百年目の恋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
百年目の恋
ジャンル テレビドラマ
放送時間 月曜日22:00〜22:55(55分)
放送期間 1973年10月1日1974年3月25日(26回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 よみうりテレビ
演出 鶴橋康夫
脚本 北村篤子
出演者 十朱幸代
浜畑賢吉
植木等
扇千景
堀内正美
沢村貞子
曽我廼家明蝶
長門裕之
ハナ肇
テンプレートを表示

百年目の恋』(ひゃくねんめのこい)は、1973年10月1日から1974年3月25日まで、読売テレビが制作し、日本テレビ系列の毎週月曜日22:00 - 22:55の枠で放送されたテレビドラマ。全26回。

概要[編集]

東京上野池之端にある料亭『花月』が主な舞台。花月は150年以上の歴史を持つ老舗で、経営する一家は女系家族であり、代々婿養子を取って家業を維持してきた。ある日、花月に曽祖父が借りたという100年前の借金一億円を返しにやって来た男が現れた。その男はブラジルからやって来た日系四世の坂東大介と言う。後に大介は一億円を由利に押し付けることをあきらめ、花月に住み込んで働きながら返すことにした。しっかり者の由利と、大介、そして由利の元々の恋人・森山や見合相手の小杉、思いを寄せる信一らも絡む恋の騒動と行方、ウーマン・リブからの男権復活の模様などを描いていったホームコメディ[1]

1973年12月31日放送の第14話は、由利役の十朱幸代江戸小咄を披露するなど、出演者各々が歌やかくし芸を披露するという特別版的なストーリーだった[2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 読売新聞毎日新聞朝日新聞京都新聞 各紙縮刷版(1973年10月1日 - 1974年3月25日)
  2. ^ 1973年12月31日 毎日新聞テレビ欄より。
  3. ^ 大介の曽祖父・坂東大之進役も浜畑が兼任。
読売テレビ 月曜22時枠
前番組 番組名 次番組
百年目の恋
(1973.10.1 - 1974.3.25)
ひょうたん通り