的場浩司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まとば こうじ
的場 浩司
本名 的場 浩司
生年月日 (1969-03-28) 1969年3月28日(51歳)
出生地 日本の旗 日本 埼玉県上尾市
身長 177 cm
血液型 A型
職業 俳優タレント
ジャンル テレビドラマ映画バラエティー番組など
活動期間 1987年 -
配偶者 既婚
公式サイト 所属事務所
主な作品
テレビドラマ
はいすくーる落書』/『自主退学
ママハハ・ブギ』/『予備校ブギ
ADブギ』/『素顔のままで
映画
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇』/『稲村ジェーン
就職戦線異状なし』/『御法度
悪名』/『デビルマン
バラエティー
平成教育委員会』/『ダウンタウンDX
笑っていいとも』/『恋するハニカミ!
テンプレートを表示

的場 浩司(まとば こうじ、1969年3月28日 - )は、日本俳優タレント。本名同じ。埼玉県上尾市出身。血液型はA型。好きなスポーツは、柔道ボクシング野球など。趣味は、スイーツ自動車バイク・身体を動かすこと・スキューバダイビング。家族は妻、長女、長男。

来歴・人物[編集]

トラック運転手(生花店の配送)[1]をしていた18歳の時に、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の草野球コーナーに出演。1988年の映画『首都高速トライアル』で本格的にデビューを果たし、同年のテレビドラマ『はいすくーる落書』『ママハハ・ブギ』でその名は全国区となる。一時期ロックグループ「炎達」(ファイヤーズ)で歌手としても活動した。

テレビドラマ映画を中心に個性的かつ確かな演技を見せ、幅広い層から人気を獲得している。また、強面な外見とは裏腹に大の甘党(特にプリンが好き)であり、最近はそのスイーツマニアぶりが知られるところとなり、ガイド本出版、関連イベント、コンビニとのコラボ商品プロデュースなど活動の幅を広げている[2]

オフィスジュニアに所属していたが、2014年8月からは株式会社バダスプロモーションに所属している。

的場浩司と中野英雄山口祥行本宮泰風の4人で「ネオVシネ四天王」と呼ばれている[3][4]

その他、エピソード[編集]

  • デビュー当初、撮影の出番で呼び出される際、今のように「的場さん、お願いします」ではなく、「おい、ちんぴら」(酷い場合には「おい、うじ虫」)と呼ばれていた(頭に血が上ったが、自己の感情をコントロールする術を身に付け、役者への切符を手に入れている)。
  • 長女に滅法弱く、サンリオピューロランドなどのテーマパークに連れて行っては子煩悩ぶりを発揮している。
  • 結婚した際に長女の名前は「娘が生まれたら妻が名付ける、息子が生まれたら自分が名付ける」と取り決めたことによるもので、長女の名前は妻の命名によるものである。2006年に待望の長男が誕生、約束通り、長男の名前は的場本人が決めたとのこと。
  • 極度の虫嫌いであり、一人暮らしの時にゴキブリが1匹出ただけですぐに引っ越したほどである。
  • 大槻ケンヂとの対談では、タイマンでの喧嘩はほとんど勝っていたと自負していた。柔道の経験を生かし組み付いて双手刈からテイクダウンマウントポジション(馬乗り)からバックをとってチョーク(絞め技)というグレイシー柔術戦法とほぼ一致する。当時はまだグレイシー柔術、戦法は世界に広まっていなかった。
  • 好きな芸人はくまだまさしである[5]
  • 友人の東幹久とは共演作も多く、『水戸黄門』第42部から、それぞれ助さん・格さんのコンビで出演している。
  • 自身が気に入った物には何にでも名前を付ける事があり、行きつけのペットショップにいる紀州犬甲斐犬と間違えて「ウメ」と名付けたり、自分の愛車に「鬼」と名付けたりしている。
  • 喫煙者である。
  • かなりの甘党であり、日々新しいスイーツを探している。スイーツ探しの時には自転車に乗り、狭い場所や地域密着型のスイーツ店を探す事が多い[6]。甘いものなら、洋菓子・和菓子問わずに好物。特にプリンシュークリームが好きである[7]。また甘党の例に漏れず、お酒が一滴も飲めない下戸である。
  • 好きな歌手は近藤真彦矢沢永吉THE MODS横浜銀蝿チェッカーズBOØWY[8]。また、浜崎あゆみも好きで、特に「Voyage」を聴くと涙が出そうになるという[9]
  • 霊体験や都市伝説などにも造詣が深く、『やりすぎコージー』のコーナーやりすぎ都市伝説にパネラーとして多く出演している。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

  • 東京 極道抗争勃発(2002年、東映ビデオ) - 主演
    • 東京 2 激闘極道抗争(2003年東映ビデオ) - 主演
  • 浪商のヤマモトじゃ!(2003年) - ワジマ 役 友情出演
  • 新・日本の首領(2004年) - 村井組組員 白坂和男 役
  • 九州やくざ戦争 九州のライオン 義王(2006年)全3作 - 主演・大仁会 大仁州春 役
  • 汚れた代紋(2007年、企画・脚本:的場浩司)全2作 - 主演・日生狂次 役
  • 修羅の血涙(2007年、脚本:的場浩司)全2作 - 主演・山岡連合会 榊千里 役
  • バウンティハンター(2011年) - 鬼柳幻睡(バウンティハンター)役 特別出演
  • あにき(2010年) - 豊島一家椿組組長 友情出演
  • 実録・若頭(2010年) - 主演・三宅勝 役
  • 悪(ワル)と呼ばれた男(2011年) - 主演・修造(僧侶)役
  • 中京統一戦線(2012年) - 主演・東海のドン 川尻雅彦 役
  • 伝説になった男たち(2012年) - 主演・弥寿夫(探偵)役
  • 血塗れの報復(2013年)- 主演・三浦一家 山中龍 役
  • ルーザー(2013年)全2作 - マル暴刑事 大山 役 特別出演
  • 汚れた紋章(バッジ)(2013年)- 主演・マル暴 火山 役
  • 孤独の仁義(2013年)- 主演・本田(元自衛官)役
  • 獅子の復讐(2013年) - 主演・玄誠会若頭補佐 白河組組長 白河龍 役
  • 新・極道の紋章(2014年 - 2016年)全8作 - 主演・美濃部頼三 役
  • 暴力水滸伝(2014年)全2作 - 主演・嘉手納 役
  • 東京やくざ抗争(2016年) - 主演・西山会木崎組若頭 桐山 役
  • CONFLICT 〜最大の抗争〜 1 2 3 4(2016年 - 2018年) - 織田征仁 役
  • YOKOHAMA BLACK シリーズ(2016年9月 - 2018年6月、オールイン エンタテインメント) - 主演・神奈川相模睦連合会 影の暗殺集団「特別高等粛清班」リーダー 龍司(元ロシア軍特殊部隊出身) 役
    • YOKOHAMA BLACK(2016年9月)[14] - 神奈川相模睦連合 黒剣一家組長
    • YOKOHAMA BLACK2(2016年11月)[15] - 神奈川相模睦連合 黒剣一家組長
    • YOKOHAMA BLACK3(2017年12月)[16] - 神奈川相模睦連合 黒剣一家組長
    • YOKOHAMA BLACK4(2017年12月)[17] - 神奈川相模睦連合 黒剣一家組長
    • YOKOHAMA BLACK5(2018年4月)[18] - 神奈川相模睦連合五代目会長
    • YOKOHAMA BLACK6(2018年6月)[19] - 神奈川相模睦連合五代目会長
  • CONFLICT 〜最大の抗争〜 外伝 織田征仁(2019年)全2作 - 主演・織田征仁 役
  • 織田同志会 織田征仁(2020年) - 主演・織田征仁 役

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

ゲーム[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 海の道が結ぶ自然遺産〜屋久島・奄美大島奇跡の島々へ〜(2013年、テレビ朝日)

ラジオ[編集]

WEBドラマ[編集]

ナレーション[編集]

  • バンクに賭ける青春〜愛と涙の競輪学校物語(2007年6月30日、日本テレビ)
  • 打鐘!北京五輪への道 駆けろNEWヒーロー(2007年9月8日、日本テレビ)
  • 打鐘!北京五輪への道 燃やせHERO魂(2007年12月4日、日本テレビ)
  • 打鐘!愛と涙の競輪学校〜生き残りを賭けた青春物語(2008年5月10日、日本テレビ)
  • 打鐘!北京五輪への道 飛翔せよHERO魂(2008年8月2日、日本テレビ)
  • 打鐘!北京五輪最終章 メダリストの涙と挫折(2008年12月9日、日本テレビ)
  • 打鐘!1億円は誰の手に ケイリンGP最速王決定戦(2008年12月30日、日本テレビ)
  • 打鐘!奪え賞金1億円 KEIRINグランプリ09(2009年12月30日、日本テレビ)
  • 打鐘!ロンドンへの道(2010年8月8日、日本テレビ)
  • KEIRINグランプリ2010〜賞金1億円は誰の手に(2010年12月30日、日本テレビ)

バラエティ[編集]

CM[編集]

出版物[編集]

著書[編集]

  • ティアラへ めざすはゴッドパパ(2002年10月4日、ホーム社) ISBN 978-4834250602
  • 的場スイーツ 〜本気の113品〜(2009年5月1日、ワニブックス) ISBN 978-4847018367
  • 的場スイーツ2 〜新・本気の115品〜(2010年2月5日、ワニブックス) ISBN 978-4847018923

写真集[編集]

  • 的場浩司写真集「自分」 (1991年、集英社) ISBN 978-4087801446

雑誌連載[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

  1. 宝探しの唄(1990年6月25日) 作詞:的場浩司/補作詞:翔(横浜銀蝿)/作曲:炎達/編曲:炎達・入江純
  2. 俺の唄〜現役だもんで〜(1990年11月5日) 作詞:的場浩司/作曲:炎達/編曲:炎達・入江純
  3. シャコタンの唄(1991年7月5日) 作詞:的場浩司/作曲:高槻真裕/編曲:炎達・入江純
  4. 鎖の楽園(1992年7月22日) 作詞:大津あきら/作曲:佐藤健/編曲:炎達・入江純

アルバム[編集]

  1. 的場の唄 不良少年○怖の章(1990年3月5日)
  2. 的場の唄 不良少年○痛の章(1990年11月21日)
  3. 散月記(1991年3月1日)
  4. 的場の唄 不良少年○渦の章(1991年7月21日)
  5. 炎天下ツアー'91(1991年11月21日)
  6. FIRES BEST CHOICE よりすぐり(1992年2月21日)
  7. 残像の夏(1992年9月26日)

映像作品[編集]

いずれも未DVD化

ミュージックビデオ[編集]

  1. 的場の絵 不良少年○怖の章(1990年4月21日)

ライブビデオ[編集]

  1. 的場の絵 炎天下ツアー'90(1990年9月21日)
  2. 的場の絵 炎天下ツアー'91(1991年10月21日)

脚注[編集]

  1. ^ デビュー前の経歴を「暴走族」だったとする資料が存在するが、実際にはそのような事実はない。「暴走族メンバー」というのはデビューのきっかけとなった「元気が出るテレビ」の企画に出演する際のキャラクター設定(番組上の演出)である
  2. ^ 的場浩司×セブン-イレブン 新しいスタイルでこだわりのコラボコンビニスイーツ 待望の第2弾![リンク切れ] 日テレ7 2010/2/3〜
  3. ^ 「任侠もの」が定額ネット配信で人気の理由 本宮泰風と山口祥行が主演の作品がヒット”. 東京経済オンライン (2018年8月4日). 2020年1月14日閲覧。
  4. ^ ネオ四天王・的場浩司が語るVシネマ復権への展望”. ORICON NEWS (2018年4月28日). 2020年1月14日閲覧。
  5. ^ 「どうだい?くだらないだろ?」くまだまさし宴会芸セット発売”. お笑いナタリー (2009年12月11日). 2016年3月26日閲覧。
  6. ^ 自業自得”. 的場浩司official blog (2016年2月17日). 2016年3月26日閲覧。
  7. ^ “スイーツ通”的場浩司が満を持してプリンとシューをプロデュース”. livedoorNEWS (2009年11月10日). 2016年3月26日閲覧。
  8. ^ ポマード”. 的場浩司official blog (2013年6月3日). 2016年3月26日閲覧。
  9. ^ ハロウィン”. 的場浩司official blog (2010年10月26日). 2016年3月26日閲覧。
  10. ^ “「キッパリ!!」20話を残して打ち切り”. スポニチ Sponichi Annex. (2008年10月6日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/10/06/kiji/K20081006Z00001460.html 2016年12月1日閲覧。 
  11. ^ 東山紀之主演時代劇『信長燃ゆ』に中島裕翔&神山智洋が出演”. ORICON STYLE (2015年12月5日). 2015年12月7日閲覧。
  12. ^ “天 天和通りの快男児 赤木しげるの最期を実写化 続編の特別ドラマ「天 赤木しげる葬式編」放送決定”. 毎日新聞. (2019年9月26日). https://mainichi.jp/articles/20190926/dyo/00m/200/022000c 2019年9月26日閲覧。 
  13. ^ 笹野高史「陽光桜」で単独初主演、桜の開発に人生をかけた男演じる”. 映画ナタリー (2015年10月19日). 2015年10月20日閲覧。
  14. ^ YOKOHAMA BLACK”. all-in-ent.com. 2018年12月7日閲覧。
  15. ^ YOKOHAMA BLACK 2”. all-in-ent.com. 2018年12月7日閲覧。
  16. ^ YOKOHAMA BLACK3”. all-in-ent.com. 2018年12月7日閲覧。
  17. ^ YOKOHAMA BLACK4”. all-in-ent.com. 2018年12月7日閲覧。
  18. ^ YOKOHAMA BLACK5”. all-in-ent.com. 2018年12月7日閲覧。
  19. ^ YOKOHAMA BLACK6”. all-in-ent.com. 2018年12月7日閲覧。
  20. ^ “高畑淳子が儚く強く舞う、温泉芸者の人情喜劇「雪まろげ」が開幕”. ステージナタリー. (2016年9月25日). http://natalie.mu/stage/news/203038 2016年9月25日閲覧。