益田親愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
益田親愛
生誕 1768年明和5年)
死没 不明
改名 兼充[1]→親賢[1]→親愛[1]
別名 幼名:清之助[1]
長州藩
氏族 益田氏(問田益田家)
父母 父:益田就白[1]、母:家女房[1]
毛利就貞の娘[1]
元固毛利房謙室、毛利房顕室、毛利房嘉

益田 親愛(ますだ もとちか、明和5年(1768年) - ?)は、江戸時代中期の長州藩重臣。寄組問田益田家(4096石)の6代当主。

生涯[編集]

明和5年(1768年)に長州藩重臣益田就白の嫡男として生まれる。長州藩第8代藩主の毛利治親より偏諱を受けて親賢、のちに親愛と名乗る[1]。また初名に兼充が伝わる[1]通称は清之助[1]

天明3年4月15日1783年5月15日)、『新陰柳生家当流秘伝書』を問田益田家の家老である益田市郎右衛門に伝授した[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 田村哲夫編修 1980, p. 133.
  2. ^ 『益田高友家文書』より

参考文献[編集]

  • 『近世防長諸家系図綜覧』 防長新聞社山口支社編、三坂圭治監修、防長新聞社、1966年3月。全国書誌番号:73004060NCID BN07835639OCLC 703821998Closed Access logo alternative.svg国立国会図書館デジタルコレクション
  • 『益田高友家文書』 (山口文書館)