白川郷インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
白川郷インターチェンジ
Shirakawagou-IC.08.7.15.JPG
白川郷インターチェンジ(入口料金所)
所属路線 E41 東海北陸自動車道
IC番号 14
料金所番号 01-246
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0156.svg 白川郷 岐阜白川
起点からの距離 142.2 km(一宮JCT起点)
(1.3 km) 白川PA
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0156.svg国道156号
供用開始日 2002年平成14年)11月16日
通行台数 2,786台/日(2007年10月度)
所在地 501-5629
岐阜県大野郡白川村鳩谷
テンプレートを表示

白川郷インターチェンジ(しらかわごうインターチェンジ)は、岐阜県大野郡白川村東海北陸自動車道上にあるインターチェンジ (IC) である。仮称は白川ICとされていた[1]

合掌集落の景観保護の点から東海北陸道の本線が山中の高い位置に作られたため、料金所から国道156号現道の「白川郷IC口交差点」まで約2 kmほどある。ただし、料金所を直接結ぶ事実上の取り付け道路も、国道156号(白川バイパス)であり、かつ白川バイパスの支線である。

なお清見ICと当ICの間には、危険物積載車両通行禁止のトンネルがあるため、金沢・富山方面から来た当該車両はこのICで降りる必要がある。

土地利用の関係で下り線出口と下り線入口が交差点になっているが、信号機が設置されてないため、一時停止する必要がある。

道路[編集]

料金所[編集]

  • ブース数 : 4

入口[編集]

  • ブース数 : 2
    • ETC専用 : 1
    • ETC/一般 : 1

出口[編集]

  • ブース数 : 2
    • ETC専用 : 1
    • ETC/一般 : 1

接続する道路[編集]

周辺情報[編集]

観光地[編集]

温泉[編集]

道の駅[編集]

施設[編集]

  • 白川村役場
  • トヨタ白川郷自然学校

平瀬温泉・御母衣ダム方面[編集]

[編集]

E41 東海北陸自動車道
(13)清見IC - 河合PA - トンネル - (14)白川郷IC - 白川PA - 椿原橋 - 椿原トンネル - (15)五箇山IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 上平村ふるさとメール7号”. 北日本新聞社 (2002年8月8日). 2004年3月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年2月22日閲覧。

関連項目[編集]