白鳥の歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
オランダの本(17世紀)の表紙に使われた瀕死の白鳥の絵

白鳥の歌(はくちょうのうた)あるいはスワンソング英語: swan song)は、人が亡くなる直前に人生で最高の作品を残すこと、またその作品を表す言葉である。

概要[編集]

ヨーロッパ伝承で、白鳥は死ぬ時に美しい声で鳴くと言われている。「白鳥の歌」とはつまり「瀕死の白鳥の歌」であり、人が亡くなる直前に人生で最高の作品を残すことを例えで指している[1]。紀元前5世紀から3世紀にこうした伝承が生まれたと言われていて、ヨーロッパで繰り返し使われてきた表現である。

白鳥の歌の起源[編集]

ギリシャ神話では、白鳥アポロに捧げられた聖なる鳥であり、調和と美しさの象徴と見なされ、その限られた能力にもかかわらず、歌う鳥としての地位に挙げられてきた。

イソップの「ガチョウと白鳥」の寓話には[2]、白鳥の歌の伝説が組み込まれている。ガチョウの代わりに誤って捕まえられたが、その歌によって分かったとき、その命は救われた。続いて、アイスキュロスの『アガメムノン』(紀元前458年、1444–5節)に次の引用がある。その劇では、クリュタイムネーストラーは死んだカサンドラを「最後の最後の嘆きを歌った」白鳥に例える。プラトンの『パイドン』(84d)では、ソクラテスが「白鳥は普段歌うが、死ぬ前に一番美しく歌う。」と言ったと記録している。さらに、アリストテレスは『動物誌』(615b)で、白鳥が「音楽的であり、主に死の接近で歌う」と述べた。紀元前3世紀までに、こうした信念はことわざになった[2][3]

オウィディウスはこれに「ピークスカネーンスの物語」(『変身物語』、第XIV巻:320–396)で言及している。「彼女は、白鳥が歌っているように、悲しみと調和して、涙を流しながら、悲しみの言葉を涙で流した、あたかも白鳥が死に瀕して自分の弔いの歌を歌うように。」[3]

白鳥はまた、詩人のウェルギリウスマルティアリスの作品で歌う鳥として説明されている。

議論[編集]

「白鳥の歌」がそれを表す比喩に適切か、議論が行われてきた。まず、ヨーロッパで最も一般的なコブハクチョウは、死ぬ時に歌うとか何か音を立てることはない。これは古代ローマの泰斗大プリニウスが『博物誌』(紀元77年、第10巻第32章)で言及している。

しかし、地中海東部に冬渡ってくるオオハクチョウは長く響くように鳴くことで知られていて、17世紀ドイツの自然学者ペーター・パラスは、これが原因で白鳥の歌の伝承が生まれたのだろうとしている。コブハクチョウもオオハクチョウも、古代エジプトやギリシャの芸術には出てくる。

ナキハクチョウと関係が深いナキハクチョウコハクチョウも、その鳴き声で知られている。アメリカの動物学者ダニエル・エリオットは、コハクショウを銃で撃った時に1オクターブにわたって鳴くような声を発したことを1898年に記録している[4]

中世以降[編集]