益田房清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

益田 房清(ますだ ふさきよ、寛政3年11月10日1791年12月5日) - 文政9年1月12日1826年2月18日)は、益田家第31代当主。長州藩永代家老・須佐領主益田家12代。

父は吉敷毛利就兼。養父は益田就恭。許婚に就恭養女(益田就祥の娘)。正室は佐世親長(就恭実弟)の娘。継室は右田毛利就任の娘。子は益田元宣室孝子。養子に益田元宣

初名は毛利兼清(もうり かねきよ)、益田兼清、のち藩主毛利斉房より偏諱を授与されて房清に改名した。通称は吉十郎、丹後。

生涯[編集]

寛政3年(1791年)、吉敷毛利就兼の子として生まれる。寛政12年(1800年)、就恭の養子となり家督を相続する。実父の就兼は右田毛利広定の子で、養父の就恭の母が広定の養女という縁での養子入りであった。まだ幼いため、家老が政務を代行した。就恭の養女(実妹)と婚約するも結婚前に早世したため、就恭の実弟佐世親長の娘を正室に迎え、娘の孝子を儲ける。文化12年(1815年)、大頭(物頭を統括する役職)となり、毛利斉房、斉熙斉元の3代の藩主に仕える。文政2年(1819年)、国元加判役(国元留守居家老)となる。文化文政の頃、儒学者小国玉淵を用いて、領内の郷学育英館の子弟教育に当らせた。文政9年(1826年)1月12日卒。享年36。家督は右田毛利就任の子・元宣が娘・孝子の婿養子となり相続した。

参考文献[編集]

  • 「萩藩諸家系譜」
  • 「山口県教育史」