痛快!婦警候補生やるっきゃないモン!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

痛快!婦警候補生やるっきゃないモン! 』(つうかい ふけいこうほせいやるっきゃないモン)とはテレビ朝日系列(ただし青森放送テレビ信州山口放送除く[1])にて、日曜夜8時に、1987年3月29日から9月27日まで全24話放映されたドラマである。制作はテレビ朝日東宝である。

警察官採用試験に合格、婦警候補生として多摩警察学校に入校した少女たちの奮闘の日々を、笑いと涙で綴るドラマである。主演は本作が連続ドラマ初出演となる富田靖子で、主題歌も担当した。当初は45話を予定していたが、予定の大半をカットして24話で打ち切られた[2]


主な登場人物[編集]

  • 早見香里(主人公) - 富田靖子
  • 柴涼子 - 徳丸純子
  • 宇野君子 - 中島唱子
  • 石田由利恵 - 藤代美奈子
  • 深谷純子 - 西端弥生
  • 鶴瀬まゆみ - 立原ちえみ
  • 宮崎靖史(多摩警察学校教官・警部補) - 林隆三
  • 息吹達也(多摩警察学校教官・巡査部長) - 京本政樹
  • 小暮みどり(多摩警察学校教官・巡査部長) - 山咲千里
  • 堂本源三郎(多摩警察学校教官・巡査部長) - 苅谷俊介
  • 及山久子(多摩警察学校教官・巡査部長) - 中尾ミエ
  • 荒戸宗一郎(多摩警察学校校長・警視正) - 長門裕之
  • カフェバー「ハスラー」のマスター - 小倉久寛
    • 富田演じる候補生始め、オープニングに登場する警察関係者は私服姿などの後、制服姿で敬礼し俳優名の字幕が入るが、小倉も順番が逆だが警察官の制服姿で敬礼している。
  • 高橋喜明(西多摩署交通課課長) - 三宅裕司(友情出演・準レギュラー)
  • 早見健一(香里の弟) - 坂詰貴之(準レギュラー)
  • 涼子の父 - 永谷吾一
  • 桑野(警察官だった涼子の父を殺害。指名手配中) - 兼松隆
  • 真矢武
  • 石渡譲
  • 四禮正明
  • 長浜芳弘
  • 河合美佐

放送リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
第1話 1987年3月29日 婦警、愛と青春の旅立ち…かな 酒井あきよし 江崎実生 石田弦太郎茅島成美、吉中六、野添義弘神山卓三
第2話 4月5日 トップガンに向かって走れ! 田上浩史、槇ひろ子
第3話 4月12日 ライバル婦警とサバイバル 小林政広 中山史郎
第4話 4月19日 婦警が少女に戻るとき 桃井章
第5話 4月26日 婦警は色気で勝負する
第6話 5月3日 暴発!もう拳銃が握れない 田嶋基吉、村上幹夫、有馬光貴
第7話 5月10日 婦警は柔道一直線 小林政広 雨宮望 ミスA佐々木正洋
第8話 5月17日 制服を脱がさないで! 今井詔二 江崎実生 原ひさ子
第9話 5月31日 始末書でドッキリ
第10話 6月7日 手錠をかけてラブソング 金谷祐子 中山史郎 北詰友樹小島三児
第11話 6月14日 婦警vsスケ番 サッカー対抗戦 小林政広 江崎実生 森田まゆみ武藤章生渡辺航
第12話 6月21日 初体験!燃えて捜査妨害!? 橋場千晶 清水章吾佐藤仁哉伴直弥小林昭二平野稔東丘出陽
第13話 6月28日 仮免婦警が暴走&大破!? 小林政広 中山史郎 小沢仁志
第14話 7月12日 教官公認!丸秘バイトで300万!? 金谷祐子 レオナルド熊アパッチけん木村弓美
第15話 7月19日 プッ!婦警が下着を盗まれた!? 小林政広 大室清
第16話 7月26日 ソフトボールで一発キメろ! 藤岡重慶佐原健二村松美香
第17話 8月9日 湖畔のアブナい夏休み 島村佳江小野武彦
第18話 8月16日 鬼教官にもアバンチュール 小林政広 中山三雄
第19話 8月23日 まんが道に寄り道!? 金谷祐子 淡野健 うえずみのる、古川博樹、島田敏
第20話 8月30日 殺人者の汚名をはらせ!? 酒井あきよし 網浜直子
第21話 9月6日 結婚するって本当ですか? 金谷祐子 萩原鐵太郎 赤座美代子
第22話 9月13日 生と死のゴールイン! 渥美国泰田村奈巳
第23話 9月20日 好きです!教官 小林政広 淡野健
第24話 9月27日 ヒョッとして、卒業!? 工藤啓子

OP・ED[編集]

  • OP:「私だけのアンカー」富田靖子
  • ED:「湾岸night」135

スタッフ[編集]

補足[編集]

  1. ^ いずれも日本テレビ製作のバラエティ番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』を放送。なお、いずれも日本テレビ系列(NNN)とのクロスネット局
  2. ^ 1987年3月29日付朝日新聞テレビ欄、及び週刊TVガイド1987年3月28日号には共に「全26回(予定)」とあった。