白鶴林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
白鶴林
各種表記
ハングル 백학림
漢字 白鶴林
発音 ペク・ハンニム
(ペカンニム)
ラテン文字表記: Paek Hak-rim
テンプレートを表示

白 鶴林(ペク・ハンニム、1918年 - 2006年10月5日)は、朝鮮民主主義人民共和国政治家軍人で、元人民保安相(内務相)、社会安全相。国防委員会委員、朝鮮労働党中央軍事委員、中央委員、最高人民会議代議員、法制委員会副委員長などを務め、最終階級は次帥満州出身。

経歴[編集]

  • 1950年 - 労働党政治学校卒業
  • 1961年 - 社会安全省副相
  • 1961年 - 人民武力部政治安全局局長
  • 1973年 - 社会安全部副部長
  • 1980年 - 労働党中央委員会政治局委員
  • 1985年 - 社会安全部部長、大将
  • 1992年 - 次帥
  • 1999年9月5日 - 国防委員、社会安全相
  • 2003年7月 - 人民保安相解任