登坂哲朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

登坂哲朗(のぼりさか てつろう、1934年2月12日 - 1978年8月30日)は、日本のバスケットボール選手。

中学校より姉の影響でバスケットボールを始め、高校時代に国体優勝等頭角を表し、慶應義塾大学に入学。日本鉱業でさらにバスケットボールに没頭し、日本代表に選ばれ1956年のメルボルンオリンピックに出場を果たした[1]。現役引退後は、共同石油(現ENEOSホールディングス)の女子バスケットボール部の創設に参加し、後進の指導にあたった。

脚注[編集]

関連項目[編集]