白潮 (朝鮮の雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
白潮
各種表記
ハングル 백조
漢字 白潮
発音 ペクチョ
日本語読み: はくちょう

白潮』(1922‐1923)は朝鮮の文芸雑誌。


概要[編集]

創刊号は1922年1月9日に発行される。編集者は洪思容、発行人はアメリカ人アペンゼラー(Henry Dodge Appenzeller、亜扁薛羅)、発行所は文化社、定価1冊60銭、142ページ。第二号は1922年5月25日に発行される。編集人は洪思容、発行人はアメリカ人のボイス夫人、発行所は文化社、定価70銭、152ページ。第三号は1923年9月6日に発行される。編集人は朴鍾和、発行人はロシア人のフェルヘロ、発行所は白潮社、定価90銭、216ページ。

創刊当時の同人は洪思容朴鍾和、朴英熙、羅稲香玄鎮健、盧子泳、鄭栢、崔承一。表紙の絵は安碩柱が担当した。鄭栢、崔承一は同人であるが『白潮』に掲載された作品はない。2号に李光洙、3号に金基鎮、方定煥が加わる。同人結成当時、朴鍾和、洪思容は徽文義塾の学生であり、朴英熙、羅稲香らは培材学堂の学生であり、その他同人達も20代前後の若い青年達であった。その資金運営は厳しく、後援者の金徳基、洪思中の協力を得て、構想から4年かけて出版にこぎつけた。当初は『白潮』を文芸雑誌とする一方、思想雑誌として『黒潮』を出版する予定であったが、これは実現されなかった。発行人に外国人を求めたのは、朝鮮人の発行であると日帝当局の事前検閲を受けるが、外国人の発行の場合、それを免れることができたためである。

『白潮』は3号を持って廃刊となるが、朝鮮文学史上、『創造』『廃墟』『朝鮮文学』『霊台』等と並ぶ純文学雑誌として大きな貢献を果たした。

作品[編集]

浪漫主義文学が主である

創刊号[編集]

  • 「密室へ行く」(、朴鍾和)
  • 「末世の欷嘆」(詩、李相和)
  • 「若者の時代」(小説、羅稲香)

第二号[編集]

  • 「星を抱けば泣かない」(小説、羅稲香)
  • 「蹂躙」(小説、玄鎮健)
  • 「夢の国へ」(詩、朴英熙)
  • 「春は行ったのです」(詩、洪思容)
  • 「黒房悲曲」(詩、朴鍾和)

第三号[編集]

  • 「私の寝室へ」(詩、李相和)
  • 「流れる水をつかんで」(詩、洪思容)
  • 「私は王である」(詩、洪思容)
  • 「それはすべて夢だったが」(詩、洪思容)
  • 「女理髪師」(小説、羅稲香)
  • 「首をくくられる女」(小説、朴鍾和)
  • 「死より痛い」(戯曲、朴鍾和)

関連項目[編集]