百衲本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

百衲本(ひゃくのうぼん)は、漢籍出版の一形態。異なった版本を寄せ集め、欠落を補うことで、完本としたものである[1][2]

「衲」は「補綴する」「綴り合せる」という意味である[1]。清初の宋犖(1634年 - 1714年)が、2種類の宋本と3種類の元本を集めて『史記』(全80冊)を編纂し、これが『百衲本史記』と称されたのが最初である[1]傅増湘(1872年 - 1949年)は数種の宋本から『百衲本資治通鑑』(全80冊)を編纂した[1]。歴史の分野において単に「百衲本」と称する場合には、1936年に商務印書館から出版された『百衲本二十四史』を指すことが多い。

百衲本二十四史[編集]

百衲本二十四史』は、1936年に商務印書館から出版された二十四史の刊本(影印本、全820冊)[2]張元済(1867年 - 1959年)が出版を主宰した[2]四部叢刊も参照)。出版には18年がかけられた[2]

百衲本の出版まで、二十四史の刊本としては乾隆帝の欽定になる『武英殿本二十四史』(殿本)が最も流布していた[3]。しかし殿本には校勘・校刻の不備が指摘されており[2]、張元済によって編纂事業が興されることとなった[2]四部叢刊も参照)。張元済は貴重な版本を博捜して、二十四史の版本の善本(できるだけ古く信用のおける版本)を選び[2]、専門家による校勘を行った[3]

『百衲本二十四史』に集められたのは、宋代の善本15種、元代の善本6種、明・清に初刻された3種の版本である[2]。二十四史に含まれるそれぞれの史書の版には、基本的に単一の版本を使用している[1]。たとえば『隋書』は大徳九路刻本を[4]、『新唐書』は日本の静嘉堂文庫が所蔵する北宋嘉祐刻本を底本としている[5]。ただし、原本の欠けた部分をほかの版本で補ったものもあり[2]、たとえば『金史』は北京図書館所蔵の元至正原刊本(80巻が現存)を影印し、欠けた55巻は涵芬楼中国語版蔵の元代の覆刻本(初覆本と再覆本)で補っている[6]

『百衲本二十四史』のオリジナルで現存するのは10セットにも満たないとされている。

第二次世界大戦後、大陸において魯迅旧蔵の『百衲本二十四史』の影印本が刊行されているほか[2]、台湾商務印書館から補校を加えた『百衲本二十四史(新版)』(王雲五主編)が出版されている。

書道における「百衲本」[編集]

書道法帖(手本)において、複数の拓本を比較してよい字形を復元したものも百衲本と称する[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 張棣華. “百衲本”. 中華百科全書. 中国文化大学. 2018年6月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 輸入書 鲁迅藏百衲本二十四史(全820册)”. 東方書店. 2018年6月11日閲覧。
  3. ^ a b 百衲本二十四史 全80函820套”. 亜東書店. 2018年6月11日閲覧。
  4. ^ 百衲本二十四史校勘記 隋書校勘記”. 東方書店. 2018年6月11日閲覧。
  5. ^ 百衲本二十四史校勘記 新唐書校勘記 上、下”. 東方書店. 2018年6月11日閲覧。
  6. ^ 百衲本二十四史校勘記 金史校勘記、新五代史校勘記”. 東方書店. 2018年6月11日閲覧。
  7. ^ テキストシリーズ 3、 中国古代の書 3 石鼓文(百衲本)”. 天来書院. 2018年6月11日閲覧。