白石直治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
白石直治

白石 直治(しらいし なおじ、安政4年10月29日1857年12月15日[1][2][3] - 1919年大正8年)2月17日[1][2])は、明治から大正時代の土木技術者土木工学者東京帝国大学教授、衆議院議員実業家。旧姓は久家[1][3][4]

経歴・人物[編集]

土佐藩儒で漢学者の久家種平(忘斎)、峰の長男として土佐国長岡郡十市村(現・高知県南国市十市)に生まれ[5]1874年(明治7年)白石栄の養嗣子となる[3][4]。13歳の時、土佐藩校・致道館に学ぶ[5]。母の弟・中島信行の影響により勤王論に刺激され、長州に走ったこともあったが、維新後上京し後藤象二郎家に寄寓する[4]1881年(明治14年)東京帝国大学工科大学土木学科卒業[2][3][4]農商務省を経て、東京府勤務となる[2][3][4]1882年(明治15年)竹内綱の二女・菊と結婚[5]1883年(明治16年)文部省より海外留学を下命され米国に留学[2][3][4]。大学、鉄道会社、橋梁会社などで実務を経験する[2]。さらに欧州へ渡り、ベルリン工科大学などで学び、1887年(明治20年)帰国[2]

帰国後、農商務省御用掛、東京府御用掛を経て、東京帝国大学教授となるが、1890年(明治23年)退官[1][2][3][4]1891年(明治24年)工学博士[4]。実業界入りし、九州鉄道社長、関西鉄道社長、猪苗代水力電気、若松築港、日韓瓦斯電気、日本窒素肥料などの会社重役を歴任[1][2][3][4]。この間、携わった1906年(明治39年)竣工の神戸和田岬の「東京倉庫D号」は、日本初の鉄筋コンクリート造の建物である[4][6][注釈 1]。ほか、当時東洋一の規模を誇った長崎ドライ・ドック1904年竣工)や若松港などの建設にも関与した[1][4]

のち、郷里より推されて1912年(明治45年)の第11回衆議院議員総選挙に出馬・当選し、立憲政友会所属の衆議院議員となり(3回当選)、第35回帝国議会では全院委員長に推挙された[1][2][3][4]。その間、義兄の竹内明太郎と共に四国縦貫鉄道の山田・須崎駅間の鉄道建設に尽力した[5]。のち、1919年(大正8年)土木学会第5代会長となるが、就任後2か月で没した[2][4]

直治南岳と号し詩を嗜んだ[1]

著作[編集]

伝記[編集]

  • 『工学博士白石直治伝』工学博士白石直治伝編纂会、1943年。

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 佐世保港の第一烹炊場や潜水器具庫を日本初のRC造の建築物であるとする資料[6]もある。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『白石直治』 - コトバンク
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 公益社団法人 土木学会 歴代会長紹介、2019年6月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 人事興信所 1915, し30頁.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 20世紀日本人名事典(日外アソシエーツ)『白石 直治』 - コトバンク
  5. ^ a b c d e 高知新聞社 1999, 395頁.
  6. ^ a b コンクリートの起源から構造物築造の変遷 Vol.07|コンクリートの色々|ケイコンブログ|ケイコン株式会社、2019年6月6日閲覧。
  7. ^ 世界大百科事典 第2版(平凡社)『白石直治』 - コトバンク
  8. ^ a b 白石 多士良 | パシフィックコンサルタンツのあゆみ - パシフィックコンサルタンツ株式会社、2019年6月6日閲覧。
  9. ^ a b c 竹内明太郎・白石直治 近現代・系図ワールド 近現代・系図ワールド、2019年6月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所 『人事興信録 第4版』 人事興信所、1915年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1703995 
  • 『高知県人名事典 新版』 高知新聞社、1999年。ISBN 4875032854。