皇甫惟明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

皇甫 惟明(こうほ いめい、? - 天宝6載(747年))は、玄宗朝の武将。吐蕃との戦いで功績を上げたが、政争に敗れ自殺を命じられた

経歴[編集]

正史に伝は無い。開元18年(730年)、皇甫惟明が忠王李亨(後の太子・粛宗)の王友[1]であった時、吐蕃が和平を求めてきた。和平を結ぶことを上奏し、戦争を望む玄宗を説き伏せて意見が採用される。吐蕃への使者となり、吐蕃にいた金城公主に書を渡した上で、吐蕃の賛普ティデ・ツグツェンに会見し和平を結ぶのに成功した。また、吐蕃の使者とともに長安に帰還し入貢させている[2]

天宝元年(742年)、隴右節度使として吐蕃を度々破る。天宝2年(743年)、西平郡に軍を出し、洪済城で吐蕃を攻め破っている。天宝4載(745年)、吐蕃の石堡城を攻めて敗北し、副将が戦死する[3]

天宝5載(746年)、吐蕃との勝利の報のために長安に戻り、河西節度使を兼ねることとなった。李林甫の専横を知り、玄宗との謁見の際に李林甫を除くことを勧め、太子妃の兄の韋堅を褒め称る。皇甫惟明が李林甫と対立する太子李亨の部下であったこともあり、李林甫の意を受けた楊慎矜に監視されることとなった。

韋堅と会見したことを楊慎矜に暴かれる。李林甫が「韋堅と皇甫惟明が太子を立てて、謀反を起こそうとした」と上奏したため、皇甫惟明は獄に下された。この詮議は李林甫の腹心である王鉷吉温が行った。玄宗は、皇甫惟明を君臣を離間した罪で播川郡太守に左遷させる。

李林甫の政敵排除の動きはさらに激しくなった。

天宝6載(747年)正月辛巳、李林甫の上奏により、左遷地で死を賜ることとなり、使者に殺された。彼の後任には王忠嗣が任じられた。

井上靖の小説「楊貴妃伝」では、楊貴妃が(恋愛ではなく、政治的意味で)好意を示す将軍として登場している。それを舞台化した宝塚歌劇団星組の『花舞う長安』でも楊貴妃に好意を寄せる男性の一人としての役割を与えられて、登場する。

脚注[編集]

  1. ^ 諸王友は、従五品上。王に侍して、規諷を司る。
  2. ^ これからしばらくの動きは不明であるが、王忠嗣の上役筋にあたったことがある。
  3. ^ 戦死した副将の名は史書によって異なっている。

伝記資料[編集]

登場する小説[編集]