皇室典範に関する有識者会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

皇室典範に関する有識者会議(こうしつてんぱんにかんするゆうしきしゃかいぎ)は、第87・88・89代内閣総理大臣小泉純一郎私的諮問機関

概説[編集]

男性皇族が40年誕生していないため、若い男性皇族が不足し、皇位継承に支障を来たす恐れがあることから2004年(平成16年)12月27日に設置され、皇位継承やそれに関連する制度について2005年(平成17年)1月より17回の会合を開き、同年11月24日には皇位継承について女性天皇女系天皇の容認、長子優先を柱とした報告書を提出した。

同年5月31日に行われた第6回会合では、大原康男國學院大學教授)、高橋紘静岡福祉大学教授)、八木秀次高崎経済大学教授)、横田耕一流通経済大学教授)の4人から、また同年6月8日に開かれた第7回会合では、鈴木正幸(神戸大学副学長)、高森明勅拓殖大学客員教授)、所功京都産業大学教授)、山折哲雄国際日本文化研究センター名誉教授)の4人からそれぞれヒアリングを行った。

報告書の主な内容[編集]

皇室典範に関する有識者会議のメンバー[編集]

報告書に対する反応[編集]

  • 朝日新聞』は社説において、「『女性天皇、女系天皇の容認』と『第1子優先の継承』という結論は妥当だと思う。支持したい」と評価し、「天皇制には長い歴史があり、国民の間にもさまざまな意見がある。廃止を望む人もいるが、日本国憲法の下で象徴天皇制は社会に定着し、国民の大半が支持してきた。この象徴天皇制を維持するために皇位継承のあり方を見直すことは重要な問題である」と述べた[1]
  • 読売新聞』は社説において、「皇室制度の存続が危ぶまれる事態を回避しなければならない。将来にわたって安定的に皇位を継承していくための最善の方策として打ち出されたのが、今回の結論である」と評価した[2]
  • 毎日新聞』は社説において、「女性天皇を認めれば、女子の皇族は多いので天皇制も安定し、継承問題の悩みも解消する。有識者会議としては時代を反映させた自然な結論と言ってもいい」と評価した[3]
  • 産経新聞』は社説「主張」において、「日本の天皇は125代にわたり一貫して男系(父親の系統)という唯一の原則によって継承され、このことにより天皇は特別の存在として、畏敬されてきた」と述べ、報告書については「この長い間受け継がれてきた原則を一気に変えてしまうことになる。将来、天皇に対する国民の敬愛の念が薄れ、日本という国家のありようを危うくすることになりはしないかと危惧する」と懸念を表明した[4]
  • 寛仁親王は有識者会議が女性天皇・女系天皇容認の方針を打ち出したことに対し、私的な見解とした上で、皇籍を離脱した元皇族の皇統復帰、元皇族(男系)を女性皇族(内親王)の養子とした上で皇位継承権を与える、断絶した宮家(秩父宮高松宮)を元皇族が継承・再興する、などの方法により、男系継承を守るべきだとの考えを示した[5]

政府・自民党内の動き[編集]

小泉首相は皇室典範改正案の成立に積極的だったが[6][7]、与党自民党では“ポスト小泉”の総裁候補がいずれも改正に慎重な態度を示した。当時内閣官房長官だった安倍晋三は、有識者会議が「男系維持の方策に関してはほとんど検討もせず、当事者である皇族のご意見にも耳を貸さずに拙速に議論を進めたこと」を批判し[8]フジテレビの番組では「ずっと男系で来た伝統をすぐ変えるかどうか、慎重になるのは当然ではないか」と発言した[9]麻生太郎谷垣禎一らも改正に慎重な姿勢を示した[10]

2006年(平成18年)9月6日秋篠宮文仁親王同妃紀子に長男たる若宮悠仁親王が誕生したことにより、皇位継承者が近い将来に不在となる可能性は遠のいた。小泉首相は2006年(平成18年)2月10日、紀子の懐妊の報により与党内で慎重論が強まったことを受けて、皇室典範改正法案の提出を先送りすることを発表し[7][11]、悠仁親王誕生当日の9月6日には2007年の通常国会でも法案の提出を行わない意向を示した[12]

小泉の後任となった安倍は首相就任後の2006年(平成18年)10月3日参議院本会議において「慎重に冷静に、国民の賛同が得られるように議論を重ねる必要がある」と発言し、有識者会議が初会合から短期間で女系継承容認の報告書をまとめたことを批判した[8]。翌2007年(平成19年)1月には、「悠仁親王の誕生により(有識者会議の)報告書の前提条件が変わった」として、有識者会議の報告書を白紙に戻す方針を示し、男系による皇位継承維持の方策について政府内で議論を開始するとした[9]

なお、小泉純一郎自身も、総理退任後の2016年9月7日、日本外国特派員協会で会見し、「男の子が生まれているときに、この議論はしない方がいい。男の子として継ぐ方がおられる限りは、そういう女性の天皇を考える必要はない状況になった」として、女性天皇や女系天皇に関する議論はすべきではないと表明した。[13][14][15]

現状[編集]

2010年(平成22年)現在、皇室典範改正に関する議論は進展していないが、皇室において若年の男子皇族が不足している状況は続いている[11]。現行の皇室典範のまま、今後皇室に皇族男子が誕生しない場合、最年少である悠仁親王が天皇に即位する時期には、皇族の薨去や、女子皇族の結婚による皇籍離脱などにより、「皇室に皇族が悠仁親王一人しかいない状態」となっている可能性がある[16]

かつて第125代天皇(上皇明仁)や第126代天皇(徳仁)が皇太子時代にの配偶者選考が困難をきわめたように、現代のほとんどの日本人女性は、あえて皇室というきわめて特殊な環境に身を置き皇太子妃または皇后という非常に責任の重い身分につくことを強く忌避しており[17]、悠仁親王が結婚することができるかどうかが大きな問題である[18]。また、皇籍にとどまる皇族女子、特に女性皇太子が配偶者を得ることができるのかという問題点もある(近代以降、一般男性が入婿で皇族になった例はない)。現行の皇室典範のもとで悠仁親王が幼少のうちに薨去した場合、次世代の皇位継承者を誰にするかの方針はまったく存在していないとの指摘もなされている[19]

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』 2005年11月25日
  2. ^ 『読売新聞』 2005年11月25日
  3. ^ 『毎日新聞』 2005年11月22日
  4. ^ 『産経新聞』 2005年11月23日
  5. ^ 三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー”. YOMIURI ONLINE. 読売新聞社 (2005年11月3日). 2005年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月21日閲覧。
  6. ^ “首相が今国会成立を明言 皇室典範有識者会議に”. 共同通信社. 47NEWS. (2006年1月26日). http://www.47news.jp/CN/200601/CN2006012601003443.html 2012年9月24日閲覧。 
  7. ^ a b “小泉首相、皇室典範改正案の今国会断念”. 日刊スポーツ. (2006年2月11日). http://www.nikkansports.com/ns/general/p-so-tp0-060211-0003.html 2010年2月2日閲覧。 
  8. ^ a b “「女系天皇」白紙へ 首相、有識者会議に疑念”. 産経新聞. (2007年1月3日) 
  9. ^ a b “安倍首相、女系天皇容認白紙へ 皇室典範改正を視野に議論開始”. 産経新聞. (2007年1月3日) 
  10. ^ 2006年2月3日 読売新聞「今国会での皇室典範改正 麻生、谷垣氏ら慎重意見」
  11. ^ a b “【天皇陛下ご即位20年】(下)皇室守るは時の為政者 (2/3ページ)”. 産経新聞. (2009年1月6日). http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/090106/imp0901062128001-n2.htm 2010年1月18日閲覧。 
  12. ^ “皇室典範改正案提出、次期通常国会も見送り”. 読売新聞. (2006年9月6日). http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe6800/news/20060906i107.htm 2010年2月2日閲覧。 
  13. ^ 小泉氏、女性天皇「議論しない方がいい」 福島原発地下水制御は「ウソです」 J-CASTニュース 2016年9月7日
  14. ^ 小泉氏、女性天皇「議論しない方がいい」 福島原発地下水制御は「ウソです」YouTube動画 J-CASTニュース提供 2016年9月7日
  15. ^ 小泉元首相、安倍首相の発言を非難 福島第1原発の汚染水コントロールは「うそ」 夕刊フジ 2016年9月7日
  16. ^ 小林よしのりゴーマニズム宣言スペシャル『天皇論』追撃篇 『皇室典範改正は急がなければならない!』」『SAPIO』第21巻第20号、小学館、2009年11月25日、 62-63頁。
  17. ^ 1990年ミス東京が、二次審査の口頭試問“皇族から見初められたらどうするか”に「身分が違い過ぎるのでお断りする」と回答したという。中奥宏「皇室報道と『敬語』」(三一新書)第2章「お妃選びと報道協定」より。
  18. ^ 河原敏明『美智子妃』講談社、1987年。
    ベン・ヒルズ著、藤田真利子訳『プリンセス・マサコ』 第三書館、2007年。
    小田部雄次『皇族に嫁いだ女性たち』角川書店、2009年。
  19. ^ “Japan baby could end royal reform” (英語). BBC. (2006年2月10日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/4693950.stm 2010年2月1日閲覧。 

関連項目[編集]