益田宗兼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
益田宗兼
Munekane Masuda.jpg
益田宗兼
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 天文13年1月10日[1][2]1544年2月12日
別名 熊童丸[2]、孫次郎[1][2]
戒名 医光寺殿全久宗兼[1]
墓所 石見国医光寺
官位 治部少輔[1][2]越中守[1][2]
幕府 室町幕府
主君 大内義興
氏族 益田氏
父母 父:益田貞兼[1]、母:吉見三河守の娘[2]
兄弟 宗兼、徳祐[2]、宇野興兼[2]、兼勝[2]
陶氏の娘[2][注釈 1]
尹兼[1]、兼任[2]、兼久、周久[2]、徳陽[2]、娘(内藤隆時室)[2]、男子[2]

益田 宗兼(ますだ むねかね)は石見国人益田氏第17代当主。

文明15年(1483年)に家督を譲られ、父と祖父から知行を譲り受けた。石見西部の領土を巡って吉見氏や三隅興兼と争う一方、大内義興に従って明応6年(1497年)の少弐政資討伐に従軍、永正5年(1508年)、義興が足利義稙を擁立して上洛すると嫡男の尹兼と共に上洛、在京して外様の有力国人となった。船岡山合戦にも参加、戦功を挙げた。永正15年(1518年)の義興の帰国に伴い石見へ帰還、崇観寺塔頭医光寺を建立した。

天文13年(1544年)に死去。孫の藤兼が家督を継いだ。尹兼は家督を継がなかったとされている。

雪舟と交流があり、文明15年の家督相続で雪舟から『花鳥図屏風』を寄贈された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 法名は楳林智治。宗兼と同じ医光寺に葬られる。[2]
  1. ^ a b c d e f g 今井尭ほか編 1984, p. 346.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 田村哲夫編修 1980, p. 99.

参考文献[編集]

  • 今井尭ほか編『日本史総覧』3(中世 2)、児玉幸多小西四郎竹内理三監修、新人物往来社、1984年3月。全国書誌番号:84023599ISBN 4404012403。NCID BN00172373OCLC 11260668ASIN B000J78OVQ
  • 『益田市誌 上巻』益田市編纂委員会編、益田市編纂委員会事務局、1975年。
  • 『島根県歴史人物事典』山陰中央新報社島根県歴史人物事典刊行委員会編、山陰中央新報社、1997年。
  • 『近世防長諸家系図綜覧』防長新聞社山口支社編、三坂圭治監修、防長新聞社、1966年3月。全国書誌番号:73004060NCID BN07835639OCLC 703821998Closed Access logo alternative.svg国立国会図書館デジタルコレクション