出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
十干
十二支

(き、みずのと)は、十干の10番目である。陰陽五行説では性の陰に割り当てられており、ここから日本では「みずのと」(水の弟)ともいう。

癸の字は「揆」(はかる)につながり、植物の内部にできた種子が大きさを測れるまで大きくなった状態として、10番目に宛てられた。

西暦年の下一桁が3の年が癸のとなる。

中国語化合物命名法では、デカン、デシル基など、炭素を10含む化合物や官能基の名に付けられる。

癸を含む干支


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
菅野美穂 こぐれ修 松岡充 片岡愛之助 (6代目) 佐々木希 大島優子 古川雄輝 筒井真理子 黒澤優 浜田雅功 西城秀樹 井川遥 平岩紙 平野紫耀 宮澤佐江 青山高等学校 (三重県) ピンクハウス 宮司愛海 柳下大 大曽根敬大
「癸」のQ&A
1  算命学 陰占 日 月 年 私 日 月 年 丁…
2  四柱推命の「癸」の人の特徴がつかめません。
3  癸原髭巧について
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について