白鷹 (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
白鷹株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
662-0942
兵庫県西宮市浜町1-1
設立 1929年(創業は1862年
業種 食料品
法人番号 6140001069924
事業内容 清酒製造販売、不動産賃貸業
代表者 澤田 朗
売上高 8.44億円
外部リンク http://www.hakutaka.jp/
テンプレートを表示

白鷹株式会社(はくたか)は、兵庫県西宮市に本社を置く日本酒造会社[1][2]

灘五郷の西宮郷に位置する。辰馬本家からの分家によって創業した[3][4]伊勢神宮御料酒を神饌として提供している[4][5]。 酒造の他に、日本酒をテーマにした施設、白鷹禄水苑の運営も行っている[6]

沿革[編集]

  • 1862年(文久2年)、辰馬悦蔵が辰馬本家から分家して創業[3][4]
  • 1877年(明治10年)、東京で開催された日本初の内国勧業博覧会に出品し花紋賞を受賞[3]
  • 1889年(明治22年)、フランスで開催されたパリ万国博覧会 (1889年)に出品し賞杯を得たのをはじめ、その他の海外の万国博覧会でも受賞[3]
  • 1893年(明治26年)村米制度始める
  • 1897年(明治30年)、二代辰馬悦蔵(初代長女の婿養子)が家業を継ぐ[3]
  • 1909年(明治42年)、東京滝野川にあった国立醸造試験所(現・酒類総合研究所)で開かれた第二回全国清酒品評会(現・全国新酒鑑評会)で「優等賞」受賞[3]
  • 1917年(大正6年)、三代辰馬悦蔵(二代長男)が家業を継ぐ[3]
  • 1924年(大正13年)、伊勢神宮の大御饌に白鷹の清酒が全国で唯一採用される[3]
  • 1929年(昭和4年)、「北辰馬商店」より「株式会社辰馬悦蔵商店」に変更[3]
  • 1974年(昭和49年)、辰馬寛男(三代長男)が家業を継ぐ[3]
  • 1992年(平成4年)、「株式会社辰馬悦蔵商店」から「白鷹株式会社」に社名を変更[3]

創業者[編集]

悦蔵の長男・篤市(13代辰馬吉左衛門)

初代辰馬悦蔵は天保6年(1835)に西宮の浅尾家の長男として生まれ、辰馬家本家(辰馬本家酒造)の三女の婿養子となる[7]。本家より独立し(通称・北辰馬家[8])、当時西宮にあった雀部家(魚崎の酒造家・雀部市郎右衛門)の「鱗蔵」(鱗井戸の宮水で仕込む酒蔵)を買い取り酒造を開始、「鱗」印と銘うって江戸への積み出しを開始し、のち「白鷹」印を出す[3]。引退後は悦叟と名乗る。長男の篤市(1868-1943)は1883年に辰馬家本家に養子に入り、一時東京新川の酒問屋・山縣源次郎の養嫡子となったが、1896年に辰馬本家に呼び戻され、家督を継いで13代当主・辰馬吉左衛門となる[8][9]。次男の豊一は浅尾市朗助の養子となって浅尾豊一を名乗り、その次女・富貴子は新川の酒問屋・山縣商店に養女に入ったのち、辰馬本家の縁戚にあたる本町辰馬家・辰馬卯一郎の三男・山縣勝見を婿とした[9]

2代目辰馬悦蔵は初代悦蔵の長女もんの婿。その長男・寛爾が3代辰馬悦蔵。3代目は京都帝国大学考古学を学び、酒業の傍ら研究を続け、のちに辰馬考古資料館を設立した[7]。また、第一次大戦後の大正景気に沸く1916年(家業を継ぐ前年)から世界恐慌後の1933年までの間に、悦蔵の資産は20倍近くに増え、灘の酒造界において、大手の辰馬本家(白鹿)、嘉納財閥2家(菊正宗白鶴)に次ぐ資産額となった[10]。その長男・辰馬寛男が4代目社長となり、その娘婿の澤田朗が5代目社長を務める(2009年-)[7]

主な商品[編集]

猿田彦神社(三重県伊勢市)に奉納された白鷹の酒樽

脚注[編集]

  1. ^ [日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション『白鷹』 - コトバンク、2017年8月29日閲覧。
  2. ^ 白鷹の酒蔵で灘酒を学ぶ!西宮日本酒学校2016 第2回「灘酒よもやま話」”. SAKETIMES. 2017年8月29日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 会社概要と沿革 - 白鷹株式会社
  4. ^ a b c JOURNAL OF THE SOCIETY OF BREWING,JAPAN 78 (4): 280–280. (1983). doi:10.6013/jbrewsocjapan1915.78.280. ISSN 0369-416X. 
  5. ^ 伊勢神宮御料酒 - 白鷹株式会社
  6. ^ 白鷹禄水苑公式ホームページ - 白鷹株式会社
  7. ^ a b c 蔵元紀行 白鷹を訪ねる地酒蔵元会
  8. ^ a b 辰馬吉左衛門(13代目) - 『20世紀日本人名辞典』(コトバンク
  9. ^ a b 大島朋剛「灘酒造家による事業の多角化と資産管理-辰馬本家を事例として (PDF) 」『企業家研究』第7号、2010年10月
  10. ^ 浜渕久志「昭和戦前期の大資産家像 : 企業者活動を中心に(1)」『北海道情報大学紀要』9(2)、pp.111 - 132、1998年3月
  11. ^ 清酒タイガース - 白鷹株式会社

外部サイト[編集]