白田佳子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

白田 佳子(しらた よしこ)は、日本会計学[1]。専門は、企業倒産予知[2]経営分析。倒産予知モデルSAF2002モデルの開発者。博士(経営学)(筑波大学)。東京都出身。海外ではCindy Yoshiko Shirataの通称で知られている。なお、近年の中東では、SAF2002モデルをOhlson Model(オルソンモデル)と対比した論文等が発表されている(Jouzbarkand et al.(2012) [3] 、Jouzbarkand et al.(2013) [4] 、Abbaskhani(2012)[5] 、 Ghodrati & Moghaddam (2012) [6][7])。また、SAF2002モデルは、国内での学術論文 [8] [9] や、ディスカッションペーパーでは企業評価モデルの代替として引用されている [10] [11]。元筑波大学教授(会計学)。2017年4月より筑波学院大学客員教授、および茨城大学立正大学非常勤講師

経歴[編集]

女子学院高等学校日本大学経済学部経済学科卒業。筑波大学大学院経営・政策科学研究科企業科学専攻修了。修士(経営学)、博士(経営学)(筑波大学)

日本航空(株)国際線客室乗務員、企業経営、スポルディング・ジャパン(株)社長付、帝国データバンク(株)副社長付、(株)ヘキストジャパン高機能材料部、中央クーパース・アンド・ライブランドコンサルティング(株)マネージングアソシエイツを経て、1996年筑波技術短期大学助教授、2001年日本大学助教授、2002年教授。2005年芝浦工業大学大学院工学マネジメント研究科教授。2007年筑波大学大学院ビジネス科学研究科教授。2010年ドイツ ミュンヘン大学客員教授。2012年イギリス シェフィールド大学Management School客員教授。2015年政大学イノベーション・マネージメント研究センター客員研究員。2017年4月より筑波学院大学客員教授。

参議院国土交通調査室客員調査委員、都市基盤整備公団施設評価委員会委員、日本学術振興会研究事業部科学研究費専門委員、、日本学術会議第20期連携会員、第21期~第22期会員・第一部経営学委員長(2008年10月~2014年9月)、日本学術会議幹事(2011年4月~2012年10月)、日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員、国際事業委員会書面審査委員、日本規格協会JIS X 7207拡張可能な事業報告言語(XBRL)2.1改正原案作成委員会(本委員会)委員、アジア学術会議事務局長(2011年~2014年)、国土交通省国土審議会不動産鑑定評価部会委員、国土交通省土地鑑定委員会委員。2008年~2009年(株)アデランスホールディングスの取締役、監査役、2011年~2015年エステー(株)の社外取締役、2017年~2018年国立研究開発法人建築研究所監事を歴任。

Marquis Who's Whoが出版するWho's Who in the World更には、Who's Who in Finance and Business、Who's Who in the Asiaには日本の会計学者として掲載されている[12]

2018年6月現在、東京国税局土地評価審議会会長、法務省法制審議会委員、Asia-Pacific Conference on International Accounting Isseues日本代表理事、American Accounting Association, Strategic Emerging Technology Section, International Coordinators (Asia) 。東証一部上場 菱電商事(株)、ウィン・パートナーズ(株)、宝印刷(株)の取締役(社外)、及び(株)海交通・都市開発事業支援機構 取締役(社外)。


日本経営分析学会賞、日本リスクマネジメント学会賞、日本リスク・プロフェッショナル学会賞を受賞。2009年筑波大学BEST FACULTY受賞。

Marquis Who's Who 「2017 Albert Nelson Marquis Lifetime Achievement Award」受賞[13][14]

早稲田大学元教授の故加古宜士に師事。

略歴[編集]

1996年4月 - 2001年3月 : 筑波技術短期大学情報処理学科 助教授

2001年4月 - 2002年3月 : 日本大学経済学部 助教授

2002年4月 - 2005年3月 : 日本大学経済学部 教授

2005年4月 - 2007年3月 : 芝浦工業大学大学院工学マネジメント研究科教授

2004年4月 - 2008年3月 : 放送大学客員教授

2007年4月 - 2014年9月 : 筑波大学大学院ビジネスサイエンス系国際経営プロフェショナル専攻教授

2008年9月 - 2014年9月 : 日本学術会議会員 第一部経営学委員会委員長

2011年4月~2012年10月:日本学術会議幹事

2011年10月 - 2014年2月 : アジア学術会議事務局長

2011年6月 - 2015年6月 : エステー株式会社(東証一部上場)取締役(社外)

2011年6月 - 2016年6月 : ピー・シー・エー株式会社(東証一部上場)取締役(社外)

2015年4月 - 2018年3月 : 法政大学イノベーション・マネージメント研究センター客員研究員

2017年7月 - 2018年6月 : 国立研究開発法人建築研究所 監事

2012年6月 - : 法務省法制審議会委員[15]

2015年6月 - : ウィン・パートナーズ(株)(東証第一部)取締役(社外)

2016年5月 - : 東京国税局土地評価審議会会長[16]

2016年6月 - : 菱電商事(株)取締役(社外)

2017年4月 - : 筑波学院大学 客員教授

2017年8月 - : 宝印刷(株)取締役(社外)

2018年6月 - : (株)海交通・都市開発事業支援機構 取締役(社外)

2019年4月 - : 立正大学経済学部 非常勤講師

著書・論文[編集]

主な著書[編集]

  • 「AI技術による倒産予知モデルX企業格付け」(2019年、税務経理協会) ISBN 978-4-419-06598-0
  • 「倒産予知モデルによる格付けの実務」(2008年、中央経済社)ISBN 978-4502397806
  • 「企業倒産予知モデル」(2003年、中央経済社)ISBN 978-4502366307
  • 「倒産予知の実務」(2003年、日本経済新聞社)ISBN 978-4532310998
  • 「XBRLによる財務諸表作成マニュアル(共著)」(2003年、日本経済新聞社)ISBN 978-4532311032
  • 「ベンチャー投資入門塾」(2000年、中央経済社)ISBN 978-4502641718
  • 「企業倒産予知情報の形成」(1999年、中央経済社)ISBN 978-4502350337
  • 「金融革命(翻訳)」(1996年、トッパン)ISBN 978-4810189537

主な論文[編集]

  • 「XBRLによるディスクロージャーの拡充と課題」『會計』 175巻4月号第4号(2009.4)
  • 「テキストマイニング技術を用いた企業評価分析:倒産企業の実証分析」『経営分析研究』 第25号,日本経営分析学会(2009.3)
  • 「リスクマネジメントにおける情報の重要性」『危険と管理』 日本リスクマネジメント学会(2007.3)
  • 「企業再生の実態 -「再生」の落とし穴-」『JICPAジャーナル』(2006.4)
  • 「企業会計制度改革の財務分析への影響」日本経営分析学会『日本経営分析研究』(2005.3)
  • 「企業倒産と事業再生」『TMA NEWS Japan』(2005.7)
  • 「倒産予知におけるディスクロージャー上の課題」『ディスクロージャー・フォーラム』(2004.10)
  • 「会計情報とリスクマネジメント日本経営工学会『経営システム』(2004.7)
  • 「経済環境の変化による企業倒産への影響に関する実証研究」日本経営行動研究学会『経営行動研究年報』(2004.5)
  •  「倒産防止のための監査担当者の役割」日本内部監査協会『監査研究』(2004.5)

出典[編集]

  1. ^ http://jglobal.jst.go.jp/public/200901079161382934
  2. ^ http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/11/14/1372479_01_02.pdf
  3. ^ Jouzbarkand M, V. Aghajani, M.Khodadadi and F. Sameni (2012), Creation Bankruptcy Prediction Model with Using Ohlson Model and Shirata Model. International Proceedings of Economics DevelopmentV54.1:1-5.
  4. ^  Jouzbarkand M., F. S. Keivani, M. Khodadadi and S. R. S. N. Fahim and V Aghajani (2013), The Creation Of bankruptcy prediction model with using Ohlson and Shirata models. Journal of Basic and Applied Scientific Research 3(1):89-93.
  5. ^  Abbaskhani H. (2012), Journal of Basic and Applied Scientific Research 2(6): 6227-6234.
  6. ^  Ghodrati Hassan & Amir Hadi Manavi Moghaddam (2012), A Study of the Accuracy of Bankruptcy Prediction Models: Altman, shirata, Ohlson, Zmijewsky, CA Score, fulmer, Springate, Farajzadeh Genetic, and McKee Genetic Models for the Companies of Stock Exchange of Tehran. American Journal of Scientific Research: 55-67.
  7. ^ [1]
  8. ^ 「企業倒産予知モデルの研究」,2004年度経営情報コース卒業研究論文,会津大学短期大学部産業情報学科
  9. ^ 「倒産予知モデルの検証に関する研究」,修士論文(2005),慶應義塾大学大学院経営管理研究科
  10. ^ Paper No. 90 
  11. ^ 「日本企業の負債政策と税制」PRI Discussion Paper Series (No.09A-06) 
  12. ^ http://bios.marquiswhoswho.com/cindy_yoshiko_shirata/accounting_educator_researcher/3883021
  13. ^ https://wwlifetimeachievement.com/2017/05/19/cindy-yoshiko-shirata/
  14. ^ [2]
  15. ^ http://www.moj.go.jp/content/001145940.pdf
  16. ^ https://www.nta.go.jp/kohyo/katsudou/shingi-kenkyu/tochihyoka/tokyo/pdf/01.pdf