白雲座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白雲座(下呂市門和佐)

白雲座(はくうんざ)は、岐阜県下呂市門和佐にある芝居小屋である。

江戸時代から明治時代美濃国及び飛騨国では、地元の人々による地芝居歌舞伎)が盛んに行なわれており、数多くの芝居小屋が建てられた。この白雲座もその一つである。

毎年11月2日と3日、白山神社の秋祭で「白雲座歌舞伎大公演会」が上演される。

概要[編集]

白雲座は白山神社境内にあり、名称も白山神社に由来する。

建物の規模は、間口16.38m、奥行20.02m。切妻造、妻入りの総ヒノキ造りである。小規模な芝居小屋とはいえ、回り舞台花道、仮花道などを備えている。回り舞台は直径5.4mのこま回し式舞台である。客席は一部二階建ての桟敷席、収容人数は約400人。

建築時期は不明であるが、舞台にある落書きから1890年(明治23年)3月27日に杮落としが行われていることより、明治22年~23年の建築と推測される。1978年(昭和53年)に「門和佐の舞台」の名称で国の重要有形民俗文化財に指定されている。

沿革[編集]

  • 1890年(明治23年):杮落とし。
  • 1943年(昭和18年)頃:太平洋戦争のため中断。
  • 1950年(昭和25年):復活公演を行なう。
  • 1952年(昭和27年):この年の公演で休止。
  • 1978年(昭和53年):国の重要有形民俗文化財に指定され、文化庁の指導による保存修理事業が行われる。これを機に白雲座歌舞伎保存会が結成され、地歌舞伎が復活する。
  • 1981年(昭和56年):子供歌舞伎が開始される。

交通[編集]

自動車[編集]

公共交通機関[編集]

岐阜県の芝居小屋[編集]

岐阜県は主に美濃地方を中心に地芝居が盛んな地域であり、江戸時代から昭和時代に建設された木造芝居小屋が残っている。主な芝居小屋は以下のとおりである。

座標: 北緯35度42分18.0秒 東経137度17分22.2秒 / 北緯35.705000度 東経137.289500度 / 35.705000; 137.289500