白井璃緒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
白井 璃緒 Swimming pictogram white.svg
選手情報
フルネーム しらい りお
国籍 日本の旗 日本
泳法 自由形/背泳ぎ
所属 東洋大学
生年月日 (1999-09-10) 1999年9月10日(20歳)
生誕地 兵庫県宝塚市
身長 166㎝
テンプレートを表示

白井 璃緒(しらい りお、 1999年9月10日 - )は、日本の女子競泳選手である。

経歴・人物[編集]

兵庫県宝塚市出身。宝塚市立宝塚中学校兵庫県立宝塚東高等学校を経て東洋大学国際観光学部在学中。

6人兄妹の末っ子で、兄姉全員が競泳選手という環境の中で[1]、JSS宝塚スイミングスクールにて鍛錬を積み重ねる。

2014年、中学校3年のときに第54回全国中学校水泳競技大会女子200m背泳ぎで優勝[2][3]、同年の第69回国民体育大会長崎県)では少年B女子100m背泳ぎに優勝するなどした[3][4]

2015年、高校は地元の公立校である兵庫県立宝塚東高等学校に進学する[1]。2016年の高校2年の時には広島でのインターハイ(日本高等学校選手権水泳競技大会)では女子100m・200mの背泳ぎを共に制覇[5]。同年の第71回国民体育大会岩手県)の少年A女子200m背泳ぎも優勝した[6]

2017年、高校3年ではジャパンオープン女子200m背泳ぎで優勝[7]。また夏の宮城県でのインターハイで2年連続女子100m・200mの背泳ぎを共に制覇する二冠を達成した[8]

2018年、兵庫県立宝塚東高等学校を卒業して東洋大学国際観光学部へ入学。同年のジャパンオープンでは女子200m自由形のレースに出場し、1分57秒68で3位に入り、女子4×200mフリーリレーの派遣タイムをクリアした[9]。これにより同年の2018年パンパシフィック水泳選手権(日本・東京)及び2018年アジア競技大会インドネシア)に出場する競泳日本代表に選出された[10]。同年のパンパシフィック選手権大会及びアジア大会では女子4×200mリレー決勝レースで五十嵐千尋池江璃花子大橋悠依とチームを組み、パンパシフィック選手権では7分48秒96の日本新記録を出して4位入賞を果たし[11]、アジア大会では7分53秒83のタイムで銀メダルを獲得した[12]。そしてシーズン最後の日本学生選手権水泳競技大会(インカレ)では女子200m自由形で優勝を果たした[13]

2019年、大学2年となってすぐの日本選手権水泳競技大会では日本の自由形第一人者の池江璃花子が病に倒れて療養中という状況の中、女子200m自由形決勝では1分57秒16のパーソナルベストを更新して大会初優勝を飾り[14]、本職の200m背泳ぎでも2分9秒58で優勝して二冠を達成した[15]

脚注[編集]

  1. ^ a b 【競泳 背泳ぎ】兵庫県立宝塚東高校3年 白井璃緒 17歳「東京2020表彰台を狙う現役高校生スイマー」 『あすリート』 讀賣テレビ放送 2017年7月29日
  2. ^ 第54回全国中学校水泳競技大会 女子200M背泳ぎ決勝 (PDF) SEIKO競泳リザルト
  3. ^ a b 全国大会優勝及び準優勝者の市長表敬訪問 宝塚市立宝塚中学校・南ひばりガ丘中学校(2014年10月15日) 兵庫県宝塚市
  4. ^ 第69回国民体育大会水泳競技 少年B女子200M背泳ぎ決勝 (PDF) SEIKO競泳リザルト
  5. ^ 白井、自己ベスト更新で2冠に笑顔「達成できてうれしい」/高校総体 サンケイスポーツ 2016-08-19
  6. ^ 第71回国民体育大会水泳競技 少年A女子200M背泳ぎ決勝 (PDF) SEIKO競泳リザルト
  7. ^ ジャパンオープン(50m)2017女子200M背泳ぎ決勝 (PDF) SEIKO競泳リザルト
  8. ^ 白井2年連続2冠 女子200背「世界と戦う」 全国高校総体 神戸新聞 2017-08-20
  9. ^ ジャパンオープン(50m)2018女子200M自由形決勝 (PDF) SEIKO競泳リザルト
  10. ^ 競泳のパンパシ選手権、ジャカルタ・アジア大会代表の追加選手を発表 スポーツ報知 2018-05-28
  11. ^ 競泳=瀬戸が200mバタフライ連覇、パンパシフィック選手権 Reuter Japan 2018-08-11
  12. ^ 競泳・アジア大会◆3日目 本日の優勝者と日本選手決勝結果 スイミングマガジン編集部(ベースボール・マガジン社)
  13. ^ 東洋大・白井璃緒200自由形初V、先輩大橋も声援 日刊スポーツ 2018-09-08
  14. ^ 白井璃緒200m自で自己ベスト初Vも「まだまだ」 日刊スポーツ 2019-04-04
  15. ^ 競泳日本選手権 女子200背、白井が制し2冠達成 神戸新聞 2019-04-08