白い魔魚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

白い魔魚』(しろいまぎょ)は舟橋聖一の長編小説

1955年6月から朝日新聞に連載されていた。1956年に新潮社から単行本が刊行され、1969年に同社文庫に。

主人公の女子大生綾瀬竜子は岐阜の老舗美濃紙問屋を実家にもつ描写になっており、1957年に岐阜市の美濃紙問屋から「モデル問題」により訴訟されたが、1959年に作者が勝訴した[1][2]

1956年には松竹によって映画化され、1965年にはフジテレビ松竹によってテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

映画[編集]

1956年5月3日公開。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

テレビドラマ[編集]

1965年3月1日~1965年4月2日までフジテレビで放送。ライオン奥様劇場として、 月曜日から金曜日の13:00-13:30に放送。放送回数25回。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]