白板 (松本市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 長野県 > 松本市 > 白板 (松本市)
白板
—  町丁  —
JR北松本駅アルプス口
白板の位置(長野県内)
白板
白板
白板の位置
座標: 北緯36度14分16.4秒 東経137度57分26.8秒 / 北緯36.237889度 東経137.957444度 / 36.237889; 137.957444
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Nagano Prefecture.svg 長野県
市町村 Flag of Matsumoto, Nagano.svg 松本市
人口 (2018年(平成30年)10月1日現在)[1]
 - 計 845人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 390-0863[2]
市外局番 0263 (松本MA)[3]
ナンバープレート 松本
※座標はエプソンミズベ松本工場付近
白板の位置

白板(しらいた)は長野県松本市の地名。松本市街地の西側の地区にあたる。現行行政地名は白板1丁目及び白板2丁目。住居表示実施済み[4]郵便番号390-0863[2]

地理[編集]

北松本駅エプソンの事業所がある。西側に田川が、南側に女鳥羽川が通っている。また中央に内環状北線が、西端に国道19号が通っている。内環状北線は計画・建設中の内環状線の一部で、2000年(平成12年)に北松本駅の立体交差化と同時に整備された。整備される以前は渋滞が起こり狭く通りにくい道だったが、整備されて以降は4車線となり市内の渋滞緩和に一役買っている。通りの裏には住宅が多い。近年はマンションが建ち始めている。俗地名として巾北、宮本、折井町などがある。

歴史[編集]

江戸時代には白板村を形成し、現在の大手の一部も含まれていた。1832年天保3年)から松本と犀川下流の長野市信州新町で結ぶ犀川通船が運航を開始し、白板村に松本側の発着所が設けられた。これは、庄屋の折井家がこの村にあったからである。

沿革[編集]

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)10月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
白板1丁目 333世帯 621人
白板2丁目 110世帯 224人
443世帯 845人

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

主な施設[編集]

  • 松本年金事務所
  • 松本市白板保育園
  • セイコーエプソン松本事業所
    • エプソンミズベ松本工場

関連項目[編集]

  • 白板 - 曖昧さ回避のページ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 松本市の人口 - 世帯数大字町丁別人口・世帯数 - 月次別 最新”. 松本市 (2018年10月1日). 2018年10月8日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年9月26日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年9月26日閲覧。
  4. ^ 住居表示実施状況 - 松本市 (2016年2月10日). 2018年10月8日閲覧 (PDF)
  5. ^ 住居表示実施状況 (PDF) - 松本市