白雪姫と七人の悪党たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
白雪姫と七人の悪党たち
ジャンル テレビドラマ
出演者 吉永小百合ほか
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1971年4月17日 - 同年8月28日
放送時間 土曜22:00 - 22:56
放送枠 TBS土曜10時枠の連続ドラマ
放送分 56分
回数 20

白雪姫と七人の悪党たち』(しらゆきひめとしちにんのあくとうたち)は、1971年4月17日から同年8月28日までTBSほかで放送されたテレビドラマ。全20回。放送時間は毎週土曜22:00 - 22:54JST)。

概要・内容[編集]

神奈川県川崎市の工場地帯の一角にある、テキ屋の二階堂一家を舞台の中心とし、そこの娘・ユリコと七人の子分たちが展開するコメディー。

ユリコは生まれてすぐに北海道修道院に預けられ、父・ケン吉のことを知らずに育った。ユリコは、父は実業家だと信じていた。その後ユリコはミッションスクールで英語教師をしていたが、ある日「チチキトク」の電報を受け、初めて会う父の元へ向かうこととなった。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本:小松君郎(第1話~第5話・第12話~第15話)、北村篤子(第6話~第11話・第16話~第20話)
  • 演出:西村大介、大鹿和男ほか

補足[編集]

  • 本作が終了して1ヶ月強後に同局・同系列で放送された特撮番組『好き! すき!! 魔女先生』は、当初『かぐや姫先生』となっていたが、本作が視聴率的に失敗し、「○○姫は験が悪い」という朝日放送側の鶴の一声で改題させられた[1]

参考・出典[編集]

  1. ^ 平山亨著「泣き虫プロデューサーの遺言状〜TVヒーローと歩んだ50年〜」(講談社)140頁 2012年

関連項目[編集]

朝日放送制作・TBS系列 土曜22時枠
前番組 番組名 次番組
おも舵とり舵
白雪姫と
七人の悪党たち
天皇の世紀
(第一部)