盛岡秋田道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国道46号標識

盛岡秋田道路(もりおかあきたどうろ)は、岩手県盛岡市を起点に秋田県秋田市大仙市協和より国道13号と重なる)に至る、延長約80キロメートル (km) の地域高規格道路国道46号)の路線名である。

1998年6月16日計画路線に指定。このうち秋田県仙北市田沢湖小松羽根ヶ台から同県同市角館町小勝田までの延長6.1 kmが角館バイパスとして事業化されており、起点側2.6 kmが2007年8月4日に暫定2車線で開通した。


インターチェンジなど[編集]

計画区間

計画区間

関連項目[編集]