星川正甫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

星川 正甫(ほしかわ せいほ、文化2年3月7日1805年4月6日) - 明治13年(1880年7月16日)は、日本の武士(盛岡藩士)、岩手県公吏である。

経歴[編集]

盛岡藩士鴨沢恒褒の次男として生まれ、文政5年(1822年)、同藩士星川吉律の養子となり星川姓となる。

文政6年(1823年)藩主南部利用の御使者番給仕となり、次いで、南部利済の時、盛岡本御蔵奉行、大槌御山奉行、金山吟味役、田名部御山奉行、御勘定奉行、上田通御代官など盛岡藩内の役職を歴任した。

文久元年(1861年)9月、盛岡藩士の諸家系図『参考諸家系図』八十八巻の編輯を終えて藩主に奉った。

明治以後は岩手県庁地理編輯掛、国史編輯兼務となり、『岩手県管轄地誌』の編纂にあたったが、明治13年(1880年)7月、病気により退職、同月16日に75歳の生涯を終えている。

著作[編集]

  • 『参考諸家系図』 八十八巻
    • 書名:南部藩参考諸家系図〈5冊〉 著作者等:前沢隆重/加藤章/樋口政則/山本實 編 出版元:国書刊行会 刊行年月:1984/12-1985/9
  • 『盛岡砂子』 全六冊
    • 書名:『南部叢書』〈第1-10冊,索引〉第1冊に収録 著作者等:南部叢書刊行会編 出版元:歴史図書社 刊行年月:1970/10-1971/7
  • 『公国史』 三十七巻
    • 盛岡市中央公民館所蔵。『大日本史』に項目立を倣った南部家の歴史書。
  • 『公国譚』 一巻
  • 『来翰記』 一巻
  • 『私要年代記掃溜草子』
  • 『諸書抜萃』 三冊

参考諸家系図[編集]

参考諸家系図 (さんこうしょけけいず)は、南部藩(八戸藩を含む)南部氏一門282系、家臣諸家2491系に及ぶ系譜総覧。

盛岡砂子[編集]

盛岡砂子 (もりおか すなご)は、『江戸砂子』(江戸の郷土史)を参考にして、盛岡を中心にその近郊を網羅した盛岡城下の代表的地誌。天保4年(1833年)の初稿『盛岡砂子温古名跡誌』以来、加除修正が加えられ、明治7年(1874年)5月 『増補盛岡砂子』として変遷を補い稿を終了した。

自筆原本は岩手県立図書館に所蔵されている。[1]

参考資料[編集]

  • 『南部藩 参考諸家系図』 国書刊行会。
  • 「角川日本姓氏歴史人物大辞典」編纂委員会 『角川日本姓氏歴史人物大辞典 第3巻 「岩手県姓氏歴史人物大辞典」』 角川書店、1998年5月18日ISBN 4-04-002030-8。
  • 岩手放送 『新版 岩手百科事典』 株式会社アイビーシー岩手放送、1988年10月15日

脚注[編集]