益田市匹見過疎バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

益田市匹見過疎バス(ますだしひきみかそバス)は、島根県益田市匹見地域にて運行している廃止代替バスである。

なお、同じく益田市匹見地域にて運行している、益田市匹見福祉バス(ますだしひきみふくしバス)についても後で述べる。

概要[編集]

  • 元々合併前の匹見町匹見町過疎バス(ひきみちょうかそバス)として運行していたものを、合併後の益田市が引き継いだものである。
  • 事前予約制を採っており、利用者は利用する日の前日(前日が運休日の場合は直前の運行日)までに利用を申し出る必要がある。予約のない区間は運休。
  • 運賃は10円単位の区間制で、12歳未満の小人は半額(10円未満の端数は四捨五入)、保護者同伴の4歳未満の幼児は1人まで無料。
    • 回数券(11枚綴りで10回分の料金)もある。
  • 日曜・祝祭日及び12月30日~1月4日の間は運休。
  • 運行形態は、道路運送法の規定に基づく自家用自動車(白ナンバー車)による有償運送(いわゆる80条バス)である。

沿革[編集]

匹見町過疎バス当時のバス停
  • 1971年12月1日 - 匹見上 - 道川間にて匹見町過疎バス運転開始(石見交通廃止代替)。1日1往復、町が管理者で運転は地区住民に委託。[1]
  • 1975年8月 - 石見交通匹見上 - 三葛間廃止に伴い、匹見上 - 三葛間に過疎バス運転開始。1日1往復(12月に2往復に増便)。[1]
  • 1986年4月 - スクールバス一般利用による匹見上 - 石谷間過疎バス運転開始(1985年11月15日廃止の石見交通石谷線の代替)。1日2往復。[1]
  • 1986年11月 - 矢尾口まで過疎バス運行開始。[1]
  • 1993年4月 - 矢尾上まで延長。[1]
  • 2001年10月 - 過疎バス小原線(匹見峡温泉 - 七村口)運行開始。[1]
  • 2004年11月1日 - 匹見町の益田市への合併に伴い、益田市匹見過疎バスとなる。
  • 2007年5月1日 - 事前予約制導入。過疎対策事業債により13人乗りの車両を導入。[2]
匹見町過疎バスの車両(1999年当時)


路線[編集]

以下5路線がある。 ※()内は不経由便あり

道川線(27km)
  • 匹見峡温泉 - 総合支所前 - 保健センター前 - 下道川 - 出合原( - 臼木谷 - 出合原)( - 日の里 - 美都温泉)
三葛線(15km)
  • 匹見峡温泉 - 保健センター前 - 総合支所前 - 紙祖元組 - 三葛
石谷線(30km)
  • 匹見峡温泉 - 総合支所前 - 保健センター前 - 落合 - 能登口( - 能登集会所) - 大津 - 谷口 - 中村
矢尾線(8km)
  • 匹見峡温泉 - 総合支所前 - 保健センター前 - 落合 - 矢尾上
小原線(6km)
  • 匹見峡温泉 - 保健センター前 - 総合支所前 - 紙祖元組 - 七村口

益田市匹見福祉バス[編集]

  • 元々合併前の匹見町が、道川診療所への交通手段の確保のため匹見町福祉バス(ひきみちょうふくしバス)として運行していたものを、合併後の益田市が引き継いだものである。
  • 事前予約制を採っており、利用者は利用する日の前日(前日が運休日の場合は直前の平日)までに利用を申し出る必要がある。
  • 運賃は区間により100円または200円で、小人などの扱いは過疎バス(上記)と同じ。
  • 運行日は火曜・木曜のみで、祝祭日または12月29日~1月3日の場合は運休。
  • 車両は、匹見地域内のスクールバス用車両を活用している。

沿革[編集]

  • 2000年4月 - 匹見町福祉バス運行開始。道川診療所 - 下道川下組・臼木谷猪畑・日の里の3路線、週2回(道川診療所の診療日に合わせる)、1日2往復。[1]
    • 道川小学校のスクールバスの空き時間を利用。運賃は匹見町過疎バスと同じ。
  • 2004年7月 - 運行を(有)中国自動車整備センターに委託。[1]
  • 2004年11月1日 - 匹見町の益田市への合併に伴い、益田市匹見福祉バスとなる。
  • 2007年5月1日 - 事前予約制導入。

路線[編集]

以下3路線がある。

下道川線(5.5km)
  • 道川診療所 - 下道川 - 下道川下組
臼木谷線(5.8km)
  • 道川診療所 - 臼木谷
日の里線(3.7km)
  • 道川診療所 - 日の里

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『匹見町誌 現代編』(益田市)
  2. ^ 新たな過疎法の制定に向けた 過疎対策事業債活用事例集 ― その意義と役割 ― 3 交通施設 5 益田市デマンド型バス整備(島根県公式HP)