皇帝フランツ・ヨーゼフ1世救命祝賀行進曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

皇帝フランツ・ヨーゼフ1世救命祝賀行進曲』(こうていフランツ・ヨーゼフいっせいきゅうめいしゅくがこうしんきょく、ドイツ語: Kaiser Franz Joseph I, Rettungs-Jubel-Marsch作品126は、ヨハン・シュトラウス2世が作曲した行進曲[1][2]

邦題[編集]

  • 『皇帝フランツ・ヨーゼフ危機脱出記念行進曲』
  • 『皇帝フランツ・ヨーゼフ解放祝典行進曲』
  • 『皇帝フランツ・ヨーゼフ1世万歳!』

などの邦題が用いられることもある。

解説[編集]

1853年フランツ・ヨーゼフ1世襲撃事件ドイツ語版(2月18日)の様子
『皇帝フランツ・ヨーゼフ1世救命祝賀行進曲』(2:40~6:00)

1853年2月18日、若きオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世は副官マクシミリアン・カール・オドネルドイツ語版伯爵一人のみを引き連れてブルク稜堡を散歩していた[3]。その時、2週間前から暗殺の機会をうかがっていた愛国的なハンガリー人の仕立物師ヤーノシュ・リーベニドイツ語版に襲撃され、フランツ・ヨーゼフ1世は後頭部の骨を損傷する重傷を負った[4]。4年前に過酷なハンガリー弾圧があったことで、一部の急進的なハンガリー人は皇帝に怨みを抱いていたのである。

皇帝暗殺未遂事件が起こったことを知ったヨハン・シュトラウス2世は、皇帝の命が救われたことを祝って作品を献呈しようと考えた。シュトラウスはかつての1848年革命英語版の際に革命側に与したことによって、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世ら宮廷側から疎まれる存在になってしまっていた。そのため、シュトラウスは何とかしてフランツ・ヨーゼフ1世の勘気を解こうと、『皇帝フランツ・ヨーゼフ行進曲』や『戦勝行進曲』などいくつもの体制賛美の曲を作った[5]。この『皇帝フランツ・ヨーゼフ1世救命祝賀行進曲』も、そうした皇帝に献呈された曲のひとつである。

最後の部分には、皇帝への忠誠を示すためにハイドン作曲のオーストリア帝国国歌『神よ、皇帝フランツを守り給え』のメロディーが採り入れられている[6]

ニューイヤーコンサート[編集]

ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートへの登場は以下の通りである。

出典[編集]

  1. ^ 小宮(2000) p.77
  2. ^ 加藤(2003) p.109
  3. ^ 平田(1996) p.52
  4. ^ 江村(1994) p.53
  5. ^ 小宮(2000) p.67
  6. ^ 加藤(2003) p.110

参考文献[編集]

  • 江村洋フランツ・ヨーゼフハプスブルク「最後」の皇帝』東京書籍、1994(平成6)年9月20日。ISBN 4-487-79143-X。
  • 平田達治『輪舞の都ウィーン人文書院、1996(平成8)年5月25日。ISBN 4-409-51040-1。
  • 小宮正安ヨハン・シュトラウス:ワルツ王と落日のウィーン』中央公論新社中公新書〉、2000年12月10日。ISBN 4-12-101567-3。
  • 加藤雅彦ウィンナ・ワルツハプスブルク帝国の遺産』日本放送出版協会NHKブックス〉、2003年12月20日。ISBN 4-14-001985-9。