白土貞夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

白土 貞夫(しらと さだお、1933年 - )は、東京都生まれで千葉県[1]佐倉市[2]在住の鉄道史研究者。月刊誌『鉄道ピクトリアル』への寄稿など鉄道関連での執筆が目立つが、郷土史研究家でもある[3]。白土自身は「鉄道研究者」を標榜している[4]

略歴[編集]

著書[編集]

(出版年の新しい順)

単著

  • 『日立電鉄の75年』ネコ・パブリッシングRM LIBRARY 64〉、2004年11月。ISBN 978-4777050802。
  • 『絵葉書に見る懐かしの鉄道 - 上信越・中央線編』ほおずき書籍、2003年12月。ISBN 978-4434036859。
  • 『九十九里鉄道 - 潮騒の浜へゆくキドー』ネコ・パブリッシング〈RM LIBRARY 37〉、2002年8月。ISBN 978-4873662800。
  • 『岬へ行く電車 - 銚子電気鉄道77年のあゆみ』東京文献センター、2001年6月。ISBN 978-4925187213。
  • 『ちばの鉄道一世紀』崙書房、1996年7月10日 第1刷発行。ISBN 978-4845510276。

共著

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1996年時点 --「著者略歴」『ちばの鉄道一世紀
  2. ^ 『京成らいん』2012年11月号
  3. ^ 新編・川蒸気通運丸物語』p130
  4. ^ a b 白土貞夫「刊行によせて」『遠い日の鉄道風景』p1
  5. ^ 『京成らいん』2012年11月号

参考文献[編集]

(著者・編者の五十音順)

  • 白土貞夫『ちばの鉄道一世紀』崙書房、1996年7月10日 第1刷発行、1996年10月15日 第2刷発行。ISBN 978-4845510276。
  • 宮田憲誠『遠い日の鉄道風景:明治のある日人車や馬車鉄道が走り始めた』径草社、2001年12月8日 発行。- 国立国会図書館 蔵。
  • 山本鉱太郎『新編・川蒸気通運丸物語 - 利根の外輪快速船』崙書房、2005年3月10日 発行。ISBN 978-4845511075。