皆川亮二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
皆川 亮二
生誕 (1964-07-05) 1964年7月5日(54歳)
日本の旗 東京都墨田区[1]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1988年 -
ジャンル 少年漫画
青年漫画
代表作スプリガン
ARMS
受賞
テンプレートを表示

皆川 亮二(みながわ りょうじ、1964年7月5日 - )は、日本漫画家東京都墨田区出身[1]

概要[編集]

高校時代に、同級生だった神崎将臣に誘われ漫画を描き始める[1]

1988年、「HEAVEN」(小学館週刊少年サンデー』に掲載)が第22回小学館新人コミック大賞少年部門に入選しデビュー。

代表作は、アニメ化もされた『スプリガン』、第44回小学館漫画賞を受賞した『ARMS』など。

デビューから一貫して『週刊少年サンデー』など小学館の雑誌で執筆活動を続けていたが、『D-LIVE!!』連載終了後は小学館以外にも、集英社講談社スクウェア・エニックスなどの他の出版社で執筆したり、ゲームのキャラクターデザインなどを手がけたりしている。

作品リスト[編集]

長編[編集]

  • スプリガン』(原作:たかしげ宙、『週刊少年サンデー』 1989年10号 - 51号→『週刊少年サンデー増刊』 1992年8月号 - 1996年2月号、全11巻、保存版・文庫版全8巻)
  • KYŌ』(原作:たかしげ宙、『小学五年生』 1995年3月号[2]、『小学六年生』 1995年4月号 - 1996年3月号、全1巻)
  • ARMS』(原案協力:七月鏡一、『週刊少年サンデー』 1997年16号 - 2002年20号、全22巻、ワイド版全12巻)
  • D-LIVE!!』(脚本/原案/協力:横溝邦彦・氷室勲・横田直幸・七月鏡一・高野真吾・たかしげ宙・森竹ひろこ・木村恵之・東上克、『週刊少年サンデー』 2002年44号 - 2006年18号、全15巻、ワイド版全8巻)
  • PEACE MAKER』(『ウルトラジャンプ』 2007年7月号 - 2016年6月号、全17巻)
  • ADAMAS』(脚本:岡エリ、『イブニング』 2007年8号 - 2014年18号、不定期連載、全11巻)
  • 海王ダンテ』(原作:泉福朗、『ゲッサン』 2016年1月号 - 、既刊5巻)

短編[編集]

  • 「HEAVEN」『週刊少年サンデー』1988年28号 pp.331-368 - デビュー読切、第22回小学館新人コミック大賞少年部門入選作。交通事故で亡くなり天国で目覚めたバンドマンの青年が、神様と一人の少女に出会う。
  • 「転送者 THE INTRUDER」『サンデー超』1996年1月号-2月号 - 気弱ないじめられっ子の少年に「転送者」を名乗る男の精神が乗り移る。
  • 「S.O.L -strong old lady-」『ビッグコミックスピリッツ』2007年No.1 - No.2 - 何者かに追われる青年を謎のおばちゃんが救出する。
  • 「the Killing Pawn」『週刊少年マガジン』2014年36・37合併号 pp.213-232 - 原作=諫山創。異色の将棋バトル漫画。
  • 「PERFECT SOLDIER」『月刊アフタヌーン』2015年5月号 - 岩明均寄生獣』トリビュート企画の1本で、「寄生生物」の軍事利用を描いた話。アンソロジー単行本『ネオ寄生獣』(ISBN 978-4-06-388156-1)に収録。
  • 「奪還 -Zurückeroberung-」『月刊ビッグガンガン』 2016 Vol.02(2/23号) - 1945年(WWII直後)のドイツで重戦車ティーガーIを題材にしたサイレント漫画。

ゲーム[編集]

その他[編集]

アシスタント経験者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『漫画家人名事典』 日外アソシエーツ、2003年、p.362、ISBN 978-4816917608
  2. ^ 単行本では掲載誌が『小学六年生』1995年4月号 - 1996年3月号とされているが誤りであり、実際は『小学五年生』1995年3月号から連載が始まっている。
  3. ^ 並木洋美 (2011年3月14日). “傷ついちゃった | なみつとつれづれ”. 2016年10月26日閲覧。