癩王のテラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
癩王のテラス
The Terrace of The Leper King
著者 三島由紀夫
イラスト 装幀:司修
発行日 1969年6月28日
発行元 中央公論社
ジャンル 戯曲
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本 紙装、貼函
ページ数 159
コード NCID BN13522183
Portal.svg ウィキポータル 文学
Portal.svg ウィキポータル 舞台芸術
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

癩王のテラス』(らいおうのてらす)は、三島由紀夫の最後の戯曲。全3幕から成る。三島文学の主題が色濃い最後の演目として重要な作品である[1]。病魔に冒されたカンボジアジャヤーヴァルマン7世が、アンコール・トムを造営しバイヨン寺院を建設してゆくの雄大なロマンを、月の王朝の衰亡を背景に描いた物語。王の肉体が崩れ去っていくにしたがって、威容な観世音菩薩が完成していく様を、王の精神と肉体との対比で壮大華麗に表現している[2]。舞台初演は同年7月4日に北大路欣也主演により帝国劇場で上演された[3]

発表経過[編集]

1969年(昭和44年)、雑誌『』7月創刊号に掲載され、雑誌発売直後の同年6月28日に中央公論社より単行本刊行された[4][5]。文庫版は1975年(昭和50年)8月10日に中公文庫より刊行されたが出版禁止で絶版となり、現行では2002年(平成14年)12月刊行の『決定版 三島由紀夫全集第25巻・戯曲5』でしか読めない[注釈 1]。翻訳版は佐藤紘彰訳(英題:“The Terrace of The Leper King”)で行われている。

あらすじ[編集]

第1幕 - 西暦紀元12世紀末のカンボジア(作品では「カンボジヤ」)のアンコール王宮

カンボジアの若き王・ジャヤーヴァルマン7世(作品では「ジャヤ・ヴァルマン七世」)は、敬虔な仏教徒で、勇猛な美貌の戦士であった。宿敵チャンパを破り、チャム戦の大勝利の凱旋の喜びのうちに、王は荒廃した王都の再建をめざす。人民は歓呼を以て王を支持した。王は人民に何トンもの施黄金を撒き、建築設計のための石工彫刻家が王宮に呼ばれた。
しかし、王のこんな大盤振る舞いの大計画に、不安を抱く者がいた。占星術師・クララーパンジは方角がだと進言した。すでに王の上腕に小さな紅い斑紋が出ていた。宰相・スールヤバッタと王太后(母妃)・チューダーマニも不安を抱いていた。

第2幕 - 1年後

建設中の寺院の名は、王様と共に戦って死んだ英霊たちの御魂を迎えるバイヨンと名づけられた。若い石工・ケオ・ファは、私腹を肥やし怠けている老棟梁・カンサに代わって観音像の工事に励んでいた。
民の一部にが蔓延しはじめ、星の凶兆を知った宰相・スールヤバッタは、これを機に癩病の王を暗殺して自分が王太后と結び権力の座に就こうとしていた。宰相は老棟梁を買収して石工たちの建築を怠けさせようとしていたのだった。
第1王妃(夫人)・インドラデーヴィも王の病気におびえ王と会わなくなった。第2王妃(夫人)・ラージェンドラデーヴィだけは変らずに王を見守っていた。宰相はそんな第2夫人に惚れていた。そして無理やり第2夫人を強姦しようとしたときに王太后が現われ、彼は打たれた。
しかしそんな王太后と宰相は裏では仲が良かった。王太后は第2夫人に王を10日以内に毒薬で殺すように命じ、従わないなら、おまえを殺すと脅した。王太后は息子の病が不治ならば、彼を殺して再び自分が王を出産し直すと言った。
建築は次々と完成していった。しかし建築が進行し伽藍が出来上がるにつれて、王の肉体は少しずつ癩に蝕まれていった。王はきらびやかな衣裳で肉体の崩壊を隠していた。そして国の財政も次第に傾きはじめ造営資金も窮していた。
そんな時、支那南宋)大官・劉万福が、支那の貴婦人に珍重されているカンボジアの美しい魚狗(カワセミ)の羽根を大量に買いたいとやって来た。この土地を守護する翡翠の鳥の羽毛を売ってまでバイヨンの建築費用に充てなければならなかった。
第2夫人は王暗殺計画に従わなかった。王太后の報復をおそれ、彼女は第1夫人の部屋へ匿ってもらい、国外へ逃亡しようとした。しかし王太后に見つかってしまった。そこへ王が現われ、「なぜ皆、私を避けるのだ」と女たちに詰め寄った。そのとき第1夫人にも癩の兆候が出ていたのがわかった。第1夫人は、王が執着している神殿に祀られている不老不死蛇神の娘・ナーガ嫉妬をしていた。
王は、「ナーガは私が癩者になろうと、決して避けないただ1人の女だ」と言って、蛇神の塔に消えて行った。第1夫人は王を追いかけて、女が入ってはならない神殿に入り、「今夜からはあなたを離さない、いつまでも若い蛇神の娘になって、あなたを」と言い、「私がナーガです、私がナーガになります」と神殿のの中へ投身した。
王は愕然として気を失った。そこへ宰相と王太后がやって来た。宰相は今がチャンスと王を殺そうとするが、後ろから王太后に刺されて、死際に、「第2夫人は私にを売ったのです。私が犯したのです」と王にを言いながら死んでいった。

第3幕 - さらに1年後

宰相の死で、叛乱の兆は消え、癩を恐れた村人も次々と出て行ったが、王を尊敬する若棟梁・ケオ・ファが献身的に建築を進め、王の念願であったバイヨン寺院の建築を着々と進めていた。
しかし美しかった王の顔はもはや人前にさらせないほど癩に冒され、目だけをあらわし、金色の輿に乗っていた。王は視力も衰えはじめていた。母・王太后は支那大官夫妻と一緒に支那(南宋)へ発ち、そこへ移住することとなった。
別れの時、王太后は自分も王の暗殺計画にいたことや、第2夫人の貞節の潔白を話した。王は、疑いが晴れた第2夫人と一緒に、ケオ・ファとその恋人の結婚式を宮殿で盛大に開き、若い2人の喜びを祝った。
また1年が経ち、バイヨン寺院が完成した。ケオ・ファ夫婦も充ち足りて旅立った。しかし宮廷には第2夫人しかいなくなり、王都の民の賑わいはなかった。王は輿をバイヨン寺院が一望できるテラスに据えさせたが、すでに失明してが迫っていた。
第2夫人がバイヨンの威容を美しく説明するのを聞きながら、王はを思い描くしかなかった。それは美しい人頭像を林立させて、浄土の中に屹立する、世界で最も燦然とかがやく壮大な寺院となった。
王は臨終の自分を独りにしてもらい、バイヨン寺院に向かって、静寂の新王都の只中で輿の中で死んでゆこうとした。そのとき、バイヨン寺院のかがやく青に接した頂きから、自分を呼ぶ若々しい声を耳にした。それはかつての健康な自分の朗々とした声であった。
寺院の頂きに、燦然とかがやく裸の美しい若い王の肉体が出現した。そして、地上の輿の中で死にかけている王自身の精神に語りかけた。王の精神と肉体の対話がはじまった。
肉体は肉体の不死の勝利を主張し、精神は精神の永遠の勝利を主張した。しかしついに、輿の中の声は絶え、王は死ぬ。塔上の若く美しい肉体は自らの勝利を讃え、「青春こそ不滅、肉体こそ不死なのだ」と言った。

作品背景[編集]

着想[編集]

ライフワーク『豊饒の海』の第3巻『暁の寺』の執筆取材のために1965年(昭和40年)10月12日にタイバンコクを訪れた三島は、同月25日からカンボジアへ旅行し、アンコール・ワットアンコール・トムを見学した[6]

三島はそのアンコール・トムを見た際に『癩王のテラス』の着想を得て、〈熱帯の日の下に黙然と坐してゐる若き王の美しい彫像を見たときから、私の心の中で、この戯曲の構想はたちまち成つた〉とし[7]バイヨン寺院を建てた王が〈癩にかかつてゐたといふ伝説が、私の心に触れた〉と語っている[8]

肉体の崩壊と共に、大伽藍が完成してゆくといふ、そのおそろしい対照が、あたかも自分の全存在を芸術作品に移譲して滅びてゆく芸術家人生比喩のやうに思はれたのである。がすべて滅び、バイヨンのやうな無上の奇怪な芸術作品が、圧倒的な太陽の下に、静寂をきはめて存続してゐるアンコール・トムを訪れたとき、人は芸術作品といふものの、或る超人的な永生のいやらしさを思はずにはゐられない。壮麗であり又不気味であり、きはめて崇高であるが、同時に、嘔吐を催されるやうなものがそこにあつた。 — 三島由紀夫「『癩王のテラス』について」[8]

そして三島は、〈もつとも忌はしいものは時として神聖さに結びつき、もつとも悲惨なものは時として高貴と豪奢に結びつく〉という〈後期浪漫派〉の作風を想起し、作品の骨子がその晩のうちに出来たが、巨大な舞台装置の条件(大劇場で「視覚聴覚的効果」を取り入れる)の諸事情から上演の機会が得られずに4年後に執筆となったと述べて[8][7]、〈ミクロコスモスの全体性の実験〉は『サド侯爵夫人』や『わが友ヒットラー』で試みたので、『癩王のテラス』では〈マクロコスモスの全体性〉を実験したとしている[8]

設定・主題[編集]

設定や人物造型、主題については、以下のように三島は説明している[7]

若きジャヤ・ヴァルマン七世王は、「絶対」にしか惹かれぬ不幸な心性を持つてゐた、といふのが、私の設定である。すなはちこの芝居は、病の芝居ではなくて「絶対病」の芝居なのである。

絶対の愛としての蛇神の娘、絶対の信仰としてのバイヨン、この二つのものだけが、王にとっては地上で必要だった。(中略)絶対の愛は地上の女(第一夫人)の嫉視を呼び、さらに第二夫人の貞淑によつて柔らかに模倣され、硬軟両様の方法で邪魔されるが、つひに第一夫人の死によつて、地上の愛に犯されてしまふ。一方、絶対の信仰としてのバイヨン建立は、地上の政治により経済により邪魔されるが、それがあらゆる障害を払つて完成されたとき、王はもはや自分の目でそれを見ることはできないのである。

— 三島由紀夫「あとがき」(『癩王のテラス』)[7]

また三島は、王の悲劇は〈癩者の悲劇〉でなく、〈むしろ癩が、王の悲劇、あるひは王の病の本質をあばいた〉とし、以下のように説明している[7]

「絶対の病気」としての癩が、「絶対病」に犯された王の精神を、完全に体現したのである。従つてその発病は、決して偶然の罹患ではなくて、王の運命であつた。これを癒やすは地上に存在しない。これを最終的に癒やすものは、永遠不朽のとしての肉体の復元のほかにありえないからである。王即身崇拝の具現たるバイヨンの意味はここにあり、さればこそ、王の美しい肉体は、最後に、バイヨンは私だ、と宣言することになるのである。 — 三島由紀夫「あとがき」(『癩王のテラス』)[7]

作品評価・研究[編集]

『癩王のテラス』は三島の主題が、より色濃く示されている最後の戯曲として重要な作品であり、エキゾチックで華やかな戯曲として評価も悪くないが、それにもかかわらず本格的な論究があまりされていない向きがある[1]

当時の反響としては、「華麗で異様な物語」[9]、「不滅の青春に対する作者のかぎりないあこがれがせつないほどにあふれた格調高い娯楽作品」といった新聞評をはじめ[10]奥野健男戸板康二磯田光一などが好評し[11][12][13]、磯田は、同時代の政治的な暗喩を読むことも可能な「〈自己否定〉の宿命を負うた人間の、極限的なドラマ」と解説している[13]

佐藤秀明は、病魔に冒された王の寺院建立は、「芸術家が自己の存在を賭けて作品を作るのとアナロジカルな関係にある」とし、しかしながらバイヨン建設を企図した「精神」が死んで、完成したバイヨンとしての「永遠の肉体」が不死を誇るという、死期を迎えた王の前に「健康な若者の王」が出現するラストシーンに、その逆説的関係が生かされていると解説している[14]

辻井喬は、『癩王のテラス』の中の以下のような台詞の言葉には、三島自身の戦後の心境(生き残ってしまった青年としての自分の思い、戦争で死んだ同世代の兵士たちへの鎮魂)が述べられていると考察している[15]

「今の王様にとつては、ただこのお寺の完成だけがお望みなのだ。そしてお寺の名も、共に戦つて死んだ英霊たちのみ魂を迎へるバイヨンと名づけられた。バイヨン。王様はあの目ざましい戦の間に、討死してゐればよかつたとお考へなのだらう」

三島由紀夫「癩王のテラス」

なお、三島は自死の前に恩師の清水文雄宛てに送った最後の書簡で、執筆中のライフワーク『豊饒の海』を〈小生にとつては、これが終ることが世界の終りに他ならない〉とし、この小説をバイヨンに喩えながら、以下のように語っている[16]

カンボジアのバイヨン寺院のことを、かつて「癩王のテラス」といふ芝居に書きましたが、この小説こそ私にとつてのバイヨンでした。書いたあとで、一知半解の連中から、とやかく批評されることに小生は耐へられません。又、他の連中の好加減な小説と、一ト並べにされることにも耐へられません。いはば増上慢の限りでありませうが……。 — 三島由紀夫「清水文雄宛て書簡」(昭和45年11月17日付)[16]

松本徹は、『癩王のテラス』には、「芸術家たるものは滅びるより外はないのだということ」が示されながらも、その〈肉体〉の永遠には「唯識論」が踏まえられているとし、〈肉体〉の一刹那の強調には、三島の「敗戦前の日々の生々しい記憶」への関連があると考察している[17]

小埜裕二は、三島が〈自分の全存在を芸術作品に移譲して滅びてゆく芸術家の人生比喩〉と言った〈滅び〉に[8]、どういった意味を読み取るかが論究の主眼になるとしながら、その〈滅び〉は「宿命であり、栄光でもあったのではないか」とし[1]、「三島にとってのバイヨンである〈作品〉は、若々しい肉体の美を理想として象られていったものであり、生身の肉体の滅びと引き換えに理想の〈肉体〉は現実のものとなるのである」と解説している[1]

舞台公演[編集]

刊行本[編集]

  • 『癩王のテラス』(中央公論社、1969年6月28日)
  • 文庫版『癩王のテラス』(中公文庫、1975年8月10日)
    • 装幀:白井晟一。カバー画:司修。解説:宗谷真爾
    • 口絵図版1頁1葉(アンコール・トム付近の地図)。
    • 収録作品:「癩王のテラス」「あとがき」
  • 英文版『My Friend Hitler and Other Plays』(訳:佐藤紘彰)(Columbia University Press、2002年11月15日。他)
    • 収録作品:鹿鳴館(The Rokumeikan)、楽屋で書かれた演劇論(Backstage Essays)、朱雀家の滅亡(The Decline and Fall of The Suzaku)、わが友ヒットラー(My Friend Hitler)、癩王のテラス(The Terrace of The Leper King)、悪の華(The Flower of Evel: Kabuki)、椿説弓張月(A Wonder Tale: The Moonbow)

全集収録[編集]

  • 『三島由紀夫全集24(戯曲V)』(新潮社、1975年4月25日)
  • 『三島由紀夫戯曲全集 下巻』(新潮社、1990年9月10日)
    • 四六判。2段組。布装。セット機械函。
    • 収録作品:「熊野」「女は占領されない」「熱帯樹」「プロゼルピーナ」「弱法師」「十日の菊」「黒蜥蜴」「源氏供養」「喜びの琴」「美濃子」「恋の帆影」「聖セバスチャンの殉教」「サド侯爵夫人」「憂国」「アラビアン・ナイト」「朱雀家の滅亡」「ミランダ」「わが友ヒットラー」「癩王のテラス」「椿説弓張月」「文楽 椿説弓張月」「附子」「LONG AFTER LOVE」〔初演一覧〕
    • ※ 上巻と2冊組での刊行。
  • 『決定版 三島由紀夫全集25巻 戯曲5』(新潮社、2002年12月10日)
    • 装幀:新潮社装幀室。装画:柄澤齊。四六判。貼函。布クロス装。丸背。箔押し2色。
    • 月報:織田明「三島さんと『わが毒』」、山中剛史「資料探索の密かな愉しみ」、〔天球儀としての劇場5〕田中美代子「受肉・または俳優の恍惚」
    • 収録作品:「癩王のテラス」「椿説弓張月」「文楽 椿説弓張月」「オルフェ」「ブリタニキュス」「プロゼルピーナ」「トスカ」「聖セバスチャンの殉教」
      • 〔参考作品〕「老人の星」「長唄 螺鈿」「頼政(「あやめ」異稿)」「無題(「黒川伯爵家の……」)「鯉になつた和尚さん」「ちびくろさんぼのぼうけん」「舌切雀」「附子」「LONG AFTER LOVE」「歌劇台本 潮騒」「無題(「あるさびれた海岸の……」)」「清水一角(シノプシス)」「無題(「大東塾……」)」
      • 「『癩王のテラス』創作ノート」「『椿説弓張月』創作ノート」

音声資料[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 」という言葉が、差別語とされるようになったために出版禁止になったとされている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 小埜裕二「癩王のテラス」(事典 2000, pp. 401-404)
  2. ^ 「わたしがこんどの帝劇でやりたいこと……(「癩王のテラス」広告文)」(朝日新聞夕刊 1969年5月9日号)。35巻 2003, p. 467
  3. ^ 山中剛史「上演作品目録」(42巻 2005, pp. 731-858)
  4. ^ 井上隆史「作品目録――昭和44年」(42巻 2005, pp. 452-456)
  5. ^ 山中剛史「著書目録――目次」(42巻 2005, pp. 540-561)
  6. ^ 「年譜 昭和40年10月」(42巻 2005, pp. 276-277)
  7. ^ a b c d e f 「あとがき」(『癩王のテラス』中央公論社、1969年6月)。35巻 2003, pp. 490-491
  8. ^ a b c d e 「『癩王のテラス』について」(毎日新聞夕刊 1969年7月10日号)。35巻 2003, pp. 511-512
  9. ^ 「まことに巧みな構成」(読売新聞(1969年7月24日号)。旧事典 1976, pp. 448-449
  10. ^ 「不滅の青春へのあこがれ」(朝日新聞夕刊 1969年7月17日号)。旧事典 1976, pp. 448-449、事典 2000, pp. 402-403
  11. ^ 奥野健男「生れ変る不滅の青春」(サンケイ新聞夕刊 1969年6月28日号)。事典 2000, p. 402
  12. ^ 戸板康二「豪快なラストシーン」(東京新聞夕刊 1969年7月10日号)。事典 2000, p. 402
  13. ^ a b 磯田光一「精神を癩として」(日本読書新聞 1969年8月11日号)。『磯田光一著作集1』(小沢書店、1990年)所収。事典 2000, p. 402
  14. ^ 「第五章 文と武の人」(佐藤 2006, pp. 144-205)
  15. ^ 辻井喬「三島由紀夫の復権」(3巻 2001月報)
  16. ^ a b 清水文雄宛ての書簡」(昭和45年11月17日付)。38巻 2004, pp. 628-630
  17. ^ 松本徹『三島由紀夫論』(朝日出版社、1973年12月)。事典 2000, p. 403
  18. ^ 鈴木亮平、三島由紀夫“最後の戯曲”に挑戦「身も心も全て捧げる」”. ORICON STYLE (2015年9月30日). 2015年9月30日閲覧。
  19. ^ 公演詳細 「ライ王のテラス」

参考文献[編集]

  • 『決定版 三島由紀夫全集3巻 長編3』 新潮社、2001年2月。ISBN 978-4106425431。 
  • 『決定版 三島由紀夫全集25巻 戯曲5』 新潮社、2002年12月。ISBN 978-4106425653。 
  • 『決定版 三島由紀夫全集35巻 評論10』 新潮社、2003年10月。ISBN 978-4106425752。 
  • 『決定版 三島由紀夫全集38巻 書簡』 新潮社、2004年3月。ISBN 978-4106425783。 
  • 『決定版 三島由紀夫全集42巻 年譜・書誌』 新潮社、2005年8月。ISBN 978-4106425820。 
  • 井上隆史; 佐藤秀明; 松本徹編 『三島由紀夫事典』 勉誠出版、2000年11月。ISBN 978-4585060185。 
  • 佐藤秀明 『三島由紀夫――人と文学』 勉誠出版〈日本の作家100人〉、2006年2月。ISBN 978-4585051848。 
  • 長谷川泉; 武田勝彦編 『三島由紀夫事典』 明治書院、1976年1月。NCID BN01686605 

関連事項[編集]