百済王教俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
百済王教俊
時代 平安時代初期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位上出羽守
主君 桓武天皇平城天皇嵯峨天皇
氏族 百済王氏
父母 父:百済王俊哲
兄弟 聡哲教徳教俊教法、貴命
慶仲、慶世、豊俊、慶命、永慶
テンプレートを表示

百済王 教俊(くだらのこにきし きょうしゅん)は、平安時代初期の貴族陸奥鎮守将軍百済王俊哲の子。官位従五位上出羽守

経歴[編集]

従五位下叙爵後、延暦18年(799年下野介に任ぜられる。その後、左衛士佐として京官に遷り、延暦25年(806年美濃守を兼ねている。同年の桓武天皇崩御に伴う平城天皇への代替わりに際しては、桓武天皇の葬儀における作路司や[1]斎内親王を迎えるための伊勢神宮への使者などを務めた[2]

平城朝では鎮守将軍を務めたほか、大同3年(808年)6月には陸奥介を兼ねるなど蝦夷征討に従事した。しかし、教俊は鎮守将軍の官職にありながら鎮守府胆沢城に所在)に詰めずに、遠く離れた陸奥国府多賀城に所在)に常在していたことから、非常事態発生時に適切に対応できないとして、改善すべき旨の勅令を受けている[3]

その後も、大同4年(809年)下野守、弘仁3年(812年)出羽守と、東国の地方官を歴任した。またこの間、時期は不明ながら従五位上に昇叙されている。

官歴[編集]

六国史』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本後紀』大同元年3月18日条
  2. ^ 『日本後紀』大同元年4月15日条
  3. ^ 『日本後紀』大同3年7月4日条
  4. ^ a b c d e f 栗原信充考訂『百済王三松氏系図』
  5. ^ 『日本三代実録』貞観8年6月16日条

参考文献[編集]