白昼の死角

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

白昼の死角』(はくちゅうのしかく)は、高木彬光推理小説1959年5月1日から1960年4月22日まで『週刊スリラー』に連載された(連載中は『黄金の死角』)。1960年、カッパ・ノベルス光文社)刊行。

1979年に映画化、テレビドラマ化されて話題となった(テレビドラマは1963年版もある)。

概要[編集]

鶴岡七郎を主人公としたピカレスクロマン

小説前半の太陽クラブ立ち上げの部分は、実在の事件である光クラブ事件がベースとなっているが、後半の鶴岡の犯罪記録は実在の人物からの取材を基としたオリジナルの物語となっている。

作中、自作『幽霊西へ行く』を引き合いに出している箇所があるが、同作を枕にしている作品として、『読売新聞』1959年5月24日発表の短編『公使館の幽霊』がある。この作品は鶴岡が本作で行った詐欺事件のひとつの原型である(本作での公使館の事件が語られるのは『週刊スリラー』1960年2月19日号から)。

あらすじ[編集]

戦争帰りの東大法学部生らを中心とする学生金融会社「太陽クラブ」の残党である鶴岡は、法律の盲点(死角)を突き、手形詐欺などを働く。鶴岡の手法は、事前に十分な情報を収集し、「一滴の血も流さず」に行うもの(本人いわく、「イチかバチかの博打ではない」)。しかし、犯罪の成功によって、犠牲者も現れてくる(手形をパクられた被害者ばかりでなく、友人、妻、愛人も不幸になっていく)。残された鶴岡は…。

書誌情報[編集]

  • 新書判:1960年6月1日発売、光文社(カッパ・ノベルス)、ISBN 978-4-3340-2006-4
  • 文庫判
    • 1976年10月1日発売、角川文庫、ISBN 978-4-3347-3926-3
    • 2005年8月1日発売、光文社文庫(新装版)、ISBN 978-4-3347-3926-3

作品の評価[編集]

映画[編集]

白昼の死角
監督 村川透
脚本 神波史男
原作 高木彬光
製作 角川春樹
橋本新一(プロデューサー)
出演者 夏木勲[3]
竜崎勝
千葉真一
天知茂(特別出演)
音楽 宇崎竜童
主題歌 ダウン・タウン・ブギウギ・バンド「欲望の街」
撮影 仙元誠三
編集 祖田冨美夫
製作会社 東映東京
配給 東映
公開 日本の旗 1979年4月7日
上映時間 154分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 6億1000万円[4]
テンプレートを表示

1979年4月7日公開。東映東京製作所製作、東映配給[5]。上映時間154分。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

太陽クラブのメンバー[編集]

鶴岡の女[編集]

鶴岡の協力者たち[編集]

騙される人々[編集]

利用される人々[編集]

裏社会の人々[編集]

国家権力側の人々[編集]

その他[編集]

ほか

製作[編集]

角川春樹が『人間の証明』(1977年) 『野性の証明』(1978年)で付き合いの生まれた岡田茂東映社長に[6][7]、「独立プロ角川春樹事務所)を離れて、メジャー内部に単独で乗り込んでプロデュースをやってみたい」と頼み[6][8][9][10]、他社からは断られたが[8]、岡田社長から了解を貰い[8]、東映に単独で乗り込み、『悪魔が来りて笛を吹く』(1979年)、本作『白昼の死角』、『魔界転生』(1981年)の3本をプロデュースした[6][8][11][12][13][14][15]。角川自身、「角川春樹事務所を離れて」と話しているため[6]、その3本は角川映画ではなく、東映映画である[6]。角川映画の番頭だった古澤利夫(藤峰貞利)は、「春樹さんはプロデューサーとして参加していますが、製作の主導は東映です」と述べている[14]

映画の製作が最初に報道されたのは1978年春[16]。当時の『キネマ旬報』には、『白昼の死角』の映画化を考えているのは東映で[16]、「角川書店が"高木彬光フェア"を予定していることから提携も方法も考えている」と書かれており[16]、最初から東映の企画だったのかも知れない。また「主役には「渡哲也を候補にしている」と書かれている[16]。ワタリは『人間の証明』でも最初の主役候補だった。1978年10月の複数の文献には「主役は松方弘樹」と書かれている[17][18]。松方は1974年のNHK大河ドラマ勝海舟』で知り合った仁科明子との不倫スキャンダルマスメディアに大きく取り上げられたが、松方が前妻と1978年7月に離婚したことから、松方+芸能活動を休止していた仁科を芸能界にカムバックさせようという動きが伝えられ、松方の後見人・岡田茂東映社長や角川春樹からオファーされたが[17][18]、松方が難色を示し流れていた[17][18]

脚本神波史男は「元々の原作が長くてシナリオを切るのに往生こいた」などと話している[19]

1978年12月30日、東京帝国ホテル記者会見が行われた[11][13]。席上、角川春樹が「高木彬光氏の原作は2000万部売れており、氏は"角川第三の男"です。氏の作品は昔、大映で『密告者』が映画化されて以来のものですが、いい作品になればと思っています」などと話した[11]。高木は「小説を書きだして31年位になりますが、『白昼の死角』程の悪党を書いたことはないです。これまで映画化の企画があり、こんな悪党をスクリーンで見せられないという理由で潰れてきただけに、今回の話はうれしいです」などと話し[11][13]村川透監督は「今までは3000万円映画しか撮ったことがなかったので、今回の製作費7億円には、ケタが大きすぎるので実感がわきません」などと話した[11]。東映で初めて大作を任され[12]、豪華俳優を使うことに興奮したという[12]島田陽子は「この作品で清純派のレッテル返上です。第一、私自身は清純派だなんて思っていません」などと話した[13]。後に脱ぎまくる島田であるが、当時は島田が本当に脱ぐのかと話題を呼んだ[13][20]。東映宣伝部は「必ず脱がせます!」と決意を述べた[13]。島田は夏八木勲(当時は夏木勲)との濃厚な濡れ場を演じている[20]。また丘みつ子も当時は家庭的な役が多かったが[12]、鶴岡の妻役とはいえ、かなり激しい濡れ場を演じた[12]

この記者会見の後、東映東京製作所クランクイン[13]。撮影の仙元誠三は、村川監督が誘った[12][21]。仙元は照明に盟友の渡辺三男を推薦したが、当時東映東京製作所は、また組合運動が強くなって来ていた時期で、渡辺から「俺が一人で東映に行っても照明部は動いてくれないよ」と断られた[12][21]。また東映のスタックからかなり抵抗されたという[21]。隅田光一を演じる岸田森焼身自殺のシーンは、岸田が吹き替えなしで本物の炎に包まれ長回しした[12]。仙元は「大作を撮るのは初めてだったからとても印象深い。自分でもよく撮れてると思う」などと話している[12]

高木彬光は、ニセ会社員の応募に応じる役で出演している。年配者なので課長役になるところだったが、「指を詰めている」ために不採用となる、という役どころである。

原作との違い[編集]

  • 原作では探偵小説家が鶴岡と知り合うところから始まるのに対し、探偵小説家の出番はカットされている。
  • 太陽クラブの後始末に関わる部分が飛ばされている。原作では「リンゴの唄」と共に自殺する隅田が「巴里の屋根の下」を口ずさみながらの焼身自殺という派手なオープニングを飾った。東大生グループとして始まる太陽クラブの面々が(当時としては)中年後期という雰囲気のいかつい俳優ぞろいという大胆なキャストも話題を呼んだ。

作品の評価[編集]

興行成績[編集]

岡田茂東映社長は「予想してたよりは結果、客が来なかったですが、6億円台ですから、そんなに転んだシャシンじゃありません。角川春樹さんとの提携は一応の成果を挙げました」などと述べている[22]

角川春樹は、1981年東映発行の『東映映画三十年』で「『悪魔が来りて笛を吹く』『白昼の死角』とも話題性はあり、キャッチフレーズ流行語となり、『悪魔が来りて笛を吹く』の興行は成功したが『白昼の死角』は思ったほど伸びなかった」と述べている[8]

評論[編集]

角川春樹は「『白昼の死角』は、ともすれば原作を生かしきれない映像が多々ある中で、私個人は満足する出来ばえだった。マイナー映画の鬼才村川透を監督に、宇崎竜童を音楽に、バイプレイヤーの夏木勲を主役に起用しただけに、密度の濃い作品に仕上がったと思う。一方、社内の機構で映画を作ったことがないだけに、多くの人に迷惑をかけ、当方も苦い思いを味わった。しかし今後の映画作りの方向の中で、宣伝、配給、興行が一体となって、一つのプロジェクト・チームを作らない限り、今後一つの作品をきちっと成功させることは出来ないような気がする」などと述べている[8]

ソフト状況[編集]

  • ビデオ化は過去にVHS版でリリースされている。併せてレンタルも存在した。初のDVD2012年3月東映より、セル / レンタル盤がリリースされた。

テレビドラマ[編集]

1963年[編集]

1963年5月1日から6月26日にフジテレビ系で放送された。放送時間は水曜22時15分 - 22時45分。

スタッフ[編集]

  • 演出:福中八郎

キャスト[編集]

ほか

フジテレビ 水曜22:15 - 22:45枠
前番組 番組名 次番組
大番
(ドラマ版)
白昼の死角

1979年[編集]

1979年8月4日から9月29日に毎日放送制作・TBS系で放送された(全9回)。  

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ほか

備考[編集]

  • 福永検事役の天知茂と川前工業・五十畑専務役の田崎潤は、映画と同じ配役となっている。
  • 主題歌も映画と同じものが使われている。
  • ラストは原作(映画)と違っている。
  • 太陽クラブ4人組は映画版より平均年齢が5つほど若く、ぎりぎり30代前半におさまっている。とはいえ、30歳で中年と呼ばれた時代であり、大学生には見えにくい。
TBS 土曜22時台(当時は毎日放送の制作枠。一部地域を除く。)
前番組 番組名 次番組
高木彬光シリーズ・検事霧島三郎
(第3部「密告者」)
高木彬光シリーズ・白昼の死角
黒岩重吾シリーズ・女の樹林

脚注[編集]

  1. ^ 他の高木作品では、『刺青殺人事件』が10位、『人形はなぜ殺される』が32位、『成吉思汗の秘密』が46位に選出されている。
  2. ^ 他の高木作品では、『人形はなぜ殺される』が28位、『刺青殺人事件』が32位に選出されている。
  3. ^ a b 夏木勲は1978年から1984年の間に用いた芸名で、以降は本名の夏八木勲で活動した。
  4. ^ 中川右介「資料編 角川映画作品データ 1976 - 1993」『角川映画 1976 ‐ 1986 日本を変えた10年』角川マガジンズ、2014年、281頁。ISBN 4-047-31905-8。
  5. ^ 白昼の死角”. 日本映画製作者連盟. 2021年5月6日閲覧。
  6. ^ a b c d e 「岡田茂をめぐる七人の証言 角川春樹『最後の頼みの綱という心強い存在』」『キネマ旬報』2011年7月上旬号、キネマ旬報社、 63-64頁。
  7. ^ “角川春樹氏、思い出語る「ひとつの時代終わった」…岡田茂氏死去(archive)”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2011年5月10日). オリジナルの2011–05–28時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20110528133933/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/obit/news/20110510-OHT1T00006.htm 2021年5月6日閲覧。 岡田茂『悔いなきわが映画人生 東映と、共に歩んだ50年』財界研究所、2001年、182-183頁。ISBN 4-87932-016-1。文化通信社編『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』ヤマハミュージックメディア、2012年、109、352-365頁。ISBN 978-4-636-88519-4。「追悼特集プロデューサー、岡田茂 不良性感度と欲望の帝王学 岡田茂論 文・高崎俊夫」『東映キネマ旬報 2011年夏号 vol.17』2011年8月1日、東映ビデオ、 5頁。岡田茂角川春樹斎藤守慶「対談『映画産業は甦ったか』」『週刊東洋経済』1977年11月、12月号、東洋経済新報社、 62-69頁。松田政男「アイデアが燃えあがる日」『シナリオ』1978年1月号、日本シナリオ作家協会、 110頁。
  8. ^ a b c d e f 東映株式会社映像事業部(企画・編集)「MY TOEI 三者一体になった映画作り 文・角川春樹」『東映映画三十年 あの日、あの時、あの映画』東映、1981年、201頁。
  9. ^ “東映が角川春樹の製作で『悪魔が来りて...』製作”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 5. (1978年7月15日) 
  10. ^ 角川春樹清水節『いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命』角川春樹事務所、2012年、82-84頁。
  11. ^ a b c d e 石崎純「記者会見 『白昼の死角』」『キネマ旬報』1979年2月上旬号、キネマ旬報社、 177頁。
  12. ^ a b c d e f g h i 山本俊輔+佐藤洋笑「キャメラを抱いて走れ 仙元誠三回想録 第22回 燃え盛る炎と伝説の長回し 『白昼の死角』」『映画秘宝』2018年8月号、洋泉社、 100頁。
  13. ^ a b c d e f g 「POST 『愛欲シーンも辞さず…』 島田陽子が角川映画で"脱皮"演技」『週刊明星』1979年1月14日号、集英社、 59頁。
  14. ^ a b 古澤利夫『映画の力』ビジネス社、2019年、375–377。ISBN 9784828420769。
  15. ^ 【今だから明かす あの映画のウラ舞台】角川編(上) 『人間の証明』『野生の証明』… 春樹流メディア戦略の始まり 潤沢な宣伝費で大量の新聞広告 (1/2ページ)
  16. ^ a b c d 八森稔「新作情報」『キネマ旬報』1978年5月下旬号、キネマ旬報社、 177頁。
  17. ^ a b c 「仁科明子が"夫"松方弘樹と共演!?」『週刊文春』1978年10月12日号、文藝春秋、 23頁。
  18. ^ a b c 「ニュース・メーカーズ" 夫唱婦随"で慰謝料稼ぎ大作戦!? 仁科明子の"復帰第一作"は松方と共演」『週刊ポスト』1978年10月13日号、小学館、 43頁。
  19. ^ 責任編集・荒井晴彦「この悔しさに生きてゆくべし ぼうふら脚本家 神波史男の光芒」『映画芸術 2012年12月増刊号』、編集プロダクション映芸、2012年、 344–345。
  20. ^ a b 「誌上鑑賞『当世美女は3人陽子だ』とまでいわれたこの見事な脱ぎっぷり」『週刊ポスト』1979年3月2日号、小学館、 34–36。
  21. ^ a b c talk & interview - _... moment ...._: 仙元誠三
  22. ^ 文化通信社編『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』ヤマハミュージックメディア、2012年、132頁。ISBN 978-4-636-88519-4。

関連項目[編集]