白井永二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

白井 永二(しらい えいじ、1915年 - 2008年1月1日)は、日本の民俗学者神職

来歴[編集]

愛知県豊橋出身。國學院大學国文科卒。折口信夫に師事し祝詞を研究。鎌倉八幡宮宮司を務め、かたわら菅江真澄などの研究を行った。1989年から1995年まで神社本庁総長を務めた。

著書[編集]

  • 鎌倉市文化財資料 第1集 鎌倉神楽 鎌倉市教育委員会 1962
  • 鎌倉 1970 角川文庫
  • 鎌倉事典 編 東京堂出版 1976
  • 神社辞典 土岐昌訓共編 東京堂出版 1979.12
  • 日本人のこころと神道 共著 蒼洋社 1999.5 21世紀に遺す
  • 菅江真澄の新研究 おうふう 2006.12

参考[編集]

  • 「鎌倉事典」編者紹介 


先代:
櫻井勝之進
神社本庁総長
第15代:1989年 - 1995年
次代:
岡本健治