係)。

出演者[編集]

  • 本庄太郎 - 広岡瞬
    幸田自転車の新入社員。実家は魚屋「魚庄」で、そこの長男。大学生時代からサイクリングが趣味。正義感が強い。
  • 花村圭子 - 樋口可南子
    幸田自転車の新入社員で、父は自転車部品メーカーの社長。会社のアイドル的な存在だが、少し勝ち気な所がある。
  • 梅原純一 - 名高達郎
    太郎と同期入社。手抜かりなく仕事をこなす優等生タイプ。ただ、押しが弱い所がある。
  • 川田重夫 - 円広志
    太郎と同期入社で、良き補佐と言った役割で太郎を支える。気が弱くお人好しで鈍感と言ったタイプだが、誰からも好かれている一面がある。三男で、教育一家の出身。
  • 三浦正之 - 山城新伍
    幸田自転車営業部長。社長のご機嫌取りで腰巾着のような存在だが、幸田自転車における功労者の一人。太郎たち新人に期待している。
  • 川崎テル - 樹木希林
    幸田自転車の古株女性社員。男好きで特にイケメンに目が無く、早速太郎と純一にアプローチする。
  • 青野大作 - 阿藤海
    エース自転車のエリート社員(セールスエンジニア)。通称「カミソリ」。1974年に東西対抗自転車競技で3位の成績を収めている。
  • 幸田徳之介 - 藤岡琢也
    幸田自転車社長で創業者。手腕はワンマンで頑固な所もあるが、一方で情にもろい所もある。
  • 金沢洋平 - 小松政夫
    幸田自転車営業係長。威張りたがりでケチ、三浦に腰巾着として付いている。
  • 本庄とめ - 菅井きん
    太郎の母。太郎が9歳の時に夫が亡くなってからは、女手一つで太郎と娘・明子を育てて来た。口うるさいが、本来はさっぱりした性格。
  • 本庄明子 - 山下幹子
    太郎の妹。
  • 三浦真理子 - 石井ひとみ
  • 高橋えり子 - 松尾嘉代
    幸田社長、三浦部長らが行き付けの料亭「つくし」の女将。重夫の父の教え子であるという関係から、重夫が就職する際にその面倒を見た。
  • サイクル商事・井川部長 - 中尾彬
  • 里見冴子 - 大原ますみ
  • 幸田鶴子(社長夫人)- 斎藤美和
  • 英樹(元ボクサー)- 清水綋治

ほか

(出典:[1]

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:伊藤祥二(日本テレビ)、澤田和宏(東宝)
  • 制作:山本時雄、野末和夫
  • 原作:池田一朗
  • 脚本:池田一朗、柏原寛司、中原朗、杉江慧子、岡本克己、加瀬高之、小野勝也
  • 演出:池田義一、佐光千尋、野末和夫、水島総
  • 制作著作:日本テレビ、東宝
(出典:[1]

主題歌[編集]

『若きアドベンチャー』

挿入歌[編集]

『美しきライバル』

  • 作詞:寒太郎/作曲:芳野藤丸/編曲:大谷和夫/歌:芳野藤丸

サブタイトル[編集]

回数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 1980年10月15日 情けは人の為ならず 池田一朗
中原朗
池田義一 原泉松橋登村瀬正彦
2 10月22日 4人揃って1人前 柏原寛司
3 10月29日 女の夢は二百万円 杉江慧子
4 11月12日 お見合いします! 岡本克己 佐光千尋
5 11月19日 悪ガキとキリマン野郎 池田義一
6 11月26日 男の秘密 池田一朗 佐光千尋 高田直久
7 12月3日 皆な元気で太極拳 岡本克己
8 12月10日 恐怖の特訓! 池田一朗 野末和夫 木ノ葉のこ
9 12月17日 あなた買います! 杉江慧子 大信田礼子
10 12月24日 グッドバイ・横浜 柏原寛司 水島総 横山エミー
11 1981年1月7日 初恋メダマ焼 岡本克己 池田義一
12 1月14日 顔で笑って 加瀬高之 中尾彬大原ますみ
13 1月21日 俺たちのPR作戦 中原朗 野末和夫 音無真喜子
14 1月28日 社長の涙 加瀬高之
小野勝也

1980年12月31日は、大型特別番組『輝け!!“特別生放送”笑いは日本を救う!?』(18:30 - 23:19)のため休止。

出典[編集]

  1. ^ a b 週刊テレビ番組(東京ポスト)1980年10月17日号 p.54〜「特選テレビ劇場 痛快!ピッカピカ社員」
日本テレビ 水曜20時枠
【当番組より『水曜劇場』 】
前番組 番組名 次番組
痛快!ピッカピカ社員