白井一幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
白井 一幸
20120320 Kazuyuki Sirai,coach of the Yokohama DeNA BayStars,at Yokohama Stadium.JPG
横浜DeNAベイスターズ一軍内野守備走塁コーチ時代
(2012年3月20日、横浜スタジアム)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県さぬき市
生年月日 (1961-06-07) 1961年6月7日(60歳)
身長
体重
177 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 二塁手
プロ入り 1983年 ドラフト1位
初出場 1984年3月31日
最終出場 1996年5月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

白井 一幸(しらい かずゆき、1961年6月7日 - )は、香川県大川郡志度町(現:さぬき市)出身の元プロ野球選手内野手)、プロ野球コーチ野球解説者

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

志度東中学・志度商高駒澤大学のすべてで主将を務めた[1]。志度商高では1979年夏の甲子園県予選準々決勝に進出するが、丸亀商高に完封負けを喫した。駒澤大学に進学し、東都大学リーグでは1983年に、同期の鍋島博(後にNTT東京)、1年下の河野博文の両エースを擁し春秋季連続優勝。同年の全日本大学野球選手権大会でも決勝で近畿大を降し優勝、明治神宮野球大会では東海大に敗れ準優勝。リーグ通算73試合に出場し、打率.330(270打数89安打)、3本塁打、26打点。首位打者1回(1982年春季)。5季連続5度のベストナインに選ばれた。1982年、1983年には日米大学野球選手権大会日本代表に選出される。

1983年のドラフト会議日本ハムファイターズから1位指名され入団。

プロ入り後[編集]

即戦力として期待され、1年目の1984年の開幕戦ではパ・リーグ新人選手では唯一の先発出場、初打席初安打の快挙。1年目から93試合に出場したが、当初は代走守備固めでの出場が多かった。また、入団時は右打ちであったが、2年目頃から課題である打撃の克服と俊足を活かすためスイッチヒッターに転向した[2]

1987年は初めて全試合出場に出場し、15本塁打、21盗塁、リーグ最多となる30犠打の成績を残した[2]7月8日の対近鉄戦で左右両打席本塁打も記録している(3回に佐々木修、7回に石本貴昭から)[2]

1988年に足を骨折(阪急ダラス・ウィリアムズのラフプレーによる)、1990年に肩を手術。この2年はそれぞれ40試合、20試合の出場にとどまった。

1989年に自身最多の38盗塁。

1991年には自身最高でリーグ3位の打率.311を記録。また最高出塁率(.428)とカムバック賞を受賞した。好成績とケガによる低迷を繰り返していたため、「1年おきの選手」と揶揄されたりもした。

1994年は全試合に出場。二塁手として545守備機会連続無失策、守備率.997の成績を収め、プロ野球記録を樹立した[3]

以後、持病のヒザ痛の悪化や若手の台頭もあって出場機会が減少。1995年の秋季キャンプ中に突然、戦力外通知をされ、再起を賭けてオリックス・ブルーウェーブへ移籍した。

1996年は13試合の出場に終わり、この年限りで引退したが、この一年で中西太イチローと出会い、学んだものは大きかったという。大島公一福良淳一らとの二塁手のレギュラー争いをしてチームを活性化させた。大島が二塁手のレギュラーを獲得、福良は翌97年限りで引退し、後に日本ハムで指導者の同僚になった。

引退後[編集]

1997年から日本ハムの球団職員となり、メジャーリーグベースボールニューヨーク・ヤンキースでのコーチ研修へ。この頃、後に日本ハムの監督となるトレイ・ヒルマンと知り合う。
2000年二軍総合コーチ、2001年に二軍監督を経てヒルマンが一軍監督に就任した2003年からヘッドコーチとなる。2005年7月にはヒルマン監督が実母死去のために一時帰国した際、監督代行を務めた。2006年から内野守備コーチを兼任。

ヒルマンの退団に伴い、球団からファームディレクター就任を要請されていたが固辞、「野球を外から見る事になる」とコメントしていたが、2008年カンザスシティ・ロイヤルズの特別コーチ兼スカウトアドバイザーに就任することが決定し、ロイヤルズの監督となったヒルマンと引き続き仕事を行う一方、国内ではSTVテレビSTVラジオ(2008年より)・北海道テレビ放送(2008年のみ)解説者、日刊スポーツ評論家に就任。2008年いっぱいでロイヤルズの職務を退任し、2009年から2010年は評論、講演活動に専念。

2011年横浜ベイスターズ二軍監督に就任し、駒大の先輩である中畑清が一軍監督に就任した2012年に一軍内野守備走塁コーチに配置転換された。同年に退団[4]
2013年10月28日に日本ハムの内野守備走塁コーチ兼作戦担当に就任した事が発表[5]

2017年10月3日、日本ハムより今シーズン限りでのコーチ退任が発表された[6]

2018年からは再びSTVテレビSTVラジオ野球解説者に復帰。

2020年10月22日、女子カーリングチーム北海道銀行フォルティウスのメンタルコーチ就任が発表された[7]

2021年7月16日、Bリーグレバンガ北海道のチームアドバイザー就任が発表された[8]

選手としての特徴・人物[編集]

俊足・巧打・堅守を兼ね備えた二塁手として80年代後半から90年代にかけてチームを支えた[2]。守備では1994年に、二塁手として545守備機会連続無失策を記録し、2021年現在もプロ野球記録として破られていない。なお、守備率でも.997を記録し、2020年に菊池涼介に抜かれるまでは長らくプロ野球記録(1987年の高木豊と同率)であった[3]。打撃では、犠打が上手く、高い出塁率を誇った[2]

スイッチヒッターに転向した当初の左打席では、右打席を鏡に映したように振り抜いても、右手の力が強すぎることで体が開いてしまうことが多く、「コツコツ当てる」のではなく、「軽く当てる」感覚を意識したことで成功を収めた。また、左打席の長打を増やすため、当時は一般的ではなかったウエイトトレーニングにも励み、プロ4年目の1987年には自己最多となる15本塁打を放っている[2]

学生時代には中学・高校・大学のすべてで主将を務めるなどキャプテンシーに溢れる。また、現役引退後に日本ハムの球団職員としてMLBのヤンキースへコーチ留学するなど非常に向上心が高い人物である[2]

トレイ・ヒルマンとは旧知の仲であり[9]、自身は英語が話せるため、コーチとして非常に信頼を置かれていた[10]

自身の経験からメンタルが野球に及ぼす影響や、選手に前向きな気持ちを持たせる指導の大切さを唱えており、自らの指導法にも活かしているほか、自著「メンタル・コーチング」も出版している[11]

指導者としては常に厳しい鬼コーチとして報道されることが多いが、白井自身はブログで否定しており、「厳しさと優しさ、緊張とリラックス、規律と自由、両方を兼ね備えた指導者を目指している」と語っている[12]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1984 日本ハム 93 152 130 18 27 4 0 1 34 9 5 1 14 0 7 0 1 13 4 .208 .254 .262 .516
1985 108 245 200 27 38 4 0 3 51 21 7 1 19 1 24 0 1 32 2 .190 .279 .255 .534
1986 129 491 433 55 100 20 6 6 150 35 15 4 15 2 38 0 3 71 3 .231 .296 .346 .642
1987 130 573 499 77 132 18 1 15 197 63 21 5 30 1 41 0 2 78 6 .265 .322 .395 .717
1988 40 159 120 17 25 2 1 2 35 10 4 4 14 1 23 0 1 19 2 .208 .338 .292 .630
1989 129 504 422 50 102 14 2 5 135 42 38 12 29 5 47 1 1 59 8 .242 .316 .320 .636
1990 20 66 53 11 15 6 2 0 25 7 7 1 5 1 7 0 0 10 0 .283 .361 .472 .833
1991 105 411 328 50 102 14 4 4 136 32 15 15 14 1 64 0 4 37 4 .311 .428 .415 .843
1992 128 495 410 33 88 14 2 4 118 30 11 7 24 2 54 0 5 57 5 .215 .312 .288 .600
1993 130 587 497 67 134 20 2 7 179 54 27 14 17 4 67 0 2 93 4 .270 .356 .360 .716
1994 130 532 436 51 110 14 2 2 134 28 14 9 24 4 68 1 0 58 11 .252 .350 .307 .657
1995 32 80 62 9 15 2 1 0 19 2 4 0 3 1 14 0 0 11 2 .242 .377 .306 .683
1996 オリックス 13 26 25 1 1 1 0 0 2 1 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .040 .077 .080 .157
通算:13年 1187 4321 3615 466 889 133 23 49 1215 334 168 73 208 23 455 2 20 541 51 .246 .332 .336 .668
  • 各年度の太字はリーグ最高

通算監督成績[編集]

  • 6試合 2勝4敗0分 勝率 .333 (2005年、日本ハム・ヒルマン監督欠場に伴い監督代行)

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:1993年9月18日、対近鉄バファローズ24回戦(藤井寺球場)、2番・二塁手で先発出場 ※史上315人目
  • 200犠打:1994年8月7日、対千葉ロッテマリーンズ19回戦(千葉マリンスタジアム)、8回表に服部文夫から ※史上15人目
その他の記録
  • 545回守備機会連続無失策:1994年5月11日から9月29日までの記録で、二塁手としてのパ・リーグ記録。
  • オールスターゲーム出場:2回 (1987年、1991年)

背番号[編集]

  • 3(1984年 - 1995年)
  • 10(1996年)
  • 90(2000年 - 2007年、2014年 - 2017年)
  • 96(2011年 - 2012年)

関連情報[編集]

著書[編集]

  • 『メンタル・コーチング』(2007年4月:PHP研究所、ISBN 9784569691725)
  • 『わが子を一流選手にするメンタル・コーチング』(2010年5月:PHP研究所、ISBN 9784569777894)
  • 『北海道日本ハムファイターズ流 一流の組織であり続ける3つの原則』(2017年3月:アチーブメント出版、ISBN 9784866430072)

出演番組[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 白井 一幸に講師派遣を依頼する|JPSA(一般財団法人日本プロスピーカー協会)”. www.jpsa.net. 2021年3月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 白井一幸 左打席への挑戦と成功の秘訣、二塁守備の極意とは?/プロ野球1980年代の名選手 | 野球情報” (日本語). 週刊ベースボールONLINE. 2021年3月9日閲覧。
  3. ^ a b 広島・菊池涼介が守備率10割 二塁手で両リーグ初(写真=共同)” (日本語). 日本経済新聞 (2020年11月11日). 2021年3月9日閲覧。
  4. ^ 来季のコーチ契約について 横浜DeNAベイスターズ 2012年10月10日
  5. ^ 白井コーチが就任会見日本ハム球団公式サイト2013年10月28日配信
  6. ^ コーチ退任のお知らせ|北海道日本ハムファイターズ”. 北海道日本ハムファイターズ (2017年10月3日). 2018年1月20日閲覧。
  7. ^ メンタルコーチ就任のお知らせ北海道銀行フォルティウスオフィシャルサイト 2020年10月22日
  8. ^ “元北海道⽇本ハムファイターズ 白井一幸氏、レバンガ北海道チームアドバイザー就任のお知らせ” (プレスリリース), 株式会社レバンガ北海道, (2021年1月16日), https://www.levanga.com/news/detail/id=14664 2021年7月17日閲覧。 
  9. ^ 「ヒルマン監督」ナイストライ!白井一幸オフィシャルブログ”. 白井一幸. 2021年3月9日閲覧。
  10. ^ 優秀な中間管理職は 上司に最善の意見具申をする~白井一幸・プロ野球コーチ” (日本語). shuchi.php.co.jp. 2021年3月9日閲覧。
  11. ^ メンタル・コーチング | 白井一幸著 | 書籍 | PHP研究所” (日本語). PHP研究所 / PHP INTERFACE. 2021年3月9日閲覧。
  12. ^ 「野球のこと」ナイストライ!白井一幸オフィシャルブログ”. 白井一幸. 2021年3月9日閲覧。

関連項目[編集]