白瀧あゆみ杯争奪戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

白瀧あゆみ杯争奪戦(しらたきあゆみはいそうだつせん)は、日本将棋連盟が主催し、白瀧呉服店が後援する将棋女流棋戦2006年度創設の非公式戦で、決勝は例年10月に白瀧呉服店店内で行われる。

大会概要[編集]

「日本将棋連盟本部(東京・将棋会館)に所属する関東在住の若手女流棋士を中心とする8名によるトーナメント方式」が原則であるが、年度によって参加資格の変動が大きい。

  • 第1回(2006年):「U-20女流トーナメント」として参加が20歳以下に限定され、女流棋士6名と選抜された女流育成会員・女性アマチュア選手(各1名)が出場した。
  • 第2回(2007年)、第3回(2008年):若手女流棋士のみ8名、年齢制限撤廃
  • 第4回(2009年):「新人登竜門戦」として若手女流棋士6名と男性棋士2名が参加し、男性棋士と女流棋士との対戦は男性棋士の角落ち戦で行われた。
  • 第5回(2010年):第1回以来のアマチュア選手(1名)参加、男性棋士が1名に減り、若手女流棋士6名と計8名が参加。
  • 第6回(2012年)、第8回(2014年):女流棋士6名と女性アマチュア選手2名の計8名が参加。
  • 第7回(2013年):女性奨励会員(2名・女流タイトル保持者含む)が初参加、女流棋士4名と女性アマチュア選手2名の計8名が参加。
  • 第9回(2015年):女流棋士6名、女性奨励会員1名、女性アマチュア選手1名の計8名が参加。
  • 第10回(2016年):東急百貨店将棋まつりの50回記念特別企画として「最強者決定戦」とし、女流タイトル保持者・経験者を含む女流棋士6名と女性奨励会員2名が参加。
  • 第11回(2017年):女流棋士7名、女性アマチュア選手1名の計8名が参加。
  • 第12回(2018年)、第13回(2019年):女流棋士6名、女性アマチュア選手2名の計8名が参加。

持ち時間対局時計使用で、1回戦と準決勝は各15分(使い切ったら1手30秒未満)、決勝は各1時間(使い切ったら1手60秒未満)である。

なお、2011年は開催されなかった。

その他[編集]

  • 棋戦名の「白瀧あゆみ」は、白瀧呉服店の若女将の本名であり、また将棋の駒の「」という意味も持たせて命名された。社長の白瀧五良が将棋ファンである縁から創設された。
  • スポンサーで決勝の会場でもある白瀧呉服店は練馬区にある嘉永六年(1853年)創業の、東京で一番大きい呉服店である。
  • 決勝進出の2名にはカップと賞金が贈られるとともに、優勝者にはセット、準優勝者には浴衣セットが授与される。
  • 1回戦の全4局は、毎年8月に開催されている東急東横店将棋まつりの一環として、浴衣姿での公開対局で行われるのが恒例となっている[1]
  • 第1回(2006年)の1回戦では、小学6年生の加藤桃子アマ(直後に奨励会に入会。5年後、奨励会員のまま第一回女流王座戦で優勝しタイトルホルダーとなる)が貞升南女流2級(当時、以下段級位について同じ)を破って話題となった。また第5回(2010年)には同じく小学6年生の竹俣紅アマ(2年後に女流プロ入り)が熊倉紫野女流初段と鈴木環那女流初段を破って決勝戦に進出した。

歴代決勝結果[編集]

段級位は対局当時のもの。

対局日 優勝 準優勝
1 2006年10月8日 上田初美女流初段 坂東香菜子女流2級
2 2007年10月7日 中村真梨花女流初段 鈴木環那女流初段
3 2008年10月12日 中村真梨花女流初段 山口恵梨子女流2級
4 2009年10月12日 田中悠一四段 山口恵梨子女流1級
5 2010年10月3日 永瀬拓矢四段 竹俣紅アマ
6 2012年10月7日 藤田綾女流初段 相川春香女流3級
7 2013年10月12日 伊藤沙恵奨励会1級 竹俣紅女流2級
8 2014年10月5日 和田あき女流2級 室谷由紀女流初段
9 2015年10月12日 西山朋佳奨励会二段 伊藤沙恵女流二段
10 2016年9月25日 相川春香女流初段 西山朋佳奨励会三段
11 2017年10月8日 渡部愛女流初段 塚田恵梨花女流1級
12 2018年10月7日 塚田恵梨花女流1級 藤井奈々女流2級
13 2019年10月6日 山根ことみ女流初段 加藤桃子女流三段

脚注[編集]

  1. ^ ただし第2回(2007年)では、1回戦ではなく準決勝の2対局が行われた。