益子正重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
益子正重
時代 鎌倉時代初期
生誕 不明
死没 不明
主君 宇都宮宗円
氏族 益子氏
父母 祖父:益子正隆

益子 正重(ましこ まさしげ)は、鎌倉時代初期の武将宇都宮宗円の郎党。益子氏3代当主。

略歴[編集]

益子氏の本姓紀氏紀長谷雄の流れを汲む。紀貞隆の次男・益子正隆を祖とする。

益子正隆の嫡孫として誕生。

下野国芳賀郡益子邑を領し西明寺城を本拠とした。源頼朝奥州藤原氏討伐の兵を起こした際、正重は宇都宮氏の郎党として従軍し戦功を上げ、同じく郎党の芳賀氏と共に、頼朝から源氏の旗である白旗一流を下賜された。