白川亨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

白川 亨(しらかわ とおる、1927年 - 2012年)は、日本の歴史研究家。石田三成の研究で著名。

略歴[編集]

さいたま市在住。石田三成直系の末裔の一人(本人談では三成次男・石田重成の子孫という)。会社役員退職後の1988年から石田三成、及びその家系の研究を始め、「淀殿と三成は疎遠」「高台院と三成は親密」など通説とは異なる数々の新説を発表している。それらの説は学界の定説になるには至っていない。

著書[編集]

  • 石田三成の生涯 (1995年1月 新人物往来社 ISBN 978-4404021793)
  • 石田三成とその一族 (1997年12月 新人物往来社 ISBN 978-4404025500)
  • 奥羽・津軽一族 (2000年6月 新人物往来社 ISBN 978-4404021793)
  • 石田三成とその子孫 (2007年12月 新人物往来社 ISBN 978-4404035097)