白羽ゆり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
しらはね ゆり
白羽 ゆり
生年月日 (1978-12-28) 1978年12月28日(39歳)
出生地 日本の旗 日本福島県福島市
身長 161・5 cm[1]
職業 女優
ジャンル 舞台・映画・テレビドラマ
活動期間 1998年 -
活動内容 1998年宝塚歌劇団入団
1999年月組に配属
2001年雪組に異動
2005年星組トップ娘役に就任
2006年:雪組トップ娘役に就任
2009年:宝塚歌劇団退団、女優としての活動を開始。
公式サイト

ホリプロ公式プロフィール

白羽ゆりオフィシャルブログ
主な作品
宝塚歌劇
ベルサイユのばら
エリザベート
カラマーゾフの兄弟

テレビドラマ
冬のサクラ
八重の桜
ど根性ガエル
宝塚卒業後の舞台
シェルブールの雨傘
銀河英雄伝説
ピーター・パン (ミュージカル)
備考
宝塚歌劇団卒業生

白羽 ゆり(しらはね ゆり、1978年12月28日[1] - )は日本女優。元宝塚歌劇団星組雪組トップ娘役。84期生

福島県[1]福島市出身[2]ホリプロ所属[1]

略歴[編集]

1996年桜の聖母学院高等学校在学中に、宝塚音楽学校の入学試験に合格して宝塚音楽学校に入学する[2]

1998年、宝塚歌劇団に入団。宙組公演『エクスカリバー/シトラスの風』で初舞台[3]。同期には音月桂(元雪組トップスター)、遠野あすか(元星組トップ娘役)、未涼亜希桐生園加北翔海莉(元星組トップスター)、仙堂花歩千琴ひめか(現・はいだしょうこ)らがいる。

組回り出演では宙組公演『エリザベート』を経て、1999年1月に月組に配属となる。2000年、『BLUE・MOON・BLUE宝塚大劇場公演で花瀬みずか西條三恵叶千佳と共にウサギ役に抜擢される。ベルリン公演の選抜メンバーにも選ばれた。同年『更に狂はじ』で早くもバウホール公演初ヒロイン。2001年雪組へ異動し、2002年『追憶のバルセロナ』で新人公演初ヒロインを果たした。以後雪組の2番手娘役として活動。

2004年より阪急交通社トラピックスのイメージキャラクターに就任。『タカラヅカ・グローリー!!』にてエトワールを務める。

2005年星組へ異動となり、月組時代の先輩である檀れいの退団後、トップスター湖月わたるの相手役として8月15日付けでトップ娘役に就任。全国ツアー『ベルサイユのばら/ソウル・オブ・シバ!!』でのマリー・アントワネット役より舞台を務める。この「ベルサイユのばら」は、韓国公演・本公演でも続演され大役を果たした。

2006年、湖月の退団後、再び雪組へ異動。水夏希の相手役として雪組トップ娘役に就任。人気作『星影の人』の玉勇、『エリザベート』のエリザベート皇后など、大役が続いた。

2007年、1年先輩の彩乃かなみ・同期の遠野あすかとの3人による写真集『Mon Bijou -彩乃かなみ・白羽ゆり・遠野あすか写真集-』発売。

2009年5月31日、『風の錦絵/ZORRO 仮面のメサイア』の東京公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。

退団後は女優として活動をスタートし、テレビドラマ、バラエティにも出演。12月に『シェルブールの雨傘』で退団後初舞台にてヒロインを務め、2010年ホリプロ所属となり、9月にはCM、10月公開の映画『大奥』で映画初出演を果たした。

2013年11月30日に公開されたAAAメンバーの西島隆弘のソロ活動であるNissyの『ワガママ』に出演する。

人物[編集]

3姉妹の末っ子として出生[2]。姉が宝塚のファンで自然と観るようになり、タカラジェンヌを目指した[2]

公演を観ているだけでは飽き足りなくなり、受験しようと決断。福島市内のバレエ教室でレッスンを始めた[2]。以前から歌うことは好きだったが習っていなかった。稽古を始めてからは月1度上京し、そのころ姉が東京で仕事を持っていたため、姉の所に1泊して歌の稽古に通っていたという[4]

芸名は、「羽のようにふわふわした感じ」という意味で決めた[3]

趣味は旅行、好きな花はバラ。好きな食べ物は蜂蜜。 2009年6月に『あったかふくしま観光交流大使』に任命されるなど、出身である福島県のPR活動に参加していることが度々ブログで報告されている。

血液型がA型だとわかったのは星組トップ娘役になる前で、すごくおっとりしているため周りのジェンヌなどには「絶対O型だよ」と言われていたという。

愛犬はトイ・プードルの「ルルー」。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

月組時代[編集]

  • 1999年3 - 4月、『から騒ぎ』 - ピエロ役 (バウホール)
  • 1999年5 - 9月、『螺旋のオルフェ /ノバ・ボサ・ノバ―盗まれたカルナバル―』
  • 1999年7、『ブエノスアイレスの風』 (神戸国際会館こくさいホール・日本青年館)
  • 1999年12月、『プロヴァンスの碧い空』 (シアタードラマシティ)
  • 2000年2 - 4月、『LUNA-月の伝言-/BLUE MOON BLUE』 - ウサギ 役
  • 2000年5月、『更に狂はじ』 - みづのえ 役 ※バウ初ヒロイン (バウホール・日本青年館)
  • 2000年6 - 7月、ドイツ・ベルリン公演『宝塚雪・月・花/サンライズ・タカラヅカ』
  • 2000年9月1・2日、『TCAスペシャル2000-KING OF REVUE』
  • 2000年9 - 11月、『ゼンダ城の虜/ジャズマニア
  • 2001年1 - 2月、『いますみれ花咲く/愛のソナタ
  • 2001年3月、『Practical Joke―ワルフザケってことにしといてくれよ―』 (シアタードラマシティ・赤坂ACTシアター
  • 2001年5 - 7月、『愛のソナタ/ESP!!』
  • 2001年6月1日 - 2日、『TCAスペシャル2001-タカラヅカ夢世紀』
  • 2001年7月11日 - 12日、大空祐飛ディナーショー『Selfish』(大阪新阪急ホテル)

雪組時代[編集]

  • 2001年10月 - 2002年2月、『愛燃える/Rose Gaeden』 - 菫花 役、新人公演/婉華 役(本役:紺野まひる
  • 2001年11月 『Over The Moon―月影瞳クロニクル―』(バウホール)
  • 2002年4月、日生劇場公演『風と共に去りぬ』 - スカーレットII役
  • 2002年5 - 9月、『追憶のバルセロナ/ON THE 5th』 - セシリア 役、新人公演/イサベル 役(本役:紺野まひる)※初ヒロイン(新人公演)
  • 2002年6月6日 - 7日『TCAスペシャル2002-DREAM』
  • 2002年7月17日 - 18日、成瀬こうきディナーショー『smile』(宝塚ホテル)
  • 2002年10 - 11月、バウホール公演『ホップ・スコッチ』 - バーバラ役 ※ヒロイン (バウホール・日本青年館)
  • 2003年1 - 5月、『春麗の淡き光に/Joyful!!』
  • 2003年3月 バウホール公演『恋天狗』 - お八重 役 ※ヒロイン
  • 2003年6月5日 - 6日『TCAスペシャル2003-ディア・グランド・シアター』
  • 2003年8 - 12月、『Romance de Paris/レ・コラージュ』 - パトリシア 役、新人公演/ナディア 役(本役:舞風りら)※ヒロイン
  • 2004年1 - 2月、『Romance de Paris/レ・コラージュ』 - パトリシア 役(中日劇場)
  • 2004年4 - 7月、『スサノオ/タカラヅカ・グローリー!』 - オキノヒメ 役、新人公演/アマテラスオオミカミ 役(本役:初風緑)※エトワール
  • 2004年7月13日、『TCAスペシャル2004「タカラヅカ90-100年への道-」』
  • 2004年9月、日生劇場公演『花供養』 - お与津御寮人 役※ヒロイン
  • 2004年11月 - 2005年2月、『青い鳥を捜して/タカラヅカ・ドリーム・キングダム』 - ブレンダ 役、新人公演/ケイト 役(本役:舞風りら)※ヒロイン

星組・星組トップ娘役時代[編集]

  • 2005年4月29日 - 30日、『TCAスペシャル2005-BEAUTIFUL MELODY BEAUTIFUL ROMANCE』
  • 2005年5 - 8月、『長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ!!』 - 芳蓮 役
  • 2005年6月、羽山紀代美振付家30周年記念ダンシング・リサイタル『ゴールデン・ステップス-1975~2005-』
  • 2005年9月、全国ツアー『ベルサイユのばら/ソウル・オブ・シバ!!』 - マリー・アントワネット 役
  • 2005年11月、韓国公演『ベルサイユのばら/ソウル・オブ・シバ!!』 - マリー・アントワネット 役
  • 2006年1 - 3月、『ベルサイユのばら』 - マリー・アントワネット 役
  • 2006年6月、梅田芸術劇場公演『コパカバーナ』 - サマンサ/ローラ 役(二役)
  • 2006年8月 - 11月、『愛するには短すぎる/ネオ・ダンディズム!-男の美学-』 - バーバラ 役
  • 2006年9月1日 - 2日、『TCAスペシャル2006-ワンダフル・ドリーマーズ』
  • 2006年9月・10月、湖月わたるディナーショー『PASSION』(ホテル阪急インターナショナル)

雪組トップ娘役時代[編集]

  • 2006年11月、植田紳爾演出家50周年記念スペシャル『夢のメモランダム』
  • 2007年2月、中日劇場公演『星影の人/joyful!! II』 - 玉勇 役
  • 2007年5 - 8月、『エリザベート』 - エリザベート 役
  • 2007年9月7日 - 8日、『TCAスペシャル2007-アロー!レビュー!』
  • 2007年9 - 10月、全国ツアー『星影の人/joyful!! II』 - 玉勇 役
  • 2008年1 - 3月、『君を愛してる-Je t'aime-/ミロワール』 - マルキーズ 役
  • 2008年5 - 6月、全国ツアー『外伝 ベルサイユのばら -ジェローデル編-』 - ソフィア 役
  • 2008年8 - 11月、『ソロモンの指輪/マリポーサの花』セリア
  • 2008年12月 - 2009年1月、シアター・ドラマシティ・東京特別『カラマーゾフの兄弟』 - グルーシェニカ 役 (シアタードラマシティ・赤坂ACTシアター
  • 2008年12月20日、『タカラヅカスペシャル2008-ラ・フェスタ』
  • 2009年3月 - 5月、『風の錦絵/ZORRO 仮面のメサイア』 - ロリータ/レディゾロ 役 ※退団公演
  • 2009年4月、『白羽ゆりミュージック・サロン SWAN』 (宝塚ホテル・東京會舘)

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

  • 2009年12月、『シェルブールの雨傘』 - ジュヌヴィエーヴ 役 ※ヒロイン(日生劇場シアターBRAVA!
  • 2011年1月、『舞台・銀河英雄伝説 - 第一章 銀河帝国編 - 』 - グリューネワルト伯爵夫人アンネローゼ 役 (青山劇場
  • 2011年5月、『朗読劇 私の頭の中の消しゴム』- 薫役 (天王洲 銀河劇場
  • 2011年10月、『I LOVE YOU, YOU'RE PERFECT, NOW CHANGE』(東京グローブ座) 
  • 2012年1月、『Musical BONNIE&CLYDE』 - ブランチ 役(青山劇場、新歌舞伎座
  • 2012年2月、『東日本大震災復興支援「メモリアルコンサート 〜宝塚の歌にのせて〜』(日本青年館・いわきアリオス大ホール)
  • 2012年7月、朗読劇『ユンカース・カム・ヒア』 - 麻生久美子 役(ル・テアトル銀座
  • 2012年10月、『古関裕而音楽祭2012』(福島市音楽堂大ホール)
  • 2012年11月、『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』 - エリザベート 役(東急シアターオーブ梅田芸術劇場メインホール)
  • 2013年4月、『銀河英雄伝説 -  第三章 内乱 - 』 - グリューネワルト伯爵夫人アンネローゼ 役(青山劇場)
  • 2013年6月、『朗読劇 私の頭の中の消しゴム』- 薫役 (天王洲 銀河劇場)
  • 2013年8月、『銀河英雄伝説 -  初陣 もうひとつの敵 - 』 - グリューネワルト伯爵夫人アンネローゼ 役(日本青年館
  • 2013年9月、『「SEMPO」〜日本のシンドラー 杉原千畝物語〜』 - エバ 役(新国立劇場中劇場)
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』(宝塚大劇場)
  • 2014年5月、『セレブレーション100!宝塚〜この愛よ永遠に〜』※スペシャルゲスト (青山劇場)
  • 2014年7月、『ピーター・パン』  - ダーリング夫人/タイガー・リリー 役(東京国際フォーラム ホールCほか)
  • 2014年8月、『樋口達哉コンサート』 ゲスト出演 (東京會舘
  • 2015年1月、『Au Revoir TOKYO KAIKAN』(東京會舘)
  • 2015年4月、『CLUB SEVEN 10th』(シアタークリエ
  • 2015年6月、『銀河英雄伝説 -  星々の軌跡』 - グリューネワルト伯爵夫人アンネローゼ 役 映像出演 (六本木ブルーシアター
  • 2015年7月、『ピーター・パン』- ダーリング夫人/タイガー・リリー 役(東京国際フォーラム ホールCほか)
  • 2015年11月、『KAKAI歌会2015』(三越劇場
  • 2016年11月、『宝塚ドリームツアーズ スペシャルコンサート』(品川ステラボール
  • 2016年12月、2017年1月、『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』 - エリザベート 役
  • 2017年3月、『「小林一三が愛したタカラヅカVol.1」~湖月わたる×白羽ゆり~』(逸翁美術館マグノリアホール)
  • 2017年6月、8月、9月 ミュージカル『魔女の宅急便』 - おソノ 役(新国立劇場中劇場、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)
  • 2017年7月、『華麗なる劇音楽』(福島音楽堂大ホール)
  • 2017年11月、Special Musical Revue 『BEAUTY AND SMILE』(神戸ワールド記念ホール
  • 2017年12月、京響クロスオーバー(ロームシアター京都)
  • 2018年1月、パレスホテル『ニューイヤーオーケストラ』(パレスホテル東京
  • 2018年1月、シアタークリエ10周年記念公演『TENTH』(シアタークリエ)
  • 2018年4月、5月、8月、9月、『アニー』 - グレース 役(新国立劇場中劇場、福岡市民会館、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、新潟テルサ、日本特殊陶芸市民会館 フォレストホール)
  • 2018年6月、7月、ミュージカル『魔女の宅急便』 - おソノ 役(新国立劇場中劇場、メルパルクホール大阪)

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

配信番組[編集]

  • 東北応援さくら紀行(ひかりTVナレーター)(2013年4月 - 5月)
  • 危険なカンケイ(BeeTVdビデオ配信ドラマ)高橋亜子(2013年7月配信スタート全16話)
  • さまぁ~ずハウス(2018年、Amazonプライムビデオ)#3「山小屋」 - 妻 役[5]

CM[編集]

  • 雪印乳業 雪印北海道100カマンベールチーズ 「おいしい理由」編(2010年)
  • 資生堂 ベネフィーク「福島」篇(2014年)
  • 吉野家(2016年)

ラジオ[編集]

その他[編集]

受賞歴[編集]

  • 2000年度 : 愛宝会賞<すみれ賞>(新進娘役賞)
  • 2003年度 : 宝塚歌劇団年度賞<新人賞>
  • 2004年度 : 宝塚歌劇団年度賞<団体賞>(日生劇場公演『花供養』出演者として)
  • 2005年度 : 宝塚歌劇団年度賞<努力賞>、宝塚歌劇団年度賞<特別団体賞>(『ベルサイユのばら』出演者として)
  • 2006年度 : 第37回阪急すみれ会パンジー賞<娘役賞>、宝塚歌劇団年度賞<優秀賞>、宝塚歌劇団年度賞<団体賞>(『ネオ・ダンディズム』第5章 惜別-オマージュ- 出演者として)
  • 2008年度 : 第39回阪急すみれ会パンジー賞<娘役賞>

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『日本タレント名鑑2017』 VIPタイムズ社、2017年、592頁。ISBN 978-4904674086。
  2. ^ a b c d e 福島民報』1996年4月9日付朝刊、20面。
  3. ^ a b 『福島民報』1998年3月1日付朝刊、4面。
  4. ^ 故郷の福島で行われたトークショーより
  5. ^ さまぁ~ずハウス シーズン1 | 動画 | Amazonビデオ”. www.amazon.co.jp. 2018年4月20日閲覧。