百石道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般国道自動車専用道路(A')
百石道路
国道45号標識
E4A 百石道路
路線延長 6.1 km
開通年 1995年平成7年)
起点 青森県八戸市八戸北IC
終点 青森県上北郡おいらせ町下田百石IC
接続する
主な道路
(記法)
E4A 八戸自動車道

E4A 第二みちのく有料道路

■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

百石道路(ももいしどうろ)は、青森県八戸市大字市川町から同県上北郡おいらせ町[1]高田へ至る自動車専用道路である。東日本高速道路一般有料道路として管理している。延長6.1キロメートル (km)。東北縦貫自動車道八戸線に並行する一般国道自動車専用道路である。

八戸側で八戸自動車道、三沢側で第二みちのく有料道路上北自動車道方面)に接続しており、将来的には第二みちのく有料道路、上北自動車道を経て、下北半島縦貫道路およびみちのく有料道路青森自動車道に接続する予定である。

なお、2016年平成28年)に制定された高速道路ナンバリングでは、八戸自動車道、第二みちのく有料道路と同様に「E4A」が割り当てられている[2][3]

概要[編集]

沿革[編集]

通行料金[編集]

  • 普通車 150円
  • 中型車 200円
  • 大型車 250円
  • 特大車 400円
  • 軽自動車等 100円

インターチェンジなど[編集]

IC
番号
施設名 接続路線名 起点から
の距離
川口から
の距離
備考 所在地
E4A 八戸自動車道に接続
7 八戸北IC 国道45号 0.0 640.8 青森県 八戸市
8 下田百石IC 国道45号
青森県道8号八戸野辺地線(国道45号と重複)
6.1 646.9 上北郡おいらせ町
E4A 第二みちのく有料道路に接続

路線状況[編集]

車線・最高速度[編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度
八戸北IC - 下田百石IC 2=1+1 70 km/h
  • 八戸北ICの前後と下田百石ICの前後には追い越し車線が設置されている。

道路施設[編集]

橋梁[編集]

橋梁名称 名称の読み方 延長 区間 備考
市川橋 いちかわ 166.0 m 八戸北IC - 下田百石IC
五戸川橋 ごのへがわ 38.0 m
堺橋 さかい 21.0 m
奥入瀬川橋 おいらせがわ 262.0 m 当道路で最長
川端橋 かわばた 27.0 m
秋堂橋 あきどう 20.0 m
高田橋 たかだ 35.0 m
下田橋 しもだ 41.0 m 下田百石IC 本線がランプの上を通過

出典:「【別添】点検計画・修繕計画 (橋梁)」(東日本高速道路ホームページ)より

※暫定2車線の区間の橋も、4車線分の幅で建設されている。

道路管理者[編集]

交通量[編集]

24時間交通量(台) 道路交通センサス

区間 平成17(2005)年度 平成22(2010)年度 平成27(2015)年度
八戸北IC - 下田百石IC 4,844 9,081 4,469

(出典:「平成22年度道路交通センサス」・「平成27年度全国道路・街路交通情勢調査」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

接続する高速道路[編集]

その他[編集]

無料化社会実験[編集]

区間[編集]

時間と対象[編集]

  • 終日、全車種(ETC搭載車、非搭載車ともに対象)

東日本大震災に伴う一部車両への無料化措置[編集]

区間[編集]

  • 全線

時間[編集]

  • 終日

対象や期間など[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 設立当時は下田町
  2. ^ 高速道路ナンバリング 一覧”. 国土交通省. 2017年5月15日閲覧。
  3. ^ 高速道路ナンバリング 路線図”. 国土交通省. 2017年5月15日閲覧。
  4. ^ 道路2007-8 p.p82
  5. ^ “平成22年度 高速道路無料化社会実験について” (プレスリリース), 国土交通省, (2010年6月15日), http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_000107.html 
  6. ^ a b 1次補正を踏まえた高速道路の料金について (PDF) - 国土交通省
  7. ^ お客さまへの大切なお知らせ 東北地方の高速道路無料措置通行に関するよくあるご質問について - ウェイバックマシン(2011年6月20日アーカイブ分) - 東日本高速道路

関連項目[編集]