登張正実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

登張 正実(とばり まさみ、登張正實が正しい表記、男性、1916年3月27日 - 2006年2月20日)は、ドイツ文学者。東京大学名誉教授。

ドイツ文学者・登張信一郎(竹風)の子として宮城県に生まれる[1]。1941年、東京帝国大学独文科卒業、1943年、広島高等学校教授、1951年、一橋大学助教授、1964年、「ドイツ教養小説の成立」で文学博士、東大文学部助教授、1967年、教授。1976年、停年退官後、成城大学教授。この間、日本独文学会理事長、IVG(Internationale Vereinigung für germanistische Sprach- und Literaturwissenschaft 国際ゲルマン語学文学連合)理事、財団法人ドイツ語学文学振興会理事長等歴任[2]。1988年、日本学士院会員、1990年、勲二等瑞宝章受章。

著書[編集]

 <ドイツ文学における古典と現代 登張正實先生古稀記念論文集刊行会 第三書房, 1988年, 3-4頁による>

翻訳[編集]

 <ドイツ文学における古典と現代 登張正實先生古稀記念論文集刊行会 第三書房, 1988年, 4-5頁による>

記念論集[編集]

  • しんせい会(編): 教養小説の展望と諸相(登張正実教授還暦記念) 三修社,1977年。
  • ドイツ文学における古典と現代 登張正實先生古稀記念論文集刊行会 第三書房, 1988年。ISBN 4-8086-0199-0

脚注[編集]

  1. ^ 登張正實著 潮騒集 郁文堂, 1979、4頁、27頁。
  2. ^ ドイツ文学における古典と現代 登張正實先生古稀記念論文集刊行会 第三書房, 1988年, 2-3頁。