白浜温泉 (千葉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Hot springs 001.svg 白浜温泉
View of Nojimazaki-Lighthouse 1.jpg
野島埼から見た白浜温泉郷(リゾートホテル)
温泉情報
所在地 千葉県南房総市
交通 公共交通:JR館山駅千倉駅より路線バス、JR東京駅より房総なのはな号・JR千葉駅より南総里見号高速バス
泉質 塩化物泉
泉温(摂氏 17 - 23 ℃
外部リンク 南房総温泉郷 南房総市温泉組合
テンプレートを表示

白浜温泉(しらはまおんせん)は、千葉県南房総市にある南房総温泉郷の一つ[1][注 1]。通称は南房総白浜温泉郷[2][注 2]。白浜温泉・白浜飯田屋温泉・白浜野嶋温泉[注 3]・白浜女来島温泉・白浜湯元温泉・元湯白浜温泉・南房総白浜温泉・へいすけ温泉[注 4](乙浜温泉)の総称[3][注 5]。白浜南国温泉を含むこともある[2]海岸沿いは南房総国定公園に指定されている。

泉質[編集]

以下、日本温泉協会認定の温泉別泉質[3]

白浜温泉 塩化物泉
白浜飯田屋温泉
白浜野嶋温泉
白浜湯元温泉
元湯白浜温泉
南房総白浜温泉
へいすけ温泉
白浜女来島温泉 その他(弱食塩泉)

温泉街[編集]

房総半島および関東地方伊豆諸島小笠原諸島を除く)の最南端、太平洋に面し年間を通して温暖な太平洋側気候に恵まれており、遠くには伊豆七島を眺望できる景勝地に位置する。海岸沿いは南房総国定公園に指定されている。

周辺は海水浴場別荘地レジャー施設、マリンリゾートが多く並び、観光地避暑地となっている。また、気候が温暖なことから花卉栽培も盛んで花畑が多い。

野島崎の近辺に複数の宿泊施設が存在し、特にリゾートホテルが中心である。日帰りのみの温泉施設もあるが、多くは旅館・ホテルに温泉施設が設置されたものである。なお、南房総白浜温泉には足湯施設なども存在する。

源泉名や宿泊施設での呼称によって温泉名称が異なり、旧白浜町西端の南房総白浜温泉、白浜海岸沿いの白浜飯田屋温泉・白浜野嶋温泉・白浜女来島温泉・白浜湯元温泉・元湯白浜温泉・白浜野島(野嶋)温泉・白浜女来島温泉・白浜南国温泉・へいすけ温泉・乙浜温泉、背後の房総丘陵から湧出する白浜温泉などが存在する。そのため、近隣の温泉を併せて「白浜温泉郷」と呼称されることもある。

歴史[編集]

第二次世界大戦後1950年代中期(昭和30年代)に入ると高度経済成長を背景に温泉掘削が増え始め、1954年(昭和29年)には当時の千倉町白浜町館山市など、主に南房総地域で温泉掘削が許可された[4]

太平洋岸は南房総の観光中心地域でもあり、温泉開発への投資が活発であったことから現在の温泉郷へと至る。

交通[編集]

安房白浜駅(バスターミナル)

公共交通機関[編集]

施設などによって最寄りは異なるが、バスターミナル安房白浜駅(安房白浜)」が主な最寄りとなる。

  • 館山日東バス
    • 館山駅 - 南総文化ホール前 - 安房地域医療センター - 九重駅前通り - 安東 - 千倉駅 - 寺庭 - 平館車庫 - 安房平磯 - 白間津 - 乙浜 - 安房白浜
    • 館山駅 - 南総文化ホール前 - 安房地域医療センター - 九重駅前通り - 安東 - 千倉駅 - ゆらり - 平館車庫 - 安房平磯 - 白間津 - 乙浜 - 安房白浜

高速バス[編集]

自動車[編集]

  • 駐車場
    • 無料駐車場「白浜野島崎公園駐車場」を始め、海水浴場周辺や各施設ごとに駐車場有

周辺情報[編集]

野島埼灯台
野島埼灯台
道の駅「白浜野島崎」
道の駅「白浜野島崎」
アロハガーデンたてやま(道の駅南房パラダイス内)
アロハガーデンたてやま(道の駅南房パラダイス内)

名所・旧跡[編集]

近隣の温泉[編集]

祭事・催事[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 南房総温泉郷は南房総市温泉組合での総称
  2. ^ 南紀白浜温泉との混同を避けるために使用されていることが多い
  3. ^ 白浜野島温泉とも
  4. ^ へいすけ源泉、白浜温泉へいすけ温泉とも
  5. ^ 源泉名や宿泊施設での呼称によって名称が異なるため

出典[編集]

  1. ^ a b 南房総温泉郷 | 南房総市温泉組合”. minamiboso-onsen.com. 2019年4月25日閲覧。
  2. ^ a b 千葉県の温泉ガイド - 温泉の歩き方”. 地球の歩き方. 2019年4月25日閲覧。
  3. ^ a b 温泉地検索 | 日本温泉協会” (日本語). 一般社団法人 日本温泉協会 ~温泉名人~. 2019年4月25日閲覧。
  4. ^ 千葉県における温泉地の地域的展開http://www5.jiu.ac.jp/books/bulletin/2008/tour/04_yamamura.pdf
  5. ^ “最南端の石碑 観光客に人気 白浜の野島崎灯台”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 26. (1989年5月24日) 
  6. ^ “明治2年初点灯記念し野島埼灯台まつり 初の開催来月18・19日 催し多催”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 26. (1992年11月27日) 
  7. ^ “愛称は「きらりん館」 白浜の野島崎灯台資料展示室”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 15. (1998年2月6日) 
  8. ^ “長尾藩陣屋跡の遺構確認 絵図面通りの様式 白浜町で埋蔵文化財発掘調査”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 15. (2000年11月1日) 
  9. ^ “観光客のオアシスに 「白浜音頭発祥の地公園」お目見え あす、記念碑の除幕式”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 15. (2001年9月28日) 
  10. ^ “海の安全と豊漁を祈願 白浜海女まつり開幕”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 15. (2000年7月21日) 
  11. ^ “八犬伝伝説 観光の目玉に 南房の秋、里見まつりで”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 15. (1993年9月20日) 
  12. ^ “趣向凝らした演出 華麗な時代絵巻 館山と白浜で盛大に里見まつり”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 15. (1993年10月18日) 
  13. ^ “白浜音頭全国大会 86歳から3歳まで 自慢ののど披露 きょう知事ら招き決戦会”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 15. (1992年9月27日) 
  14. ^ “白浜音頭全国大会 初代日本一に茂原の沖さん 沼田知事招き盛大に”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 15. (1992年9月28日) 
  15. ^ “白浜音頭の日本一争う 一般の部は茂原の沖さんが一位”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 23. (1992年9月29日) 
  16. ^ “白浜音頭日本一競う 26・27日白浜町で 「のどに覚え」の222人”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 26. (1992年9月22日) 
  17. ^ “最後の大会、盛大に 白浜音頭全国大会 自慢ののど競う 全国から295人参加”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 17. (2009年9月27日) 

関連項目[編集]