白銀争覇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
白銀争覇
開催国 日本の旗 日本
主催者 岐阜県地方競馬組合
競馬場 笠松競馬場
創設 1996年2月12日
2019年の情報
距離 ダート1400m
格付け SPIII
賞金 1着賞金200万円
出走条件 サラブレッド系4歳以上オープン、東海・北陸・近畿所属
負担重量 別定(牡・57kg、牝55kg)
出典 [1]
テンプレートを表示

白銀争覇(はくぎんそうは)は岐阜県地方競馬組合笠松競馬場ダート1400mで施行する地方競馬重賞SPIII競走である。正式名称は「中京スポーツ杯 白銀争覇」、中京スポーツを発行する東京スポーツ中部支社が優勝杯を提供している。

副賞は、中京スポーツ新聞社賞、岐阜県地方競馬組合管理者賞[2]

概要[編集]

1996年に笠松競馬場ダート1900mのサラブレッド系4歳(現3歳)以上の東海(笠松・愛知)所属馬限定の準重賞競走「白銀争覇」として創設。創設当初から1997年までは2月に開催された。

1998年から施行時期を1月に変更し、2000年から準重賞から重賞(SPIII)に格上げとなり、2001年東京スポーツ中部支社から優勝杯の提供を受け、名称を現在の「中京スポーツ杯 白銀争覇」に変更され、2004年から施行距離を現在のダート1400mに変更された。

2005年から、中央競馬の高松宮記念のトライアル競走の北陸・東海・近畿地区(2007年から2013年は中国地区を含む)のブロック代表馬を選定する競走となっており、優勝馬は阪急杯オーシャンステークス2006年 -)のどちらかの競走に出走可能となる。更にこのどちらかの競走で上位2着までに入ると、高松宮記念へ出走可能となる。

出走条件は創設当初から1999年までは東海所属馬、重賞競走に格上げとなった2000年からは北陸・東海地区交流、2003年から2006年までは北陸・東海・近畿地区交流、2007年から2013年までは北陸・東海・近畿・中国地区交流で行われ、2014年以後は再び北陸・東海・近畿地区交流となっている。馬齢はサラブレッド系4歳以上だが、2002年 - 2003年ではアングロアラブ系の出走も可能であった。なお、創設当初から2003年までは3歳(旧4歳)の競走馬が出走可能であり、また2003年 - 2004年では10歳以上の競走馬が出走不可であった。

負担重量は1996年 - 2002年までは馬齢重量、2003年からは別定重量である。

条件・賞金(2019年)[編集]

出走条件
サラブレッド系4歳以上、東海・北陸・近畿所属。
負担重量
別定。牡・騸57kg、牝55kg
賞金額
1着200万円、2着50万円、3着22万円、4着12万円、5着6万円[3]

歴史[編集]

  • 1996年 - 笠松競馬場のダート1900mのサラブレッド系4歳(現3歳)以上の東海所属馬限定の馬齢重量の準重賞競走「白銀争覇」として創設。
  • 1998年 - 施行時期を2月から1月に変更。
  • 2000年
    • この年から北陸・東海地区交流競走として施行され、出走条件を「サラブレッド系4歳(現3歳)以上の北陸・東海所属馬」に変更。
    • SPIIIに格上げ。
  • 2001年
    • 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件を「サラブレッド系4歳以上の北陸・東海所属馬」から「サラブレッド系3歳以上の北陸・東海所属馬」に変更。
    • 東京スポーツ中部支社から優勝杯の提供を受け、名称を現在の「中京スポーツ杯 白銀争覇」に変更。
  • 2002年 - 出走条件を「サラブレッド系3歳以上の北陸・東海所属馬」から「サラブレッド系・アングロアラブ系3歳以上9歳以下混合の北陸・東海所属馬」に変更。
  • 2003年
    • この年から北陸・東海・近畿地区交流競走として施行され、出走条件を「サラブレッド系・アングロアラブ系3歳以上9歳以下混合の北陸・東海・近畿所属馬」に変更。
    • 負担重量を「馬齢重量」から「別定重量」に変更。
  • 2004年
    • 施行距離を現在のダート1400mに変更。
    • 出走条件を「サラブレッド系・アングロアラブ系3歳以上9歳以下混合の北陸・東海・近畿所属馬」から「サラブレッド系4歳以上9歳以下の北陸・東海・近畿所属馬」に変更。
  • 2005年
    • 出走条件を「サラブレッド系4歳以上9歳以下の北陸・東海・近畿所属馬」から「サラブレッド系4歳以上の北陸・東海・近畿所属馬」に変更。
    • 高松宮記念へのステップ競走に指定され、1着馬のみ、高松宮記念トライアルへの出走権が付与される様になる。
  • 2007年 - この年から北陸・東海・近畿・中国地区交流競走として施行され、出走条件を「サラブレッド系4歳以上の北陸・東海・近畿・中国所属馬」に変更。
  • 2010年
  • 2014年 - 福山競馬場の廃止により中国地区に競馬場がなくなったため、再び出走条件を「サラブレッド系4歳以上の北陸・東海・近畿所属馬」に変更。
  • 2019年 - 「中京スポーツ創刊50周年記念杯」の名を冠して施行。

歴代優勝馬[編集]

全て笠松競馬場で施行。

回数 施行日 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師
第5回 2000年1月10日 ダ1900m オーバーザガルチ 牡7 笠松 2:02.6 坂口重政 南輝幸 松原弘士
第6回 2001年1月10日 ダ1900m アタゴホープ 牡7 笠松 2:02.9 川原正一 後藤保 (有)あたごホース
第7回 2002年1月10日 ダ1900m アイリッシュパーク 牡8 愛知 2:03.5 横川健二 冨田光吉 新木鈴子
第8回 2003年1月9日 ダ1900m ナイキゴールド 牡6 笠松 2:00.8 東川公則 後藤保 佐橋五十雄
第9回 2004年1月16日 ダ1400m ホシオー 牡8 金沢 1:28.8 渡辺壮 松原正文 畑中政雄
第10回 2005年1月14日 ダ1400m マーブルシーク 牡9 愛知 1:28.6 岡部誠 荒巻透 玉田博志
第11回 2006年1月13日 ダ1400m マルヨサンデー 牡4 笠松 1:27.5 尾島徹 柴田高志 野村春行
第12回 2007年1月11日 ダ1400m チヨノドラゴン 牝4 金沢 1:27.2 中川雅之 鈴木正也 岩崎僖澄
第13回 2008年1月11日 ダ1400m エイシンダイオー 牡6 笠松 1:28.1 濱口楠彦 伊藤強一 平井豊光
第14回 2009年1月9日 ダ1400m ベストタイザン 牡7 兵庫 1:26.0 下原理 齊藤裕 平野正行
第15回 2010年1月8日 ダ1400m ベストタイザン 牡8 兵庫 1:26.9 下原理 上田二郎 平野正行
第16回 2011年1月7日 ダ1400m トウショウガナー 牡7 金沢 1:26.1 吉田晃浩 佐藤茂 トウショウ産業(株)
第17回 2012年1月13日 ダ1400m エーシンエフダンズ 牡8 兵庫 1:26.9 川原正一 橋本忠男 平井豊光
第18回 2013年1月11日 ダ1400m トウショウクエスト 牡8 金沢 1:26.7 東川公則 佐藤茂 トウショウ産業(株)
第19回 2014年1月10日 ダ1400m ケージーアメリカン 牡7 金沢 1:27.2 米倉知 高橋優子 塩濱攻仁
第20回 2015年1月9日 ダ1400m ノゾミダイヤ 牡4 愛知 1:27.5 大畑雅章 錦見勇夫 鈴置正文
第21回 2016年1月14日 ダ1400m メモリージルバ 牡7 愛知 1:26.3 藤原良一 塚田隆男 (株)シンザンクラブ
第22回 2017年1月12日 ダ1400m ランドクイーン 牝7 兵庫 1:26.5 佐藤友則 盛本信春 山口敦広
第23回 2018年1月11日 ダ1400m インディウム 牡6 兵庫 1:27.3 岡部誠 田中範雄 窪田康志
第24回 2019年1月10日 ダ1400m ストーミーワンダー 牡5 笠松 1:25.9 佐藤友則 笹野博司 結城喜一

※重賞競走として施行された2000年以降とする。
※馬齢は2000年についても現表記を用いる。

各回競走結果の出典[編集]

出典[編集]

  1. ^ 第24回 白銀争覇(SPⅢ)選定馬のお知らせ(3)”. 岐阜県地方競馬組合 (2019年1月3日). 2019年1月11日閲覧。
  2. ^ 笠松競馬出走馬一覧表 平成30年度岐阜県地方競馬組合営第17回笠松競馬第3日1月10日(木) (PDF)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2019年1月11日閲覧。
  3. ^ 10R 白銀争覇|2019年1月10日(木)17回笠松3日”. JBISサーチ. 2019年1月11日閲覧。